VB6開発者向け:C#で始める.NETプログラミング

第4回 C#フォームとイベントの作成

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめに

本連載では,実際にVB6で開発したソフトウェアをC#に置き換えながら基本的な技術を学んでいただきます。

前回は,C#の開発環境を構築して,空のウィンドウを表示するところまでを作成してみました。

今回は,ウィンドウにコントロールを貼り付け,各コントロールのイベントを作成し,これによって自動生成されたコードに関する説明をして行きたいと思います。

フォームを作成

最初にフォームを作成しましょう。

C#を起動したら,スタートアップページ左上の「最近使ったプロジェクト」から「WindowsFormsApplication1」をクリックして前回作成したプロジェクトを開いてください。

その後,画面右上にある「ソリューションエクスプローラー」「Form1.cs」をダブルクリックしてフォームエディタを開きます。

画像

このフォームのサイズを調整して,必要なコントロールを配置します。やり方は,VB6と同様です。

画像

以前作成した上記のVB6サンプルソフトのフォームを参考に,ツールボックスからコントロールを配置してみてください。

画像

次に画面右下の「プロパティ」から,すべてのラベルコントロールとボタンコントロールに表示されている文字を変更します。また,フォームのタイトルも変更しましょう。

なお,VB6ではCaptionプロパティにて文字を変更していましたが,.NETからはTextプロパティで変更します。

画像

同様に,Nameプロパティを変更して以下の名前を付けてください。この時,英字の大文字と小文字の使い分けにも注意してください。

  • ラベル(Label)
  • 番号:(label1)
  • 名前:(label2)
  • 電話番号:(label3)
  • コマンドボタン(Button)
  • 読込み(readButton)
  • 追加(addButton)
  • 更新(updateButton)
  • 削除(deleteButton)
  • 閉じる(closeButton)
  • テキストボックス(TextBox)
  • 番号(codeTextBox)
  • 名前(nameTextBox)
  • 電話番号(telephoneNumberTextBox)

名前を変更するたびにリファクタという処理が走ります。リファクタは,プログラムの振る舞いを変更することなくソースコードを整形してくれるための機能です。

画面上部に同名のメニューがあるのでクリックしてみてください。「名前の変更(R)」「メソッドの抽出(M)」が表示されるかと思います。

コントロールの名前を変更することによって,この「名前の変更(R)」という機能が働いています。

しかし,考えてみると現段階でソースコードは一切記述していません。それなのに何故リファクタリングする必要があるのでしょうか?

その理由は自動生成されたコードにあります。

自動生成されたコードに関する説明は後述しますので,現時点では気にせずにすべての名前を変更してください。

著者プロフィール

伊藤達也(いとうたつや)

(株)井沢電器設備にて、業務管理システムの開発に従事しています。 この記事の趣旨通り、筆者自身が2005年後半にメインの開発言語をVB6からC#に移行し、2007年には Microsoft MVPアワードをC#で受賞しました。

コメント

コメントの記入