デベロッパー必見!WordPress開発 A to Z

第3回 WordPress用開発環境を整える(その3)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回まで,仮想環境およびサーバOSのインストールを行いました。今回は,前回構築したプラットフォーム上にSSH環境を構築し,セキュアな通信体制を整備します。

SSHサーバのインストール

OSを再起動し⁠ubuntu login:⁠と表示されましたらインストール時に入力したユーザー名を入力し,エンターキーを押してください。⁠Password:⁠と表示されたらパスワードを入力します。パスワードは入力しても画面には何も表示されませんが仕様ですのでそのまま入力しエンターキーを押します。

このような画面が表示されたらログインは完了です。

画像

次に以下のコマンドを入力し,エンターキーを押してください。

yes|sudo aptitude install openssh-server && sudo shutdown -h now

パスワードの入力が求められますので,インストール時に設定したパスワードを入力してください。

画像

SSHサーバのインストールが開始され,インストールが完了したら仮想マシンはシャットダウンします。これでSSHサーバはインストールされたのですが,このままではホストOSであるWindowsから,ゲストOSであるUbuntuにSSHで接続ができません。

次に,この問題をポートフォワーディングで解決します。

ポートフォワーディングの設定

ポートフォワーディングを設定することで,ホストOSの任意のポートへの接続をゲストOSの任意のポートへと転送することができるようになります。ホストOSのSSHクライアントからゲストOSのSSHサーバへ接続するのが目的ですので,ホストOSの22番ポートからゲストOSの22番ポートに接続を転送(ポートフォワーディング)する設定を行います。

仮想マシンがシャットダウンしたら,Windowsに戻りコマンドプロンプトを起動しましょう。

Windows キー+r,もしくはファイル名を指定して実行を開き「cmd」と入力してOKをクリックします。

コマンドプロンプトが開いたら以下のコマンドを入力しVirtualBoxのインストールフォルダに移動します。

cd "C:\Program files\Sun\VirtualBox"

インストールフォルダに移動したら次の6つのコマンドを入力します。

VBoxManage setextradata "Ubuntu-6.06" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guestssh/Protocol" TCP
VBoxManage setextradata "Ubuntu-6.06" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guestssh/GuestPort" 22
VBoxManage setextradata "Ubuntu-6.06" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guestssh/HostPort" 22
VBoxManage setextradata "Ubuntu-6.06" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guesthttp/Protocol" TCP
VBoxManage setextradata "Ubuntu-6.06" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guesthttp/GuestPort" 80
VBoxManage setextradata "Ubuntu-6.06" "VBoxInternal/Devices/pcnet/0/LUN#0/Config/guesthttp/HostPort" 80

このコマンドによって先ほど作成したホストOSの22番ポートがゲストOSの22番ポートにポートフォワーディングされました。また,後ほど必要となるHTTPで使う80番ポートもポートフォワーディングされました。

画像

別の仮想マシンを作成する際には⁠Ubuntu-6.06⁠の部分を作成した仮想マシン名に置き換えて実行してください。

これでポートフォワーディングの設定は完了です。

仮想マシンをバックグラウンドで起動する

最後にバックグラウンドで仮想マシンを立ち上げる環境を整えます。

Ubuntu-6.06という名前でショートカットを作成し,項目の場所に以下を入力してください。

画像

"C:\Program Files\Sun\VirtualBox\VBoxHeadless.exe" -startvm "Ubuntu-6.06"

作成したショートカットを開くとコマンドプロンプトが立ち上がり,仮想マシンがバックグラウンドで起動します。

コマンドプロンプトが表示され続けているのが邪魔な場合,ウィンドウをタスクバーに収納するソフトウェアなどをご利用ください。

著者プロフィール

林亮(はやし りょう)

株式会社SPaiS代表取締役。

URLhttp://twitter.com/spais

コメント

コメントの記入