新春特別企画

LibreOffice/Apache OpenOffice ~2011年の総括と新たな選択~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

激動の2011年

OpenOffice.orgにとって2011年は,激動の年でした。

これは昨年寄稿させていただいたOpenOffice.orgについての新春特別企画記事と同じ書き出しですが,実のところ一昨年よりも昨年のほうがずっと激動の一年だったと言えます。

なお,昨年の記事を踏まえて,今年のこの記事を読んでいただけるとより理解が深まるはずです。少しばかり振り返っておくと,Oracleは2010年10月13日(OpenOffice.org 10周年の日)Oracle Demonstrates Continued Support for OpenOffice.org(参考訳: OracleはOpenOffice.orgのサポート継続を明示します)というプレスリリースを発表しています。これを読んだ筆者はOracleが少なくとも2011年内にOpenOffice.orgを手放すようなことはないだろうと踏んでおり注1),昨年の特別企画のようなまとめになったのです。

ご注意
本稿で記述している日付はJSTだったりUTCだったりするため,最大で1日程度の差があることをご了承ください(可能な限りUTCに合わせてはいます)。また,多数リンクがありますが,中にはご覧になっている時点でリンク切れのものもありますが,こちらもご了承ください。その他,行き交うメールの量が膨大すぎて全部に目を通せないため,見落としているものもあるかもしれません。何かお気づきの点があればコメントいただけますと幸いです。
注1
もちろん,そのままの形で3年間継続することはないと思ってはいました。

2011年4月15日まで

さて,昨年の出来事を振り返ってみましょう。

LibreOffice 3.3.0は1月25日に,OpenOffice.org 3.3.0は翌1月26日にリリースされました。OpenOffice.org 3.3.0日本語版は2月2日にリリースされましたが,LibreOfficeは各言語ごとのリリースは行わないため,日本語版はありません。LibreOfficeのWindows版インストーラにはサポートするすべての言語が含まれていますし注2),それ以外のプラットフォームでは言語パックを個別にインストールします。

LibreOfficeの運営母体であるThe Document FoundationFoundation(財団)と名乗っていますが,今のところ法的な意味での財団にはなっていません。財団設立に必要な50,000ユーロの寄付の受付を2月16日に開始し,25日に8日間で集まったと発表しました。もちろん,寄付は今でも受け付けています。以後具体的には言及しませんが,財団化の進行も含めて組織としての足固めを1年間通して行なっています。

2月23日には不具合を修正したLibreOffice 3.3.1がリリースされ,これを搭載したopenSUSE 11.4が3月10日にリリースされています。確認した範囲では,これが一番最初にLibreOfficeを搭載したLinuxディストリビューションです。NovellはLibreOfficeの開発者を多数雇用しており,面目躍如といったところです。

3月22日には3.3.2がリリースされ,3月24日にはGoogle Summer of Codeに採択されました。3月30日にはプロジェクト発足半年間を総括する『自由とコミュニティの6ヶ月』を発表しました。

3月はLibreOfficeのターンでしたが,4月は良くも悪くも(どちらかといえば「悪くも悪くも」)OpenOffice.orgのターンでした。4月5日にはOpenOffice.org 日本語プロジェクトがOpenOffice.org 3.4の翻訳を行わない旨を発表しました。4月12日には(当時は夢にも思わなかったものの)最後のリリースとなるOpenOffice.org 3.4 ベータ1がリリースされました。そして4月15日を迎えたのです。

注2
そのかわりヘルプは別途インストールする必要がありますが,なくてもWebサイトが開かれるため,インターネットにアクセスできる環境があればインストールは必須ではありません。詳しくはLibreOfficeのWebサイトをご覧ください。

OpenOffice.orgの終焉とApache OpenOfficeの登場

4月15日,Oracleが衝撃的な発表を行います。OpenOffice.orgを純粋なコミュニティベースのオープンソースプロジェクトにし,商用版OpenOffice.org(Oracle Open Office)の提供を打ち切るという内容です。前者はともかく後者は即座に行われました。Webサイトから情報が速やかに削除され,StarOffice/StarSuiteからOracle Open Officeへのアップデートもダウンロードできなくなりました。

