Romo×iPhoneで楽しむロボット体験

第2回 Romoを自由に動かしてみよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

前回スマートフォンで動くエデュケーショナルロボット Romo について概要をご説明させていただきました。今回はいよいよ,Romo SDKを使用しての開発について,ご紹介させていただきたいと思います。

Romo SDKで提供されている2つのFramework
  • RMCore
  • RMCharacter

の内,実際のデバイスと接続して開発を行うRMCoreを使用してみます(RomoのキャラクターUIを提供するRMCharacterについては,次回ご紹介させていただきます)⁠

RMCoreを利用したわかりやすい作例の動画があるのでご紹介します。

RomoをスマートウォッチのPebbleでコントロールしていますが,Romoに接続したiPhoneのカメラからの画像を表示している様子が見えます。たとえば,これを音声認識でコントロールできるようにしたり,色々なことが試せそうですね。

デバイスの発売は7月24日になります。公式オンラインストアで予約することができます。

サンプルの実行

さて,まずは気軽にサンプルコードを実行してみたいと思います。SDKはこちらからダウンロードが可能です。詳細は前回の記事をご参考いただけると幸いです。

RMCoreを利用したサンプルコードはHelloRMCoreになります。さっそく実行してiPhoneにインストールしてみると,デバイスにつなげて欲しいとの表示が出ます。

つなげるとこの画面が

つなげるとこの画面が

おお,動きました!

※Romoに充電用のUSBケーブルを接続していると動作しないので注意です。

SDKでできること

RMCore Frameworkでできることは何になるのでしょうか? 以下に簡単にまとめさせていただきました。

  • LEDの制御
  • iPhoneの角度の制御
  • 左右のキャタピラの回転

左右のキャタピラの回転の制御により,Romoを回転させたり,前進,行進などの制御を行うことができます。詳細なAPIのドキュメントはこちらになります。

SDKをプロジェクトに追加

では,実際に SDK をプロジェクトに追加して動かしてみましょう。サンプルファイルをそのまま改変するのが簡単ですが,ここでは新しいプロジェクトファイルにフレームワークを追加してみます。

まずはRMCore.frameworkをFrameworksにドラッグ&ドロップ。続いて,Build PhasesタブでCoreMotion.frameworkとExternalAccessory.frameworkを追加します。

RMCore.frameworkをFrameworksにドラッグ&ドロップ

RMCore.frameworkをFrameworksにドラッグ&ドロップ

続いて,外部アクセサリとの接続を許可する設定をします。作成したプロジェクトのinfo.plistファイルを開き,新しく"Supported external accessory protocols"という項目を追加し,"item 0"の箇所に"com.romotive.romo"と追記します。これでアプリがRomoをExternal Accessoryとして認識することができます。

外部アクセサリとの接続を許可

外部アクセサリとの接続を許可

著者プロフィール

瀬尾浩二郎(せおこうじろう)

セオ商事 エンジニア / クリエイティブディレクター

2001年慶應大学環境情報学部卒業。大手SIerを経て,2005 年に面白法人カヤック入社。Webやモバイルアプリの制作を主に,エンジニア,クリエイティブディレクターとして勤務。2014年4月よりセオ商事として独立。

グッドデザイン賞を始め,国内外の広告祭など受賞経験多数。技術書の執筆や,各種媒体への記事の寄稿なども行っています。

サイト:http://theodoor.jp
ブログ:http://theodoor.hateblo.jp/
Twitter ID:theodoorjp

コメント

コメントの記入