Unity仮面が教える! ラクしてゲームを作るためのAssetStore超活用術

Track.2 クマの交通安全ゲームを作ろう! ~「Car Tutorial」「Mecanim Example Scenes」「iTween」編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

画像

仮面:ダァス!Unity仮面だ!

秋山:アキヤマでーす。今回もよろしくお願いします~

仮面:さて,アキヤマよ。ぶっちゃけどうなんだ?その……評判は……

秋山:あー,この髪型にしてからたまに声かけられるようになりましたね

仮面:お前の評判じゃない!この連載の方だ!

秋山:あー,まあ,ぼちぼちじゃないですか?

仮面:ふー...そうか……ボチボチか……(遠い目)

はい,第二回始まりました「ラクしてゲームを作るためのAssetStore超活用術」です。Unityエバンジェリストの伊藤です。前回は前半でUnityの説明し,後半Playmakerの紹介をしました。Unityの基本的な使い方を知りたい場合はまずはそちらを見てみてくださいね。

今回は趣向を変えて,Assetを活用しつつ実際にゲームを作っていこうかと思います。

無料Assetでゲームを作ろう!

秋山:でですね!これじゃいけないということで,てこ入れしましょう。

仮面:てこ入れ早ッ!

秋山:内容をお金がかからない方法でできませんか?

仮面:無料Assetか……

秋山:そうです!無料なら懐が痛まないで済みますし,とりあえず使ってみようか,って思うんじゃないでしょうか?

仮面:貴様自分がお金を払いたくないからではないか?

秋山:そ,そんなわけないじゃないですかー

仮面:まあいい,わかった今回はいろんな無料Assetを使ってみよう

秋山:お願いしまーす!

Asset Storeには無料のAssetも置いてあります。そしてもちろん商用利用が可能です。その中から今回は「Car Tutorial」「Mecanim Example Scenes」「iTween」を紹介します。 まずは「Car Tutorial」ですね。

Assets/CarTutorial/CompleteSceneシーンをダブルクリックすると,完成レースゲームのシーンが開くことができます。

画像

レースゲームサンプル「Car Tutorial」

仮面:まず,最初に紹介する「Car Tutorial」だが,これはレースゲームのチュートリアルだ。

秋山:グランツーリスモとか,そういうたぐいのゲームですね。

仮面:そこは頭文字Dと言って欲しかったな……。チュートリアルなので,これ一つで完成したゲームになっている。

秋山:へー,ゲーム自体もAsset Store内にあるんですね。

仮面:そうだ。だからこれをダウンロードして,中身がどうなっているかを調べてみれば,勉強になるということだ。

秋山:まあとりあえず,ゲームしてみましょう,ゲーム。

(プレイ中)

仮面:まあ……こんな感じだ。

秋山:あんまり面白くないですね。

仮面:うぉい!ハッキリ言うな!

秋山:レースゲームっていうから競走するものと思っていましたよ。

アニメーションシステムの例「Mecanim Example Scenes」

次に「Mecanim Example Scenes」です。これはUnityのアニメーション機能「Mecanim」を紹介するサンプル集です。

画像

「Mecanim」はその機能だけでもかなり大きい仕組みなので,ここでは「Unityで簡単にアニメーションを作ることを実現する機能」として紹介します。

秋山:これはUnityさんが作ったのですか?

仮面:そうだ。先ほどの「Car Tutorial」もそうだが,Unity Technologies社が提供しているAssetは基本無料だ。

秋山:基本無料というとなんかアレですね。

仮面:アレではない!たまに有料のAssetもあるということだ。

秋山:やっぱりアレじゃないですか。

仮面:アレじゃない!というかアレってなんだー!

フォルダ分けでスッキリ

まずはこの二つのAssetを使って,ゲームを簡単に作ってみましょう。

二つのAssetをAsset Storeから読み込むと,それぞれのフォルダが入り交じってしまいます。そこでまず「Car Tutorial」をDownloadし,Importしたのち,「CarTutorial」というフォルダを作りましょう。そして全てのフォルダをその「CarTutorial」以下に入れてしまいましょう。同様に「Mecanim Example Scenes」「MecanimSample」というフォルダを作ってその中に全て入れます。これでそれぞれの置き場所がわかりやすくなりました。

そして,これから作るゲームのフォルダ「MyGame」も作っておきましょう。これはあなた専用のフォルダですので,自由に使うことができます。

著者プロフィール

伊藤周(いとうまこと)

株式会社セガでアーケードゲーム「頭文字D」「ガンダムカードビルダー」やモバイルゲーム「三国志コンクエスト」を開発。その後Unity Technologies Japan合同会社に転職し,Unityエバンジェリストとして今に至る。個人としてもiPhoneアプリ「ScouterCam」を開発。短時間でゲーム開発を競うWEG:ゲームクエスト市川チャレンジの初代優勝者。

Twitter:@warapuri

コメント

コメントの記入