「コミュニティベースのオープンソースのプロジェクト」は具体的にどういうものなのかはその時点では明らかになりませんでしたが注3),6月1日にApache Software Foundation(ASF)にソースコードを寄贈する旨の発表を行いました。6月13日にはApacheのインキュベータープロジェクトに承認され,正式なプロジェクトに昇格するべくスタートを切りました。インキュベータープロジェクトの具体的な説明は省略しますので,興味がある方はWebサイトをご覧ください。

新たなコミュニティの中心メンバーはIBMの社員で,OpenOffice.orgで活動していたOracleの社員注4は開始時点に個人(Individual)で数名参加しており,これまでとは全く違うプロジェクトになることを予感させました。

Apache OpenOfficeで行われることはいろいろあります。まず,OracleはASFにソースコードを寄贈したため著作権者がASFになりライセンスをApache License 2.0に変更します。Apacheのすべてのプロジェクトはこのライセンスを採用しています。Oracleに著作権があるソースコードに関してはライセンスと著作権者を書き換えれば済みますが,OpenOffice.orgは多数の外部ライブラリを使用しています。それらのライセンスがApache Licenseと互換性がない場合は使用できないので,そのライブラリを使用する機能を削除する必要があります。同時にライセンスが明示されていないものも洗い出しも行い,IP Clearance(「知的財産の点検」とでも訳すのでしょうか)と呼ばれる一連の作業が行われ,ほぼ完了しました。PDFの読み込みができなくなるなど,一部の機能が削除されています。まずは機能を削除してもリリースを優先し,次にこれらの失われた機能を回復する計画になっています。SVGサポートに関してはこの関係で外部ライブラリの使用をやめて新たにコードが書き加えられ,ネイティブで動作するようになりました。これは数少ないOpenOffice.org 3.4 ベータ1からの新機能です。

インフラの移行も行われています。これまでバージョン管理システム(VCS)はMercurialを採用していましたが,これをApacheで採用しているSubversionに移行しました。VCSの機能的には「退行」であり注5),極めて珍しいことです。WebサイトやメーリングリストなどApacheのインフラ移行も進み,www.openoffice.orgの移行が12月29日に行われました。しかしながらhttp://openoffice.org/projects/など,残作業もあります。

商標やドメインの移管も行われました。OpenOffice.orgは,現在ASFの登録商標です。具体的な時期を調べることができませんでしたが,11月中旬頃には移管されたようです。

ブランドの決定も行われ,投票の結果Apache OpenOfficeとなりました。よって"OpenOffice.org"は,おそらくですがプロダクトやプロジェクトの名称としては使われず,ドメインとして残るだけになります。プロジェクトの現在の正式名称は"Apache OpenOffice (incubating)"のようですが,足並みが揃っていないようにも見えます。

積み残しの課題もたくさんあります。Apacheのプロジェクトは基本的にソースコードのリリースしか行いませんが,Apache OpenOfficeはバイナリの配布も行うことになります。各言語版のリリースをどうするか,これまでのように各言語版ごとにインストーラーを用意するのはマンパワー的に現実的ではないので,言語パックのみの配布になるかと思いますが,今のところ決定されていることはなさそうです。各言語へのローカライズも現時点(2011年12月末)で行えていません。各言語プロジェクトも構築中です。

とにかくたくさんのことが同時に進行しているため状態はかなり混沌としていますが,それでもリリースに向けて前進していることに間違いはなく,12月20日には2012年Q1(1月から3月の間)にリリースを行うと発表しました。

注3
Mozillaを切り離したAOLのようなやり方になるのかと勝手に想像していましたが,OracleはAOLよりも非情だったと言えます。
注4
OpenOffice.orgの開発を行なっていたOracle社員約120名は解雇されたという噂ですが,時期まではわかりませんので,この時点で「元」社員だったのかも知れません。その後数名はIBMやRed Hatなどに再就職し,Apache OpenOfficeやLibreOfficeの開発を行なっています。
注5
CVSやSubversionに不満があって出てきたのがMercurialやgitです。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入