きちんと学びたいテストエンジニアのためのTestLink入門

第7回 テスト実行

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回は,TestLinkの基本操作のうち,テストケースの作成に必要な操作について説明しました。続いて今回は,作成したテストケースを実行していきましょう。

はじめに

TestLink上でテストケースが作成できたら,いよいよ実際のテスト実行の作業に入っていきます。

図1 TestLinkを使った作業の流れの例

図1 TestLinkを使った作業の流れの例

作成したテストを実行するためには,以下の作業が必要です。

実行準備作業
  • ビルドを登録:テスト対象となる製品ビルドを登録します。

  • 実行するテストケースを決定:今回のテスト計画で実行するテストケースを決定します。毎回のテスト計画でテスト仕様の中のテストケースを全て実行するのではなく,特定のテストのみを実行するといったことが可能です。

  • 担当者をアサイン:各テストケースをどの担当者が実行するかを決定します。

テスト実行作業
  • テスト対象を操作:テストケースのステップに従って,テスト対象を操作します。

  • テスト結果を登録: テスト対象を操作した結果とテストケースの期待結果を比較し,テストの判定結果を登録します。

それでは、これらの作業の詳細について見ていきましょう。

図2 TestLinkの基本構造

図2 TestLinkの基本構造

著者プロフィール

TestLink日本語化部会

ソフトウェアテスト技術者交流会の有志による,テスト管理システムTestLinkを日本語化するプロジェクト。発足以来活発な活動を続けている。

コメント

コメントの記入