きちんと学びたいテストエンジニアのためのTestLink入門

第6回 テストケースの作成

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

前回は,TestLinkの基本操作のうち,テストプロジェクト開始時に必要な操作について説明しました。続いて今回は,テストケースを作成していきます。

はじめに

図1にあるように実際にテストケースを作成していく,テスト設計・テスト実装という工程を対象とします。また,実際のテストプロセスではその前にテスト分析(仕様分析)という作業が必要となることも多いでしょう。

TestLinkは,あくまで管理のためのツールですので,分析・設計の作業はほかのツールを活用しておこなうことになります。これらの作業を省いて,テストケースの元となる仕様書などの資料(テストベース)から直接TestLinkにテストケースを入力していくことはあまりお勧めできません。あくまでテスト分析・テスト設計の結果をテストケースに落としていく時(テスト実装)の記述先がTestLinkになるということです。

テスト分析・設計の方法は,gihyo.jpのテストエンジニアステーションでも「ソフトウェアテスト基本テクニック」という連載がありますし,最近は「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」「ソフトウェアテスト入門」といった書籍もそろっていますので,それらの文献を参照してみてください。ここでは,これら分析・設計の作業が完了したものとして,TestLink上にテストケースを登録していく作業をご説明していきます。

図1 TestLinkを使った作業の流れの例

図1 TestLinkを使った作業の流れの例

テストケースに関係するTestLinkコンポーネントには以下のものがあります。

基本コンポーネント
  • テスト仕様:テストケースをためておくデータベースのようなものです。テストスイートの集合から構成されます。

  • テストスイート:TestLinkの以前のバージョン(Version1.6.x)でコンポーネントやカテゴリと呼ばれていたものを抽象化した概念になります。テスト対象のコンポーネントごとや,テストの観点ごとなどにテストケースを分類するために使用します。JUnitなど,ほかのテストツールで使われているテストスイートと同じようなものと考えていただいて差し支えないでしょう。

  • テストケース:TestLinkのテストケースは帳票形式のテストケースになっています。1ケースごとにステップ(手順)や期待結果などを記載します。

オプション
  • キーワード:TestLinkではテストケースにキーワードをつけることができます。テストスイートに一括してキーワードをつけることもできます。

  • 要件:要件とテストケースを関連付けることができます。

図2 TestLinkの基本構造

図2 TestLinkの基本構造

TestLinkではこれらのコンポーネントを組み合わせてテスト仕様を完成させていきます。

著者プロフィール

TestLink日本語化部会

ソフトウェアテスト技術者交流会の有志による,テスト管理システムTestLinkを日本語化するプロジェクト。発足以来活発な活動を続けている。

コメント

コメントの記入