Unity仮面が教える! ラクしてゲームを作るためのAssetStore超活用術

Track.3 MikuMikuDanceを使って「爆破から逃げろクマちゃんゲーム」を作ろう! ~「MMD4Mecanim」「Exploder」「Toon Explosion Volume 1」編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

画像

仮面:ダァス!Unity仮面だ!

秋山:秋山です。

仮面:な,なんだ,いきなり不機嫌だな……

秋山:仮面さん。あなたこの連載なんだと思っているんですか?

仮面:え,と……その,いや,頑張んなくちゃいけないな,と……

秋山:だいたい第二回から三ヶ月もあいているんですよ!本当は一ヶ月にいっぺんだったはずが!

仮面:いや,スマン……

秋山:そもそも何やってたんですか!

仮面:アキヤマよ。私も遊んでいたわけではないぞ。インディーズゲームフェスで必至に戦っていたのだ

秋山:ふーん……何なに?仮面さん,これAUTODESK社として参戦してるんですけど?

仮面:うむ……まああれだ。大人の事情だ

秋山:で,これ当日20分でゲーム作るだけじゃないですか

仮面:おまっ!……いろいろと準備が必要なのだ

秋山:まあ,だいたい事情はわかりました。とにかく!次回は1ヶ月後ですからね

仮面:いや~,ちょっと年末立て込んでて……

秋山(ギロ!)

仮面:いや,なんでも……はい,頑張ります

はい,第三回始まりました「ラクしてゲームを作るためのAssetStore超活用術」です。Unityエバンジェリストの伊藤です。前回は無料で使えるAssetを中心に,実際にゲームを作ってみました。今回はAsset Storeを少し離れて,MMDデータをUnityで使えるようにしてみましょう。

MMDについて

仮面:アキヤマ知ってるか?MikuMikuDance(MMD)を。

秋山:何ですかその,えるしってるか的な……。まあ初音ミクが踊るムービーですよね。

仮面:ムービーというか,それを作るツールだな

秋山:はい

仮面:これを使ってプロやアマが様々なアニメーションを作って,そのムービーをニコニコ動画にアップされ賞賛されているのだ!

秋山:なるほど

仮面:……なんか興味なさそうだな

秋山:ええ実際興味ないので

仮面:おい!ここは,普通の一般男子はテンションあがるんだぞ!

秋山:仮面さんはどうなんです?

仮面:え?

秋山:いや,さっきの説明が通り一遍等だったので

仮面:お,おう……(意外に鋭いな……)⁠ まあ私もそれほど詳しいわけじゃ……

秋山:なーんだ。じゃあ私とおなじですね

仮面:ぐぬぬぬぬ……

秋山:で,そのツールはUnityと関係ないんですよね?

仮面:まあ直接関係ないのだが,有志の方々が「MMD4Unity」「MMD4Mecanim」というツールを作って,Unityへ持ってくることを可能にしたのだ。

秋山:Unityで初音ミクとかが動くんですか?

仮面:そういうことだっ!

秋山:それは面白そうですね。

仮面:今回は「MMD4Mecanim」というツールを使って,MMDデータをUnityに持ってくることにする

秋山:はーい

では,⁠MMD4Mecanim」を使えるようにするところから始めましょう。

まずは,⁠MMD4Mecanim」を作成されている方のページStereoarts Homepageをブラウザで開きましょう。そこの,MMD4Mecanim_○○○.zipファイルをローカルにダウンロードしてください。展開すると画像1のようなフォルダ構成になります。

画像1「MMD4Mecanim」

画像

まずはこの「MMD4Mecanim」をフォルダごとUnityのAssets以下にドラッグアンドドロップしてインポートしましょう。そして次に「MMD4Mecanim(Plugins)」の中の「Plugins」を同様にAssetsの下にドラッグアンドドロップ。

(それとMacだけの注意点として,⁠Wine」というツールが必要になります。これを使えばMacでも一部のWindows用プログラムを動かせるのです。⁠MMD4Mecanim」は一部Windows用プログラムを使っているということで,これが必要になるのです。 こことかを参照してください。今回は「NXWine」を使いました。)

以上でMMDファイルをインポートできる準備が整いました。

著者プロフィール

伊藤周(いとうまこと)

株式会社セガでアーケードゲーム「頭文字D」「ガンダムカードビルダー」やモバイルゲーム「三国志コンクエスト」を開発。その後Unity Technologies Japan合同会社に転職し、Unityエバンジェリストとして今に至る。最近はOculus Riftに執心中で、個人(@warapuri)としてOculus Rift用立体機動ゲーム「Titan」を開発。

コメント

コメントの記入