Redmineを運用するためのイロハを身につけよう

第3回 運用管理者向けの機能紹介とTips

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

前回は新機能の詳細と使い方について紹介しました。

Redmineはシステムのインストール後,利用者が使い方の流れさえ掴めれば,システム管理者がそれほど多くの設定を行わずとも運用を開始することができますが,多機能であるためシステム全体の運用に関して,多くの設定項目が存在します。

今回は,Redmineを運用する上でシステム管理者が把握しておくべき設定項目(トップメニューの「管理」画面)について,サンプルを交えながら紹介します。

管理画面の紹介

管理者権限のあるユーザでログインし,トップメニューから「管理」を選択すると以下のような画面が表示されます。

図1 管理画面

図1 管理画面

管理画面の項目ひとつずつについて新機能だけでなく,以前の連載で紹介されていない機能についても解説していきます。

プロジェクト

「プロジェクト」を選択すると,登録済みのプロジェクト一覧画面に遷移し,また「新しく作成」をクリックすると新規プロジェクト登録画面へと移ります。 新しいプロジェクトの作成画面では,以前のバージョン(0.5.1)と比較すると,利用する「トラッカー」が選択可能になったり,使用する「モジュール」をより細かく設定できるようになりました。

図2 新プロジェクト作成

図2 新プロジェクト作成

続いて,プロジェクト一覧画面で表示されている「書庫に保存」の機能について紹介します。

図3 プロジェクト一覧

図3 プロジェクト一覧

この機能は,以前のバージョンから実装されています。プロジェクトを削除しデータを全てクリアするのではなく,一時的にプロジェクトを凍結し利用できないようにすることができ,プロジェクトの再開と共に凍結を解除できるため,プロジェクトのデータを何らかの目的で,物理削除ではなく論理削除したい場合などに有効です。

ユーザ

管理画面にて「ユーザ」を選択すると,アカウント登録済みのメンバー一覧画面へ遷移し,また「新しく作成」を選択するとユーザ追加画面へと遷移します。

図4 ユーザ一覧画面

図4 ユーザ一覧画面

この画面でシステム管理者は,ユーザの簡易プロフィールおよび最終ログイン情報などを知ることができます。

また,アカウント名のリンクをクリックすることで,氏名やパスワードといったユーザ情報の変更および,所属プロジェクトのロール変更,他のプロジェクトに新しく割り当てることも可能です。

図5 ユーザ情報画面

図5 ユーザ情報画面

ロールと権限

ロールとは,ある権限の組合せに対して名前をつけたもので,具体例としては"管理者"や"開発者","報告者"などが挙げられます。

例えば,"管理者"には基本的に,全ての操作が可能となるように設定しますが,その他のロールは役割に応じて操作が制限されることとなります。

図6 ロール画面

図6 ロール画面

バージョン0.6では,デフォルトのロールに「Non member」「Anonymous」が追加されました。これらは,初期設定では権限が何も追加されていません。そのため,コンテンツエリア下部の「権限レポート」のリンクをクリックし,許可したい権限にチェックをつけることで有効にすることができます。

コンテンツエリア下部に「チェックを全部つける」「チェックを全部はずす」という機能がありますので,必要に応じて利用しながら,ロールに対する権限を設定していきます。

著者プロフィール

安達輝雄(あだちてるお)

TIS株式会社勤務。入社してすぐにRuby on Railsと出会う。現在はJRubyやXenなどOSSを中心に調査・検証をおこなっている。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/interu/


並河祐貴(なみかわゆうき)

TIS株式会社 基盤技術センター所属。オブジェクト指向開発,開発環境・ツール整備に従事した後,近年はRuby on Railsを中心としたオープンソース系ミドルウェアの検証/導入や,Xenなどのサーバ仮想化技術をターゲットに取り組んでいる。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/rx7/

コメント

コメントの記入