使ってみよう! Windows Live SDK/API

第53回 作ってみようSkyDrive連携PowerPointアドイン(前篇)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 10 分

はじめに

今回と次回は,少し予告していたように,SkyDrive APIを利用した簡単なアプリ開発として,SkyDriveと連携するPowerPointアドインを作ります図1)。

図1 SkyDriveと連携するPowerPointアドイン

図1 SkyDriveと連携するPowerPointアドイン

これまでの連載で紹介してきたように,Live SDKおよびAPI群のLive Connectを利用すると,SkyDrive・Hotmail・Messengerなどのサービスと統合したアプリ開発が可能です。このLive Connectを利用したアドインを作ります。前回までの内容を見ていない方でも,とりあえずコードを記述していけば作れるよう構成していますので,ぜひトライしてみてください。

前回に少しふれたLive SDK 5.1 Previewは既に正式にリリースされ利用できるようになっています。また,開発者向けのWebサイトLive Connect デベロッパーセンターの内容もリニューアルされ,日本語対応も進んでいます。

図2 Live Connect デベロッパーセンター

図2 Live Connect デベロッパーセンター

また,今回アプリからアクセスするSkyDriveは,4月24日に,予告されていたWindows・Mac向けのクライアントアプリのリリースと,サービス内容が刷新され,使いやすいサービスとなっています。詳しくは,Building Windows 8や,各種ニュース記事などを確認してください。

PowerPointアドインの開発

今回は,SkyDriveと連携したMicrosoft Office PowerPointのアドインを作ります。

Windows PhoneはSkyDriveとシームレスに連携していて,簡単に撮影した写真をSkyDriveにアップロードできます。通常,カメラロールというフォルダーに写真はアップロードされます。このアップロードされた最新の写真1枚を,スライドショーの最中にスライドに追加して表示するアドインを作ります。

プレゼンテーション中にWindows Phoneを使ってデモ画面や会場を撮影してSkyDriveにアップロードすると,スライドにその場で反映され,少しだけ凝ったプレゼンテーションが可能かもしれませんね。もちろん,写真のアップロードは,iPhone・iPadのSkyDriveアプリやSkyDrive.comを利用して構いません。

アドインでは,あらかじめスライドに写真をダウンロードして表示する場所にマーカーとなるオートシェイプの図形を配置して使います。

開発環境

開発にはVisual Studioを使用します。Officeアドインを作成するにはVisual StudioのProfessional以上が必要です。今ならVisual Studio 11 Betaを使ってみるのも手かもしれません。

ここでは,Visual Studio 11 BetaおよびPowerPoint 2010を使用し,言語はVisual Basicを選択します。

アプリの登録

はじめに,作成するアプリ(ここではアドイン)をあらかじめLiveサービスに登録します。登録にはLiveアカウントが必要です。Live Connectデベロッパーセンターマイアプリ図3へアクセスします。

図3 マイ アプリケーション

図3 マイ アプリケーション

「アプリケーションの作成」から新しいアプリを登録します図4)。はじめてアプリを作る場合は,最初からこのページが表示されています。

図4 アプリの登録

図4 アプリの登録

アプリケーション名と言語を入力し,使用条件の確認後,同意するボタンをクリックします。登録が完了すると,Liveサービスにアクセスするときに必要な,クライアントIDクライアントシークレットが得られます。さらに,「アプリケーションの設定ページ」に移動し必要な情報を入力しましょう図5)。作成するアドインでは,クライアントIDのみ使います。

図5 アプリの設定ページ

図5 アプリの設定ページ

今回のようなデスクトップクライアント用のアプリ,また,Webアプリやモバイル クライアントアプリを開発する場合は,このマイアプリのページを利用します。モバイル クライアントアプリの場合は,API設定でモバイル クライアントアプリを選択する必要があります。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入