VB6開発者向け:C#で始める.NETプログラミング

第3回 C#開発の準備

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

本連載では,実際にVB6で開発したソフトウェアをC#に置き換えながら基本的な技術を学びます。

そこで前回は,置きかえる対象となるVB6のサンプルソフトウェアを作成してみました。

今回からは,いよいよC#で開発するための準備から,実際にC#で作成したソフトウェアを動かすまでを体験していただきます。

C#3.0のインストール

使用を開始するために,まずはVisual Studioによる開発環境を用意します。

Visual Studioの現在の最新バージョンは,つい最近発売されたばかりのVisual Studio 2008です。この製品には,Express Editionというものが用意されています。

本連載では,このVisual C# 2008 Express Edition(以後は単純にC#3.0と呼びます)を使って解説を進めたいと思います。

Express Editionとは?

評価,学習,ホビーとして最適なプログラミングツール(Edition)です。

2006年4月19日から,全Visual Studio Express Editionは,発売元であるマイクロソフトから無償で提供されています。本連載で学習するという目的に,ぴったりの製品ですね。

ダウンロード先とインストールの方法

以下のサイトよりダウンロードできます。

諸注意事項を始めとする詳細は,こちらを参照してください。

ユーザー登録と初期画面

インストールが完了したら,早速C#3.0を起動してみましょう。

最初に,ユーザー登録画面が表示されると思います。

先に述べた通りExpress Editionは,現時点で無償で公開されているため,ユーザー登録によって料金が発生するなどの心配はありません。画面の指示に従えば簡単にユーザー登録できます。手早く済ませて快適な開発環境を整えてしまいましょう。

C#3.0の起動

C#3.0のインストールとユーザー登録が完了したら,C#3.0の統合開発環境が利用できるようになります。早速,実際に使用してみましょう。

起動直後の画面

最初に起動すると,次のような画面が表示されます。

画像

画面のほとんどは「スタートページ」によって占められています。

この画面は,開発者向けの最新情報が表示されたり,最近使ったプロジェクトが表示されるようになっています。VB6と比較するとまったく違う印象を持たれるかもしれません。しかし,この画面はVB6の以下の画面が進化したものだと考えることができます。

画像

多くの操作で,直前に起動したプロジェクトを選択するという手順になるかと思います。そういった意味においても,両者の操作に大きな違いはありません。

プロジェクトの作成

プロジェクトを作成するには「スタートページ」「最近使ったプロジェクト」グループの下部にある「作成:プロジェクト(P)...」をクリックするか,「ファイル(F)」メニューの「新しいプロジェクト(P)...」をクリックします。これによって,以下のような画面が表示されます。

画像

今回は,学習用のサンプルなので,この名前のままでプロジェクトを作成してみましょう。

画像

プロジェクト作成後の画面は上記のようになります。

画面の右側にある「ソリューションエクスプローラー」は,VB6の「プロジェクト」ウィンドウに相応します。

また,画面の大部分を占めていた「スタートページ」の代わりに,新しく開いた「Form1.cs[デザイン]」ページが表示されました。このエリアは,我々がコードやデザイナを使って編集するためのメインといえる部分になります。上部は「タブ」によって各ページが切り替わるようになっています。

著者プロフィール

伊藤達也(いとうたつや)

(株)井沢電器設備にて、業務管理システムの開発に従事しています。 この記事の趣旨通り、筆者自身が2005年後半にメインの開発言語をVB6からC#に移行し、2007年には Microsoft MVPアワードをC#で受賞しました。

コメント

コメントの記入