テストリーダへの足がかり,最初の一歩

第4回 テスト分析(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

【今回の登場人物】

大塚先輩:
入社10年目。5年前に柏田マネジャーと一緒にソフトウェアテスト事業を立ち上げた。

中山君:
入社5年目。本連載の主人公。入社以来ソフトウェアテスト一筋。

いよいよテスト分析工程に取り掛かった中山君。でき上がったもの前回参照)を大塚先輩に持っていいくと,またまた渋い顔をされてしまいました。

大塚先輩:
時間が掛かりそうだから,会議室に移動しようか。
中山君:
第3会議室が空いているみたいです。予約しておきます。

急いで自席に戻り会議室を予約してから第3会議室に向かうと,大塚先輩は既に座っています。

大塚先輩:
さて,早速だが指摘をしていこう。たくさんあるので覚悟すること。
中山君:
はい……。

Webを簡単に信じるな

大塚先輩:
まず一番根本的な質問をしよう。そもそもテスト分析という行為をどのように理解している?
中山君:
インターネットで調べると,『仕様書を入手し,テスト設計を行うために仕様を理解すること。このとき,テスト分析結果を文書としてまとめる。』という解説でした。
大塚先輩:
それはウチでいうところのテスト分析かい?
中山君:
えっ?…… それは… わかりません…。

中山君は調子よく「経験がある」と言っていましたが,実はそうではないことが大塚先輩にやすやすと見抜かれてしまいました。

大塚先輩:
この前のテスト計画のときにも言ったが,ウチではどうなのか確認しないとダメだ。
大塚先輩:
Webに落ちている情報は必ずしも正しいものではない。簡単にWebから情報を引っ張ってくる癖は,今のうちに直しておくほうがいい。
中山君:
すみません…。
大塚先輩:
それから,できることできないこと,経験があることないことはちゃんと言うことも必要だ。肝に銘じておきなさい。

社内の決まり事

わからないことがあったときに,それをそのままにせずに調べるのは非常に大切なことです。

Webが発達したことで,物事を調べることは非常に楽になりました。ところが,それが正しい情報であればよいのですが,出所不確かで誤っている情報や本来必要ない情報までもが手に入りやすくなってしまいました。

大切なのは,どこで必要な情報なのか,ということです。

中山君は知らないことを調べたところまでは良かったのですが,まずは所属する自社の情報をあたるべきでした。その上で,さらに調査が必要になる場合はWebでもいいですが,そのなかでも信頼に足る情報を入手します。できれば可能な限り,標準や規格,書籍や論文といった出所の確かなものを当たる事が必要です。

できること,できないこと

人間功名心から,本来できない事を「できる」と言ってしまうことがあります。また,やる気を表現するために「できる」と言ってしまうこともあります。そうでなくて,ついうっかり口がすべることもあります。

まだメンバとして振る舞っている場合には,できない事を「できる」と言っても,その前向きな姿勢ややる気を評価することもあります。しかし,中山君はリーダという立場です。できること・できないことを見極めて行動しなければ,メンバ全員に迷惑がかかるかもしれません。リーダは自分のみならずメンバのスキルも把握し,必要であれば様々な策を講じなければなりません。

今回の場合,中山君が事前に「テスト分析は経験がない」と申告しておけば,大塚先輩は何か手を打ったでしょう。

著者プロフィール

鈴木三紀夫(すずき みきお)

1992年,(株)東洋情報システム(現TIS(株))に入社。複数のエンタープライズ系システムの開発に携わり,現在は社内のソフトウェアテストに関するコンサルタントとして活動中。ASTER理事,JaSST実行委員,JSTQB技術委員,SQiPステアリング委員 他。

著書


池田暁(いけだ あきら)

2002年日立通信システム(現日立情報通信エンジニアリング)に入社。設計,ソフトウェア品質保証業務を経て,現在は開発に関する設計/テストツールの導入や,プロセス改善に関する業務に従事。ASTER理事,JaSST実行委員,品質管理学会・ACM正会員。

著書