アナログツールでライフハック:Hipster PDA時々モレスキン,のちトラベラーズノート

第6回 トラベラーズノートでスケジュール管理+ユビキタス・キャプチャー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

この連載で今まで紹介してきたアナログツールの中に,カレンダーが無かったことに気づいてる方もいるかと思います。筆者が使っているHipster PDA,モレスキン,モレスキン・メモポケッツと,どれもスケジュールを管理するカレンダーを備えていません。筆者は現在,スケジュール管理をトラベラーズノートという手帳で行っています。

今回は,モレスキンとの比較などを交えながら,トラベラーズノートを紹介します。

トラベラーズノートというノート=手帳

トラベラーズノートは,(株)デザインフィルが,ミドリというブランドで販売している「ノート=手帳」です。タイ製の,柔らかい革一枚で,ノート型のリフィルを包むようなシンプルな仕組みとなっています。リフィルとは,21cm×11cmのA5変形ノートです。罫線,無地,方眼などのノートをはじめ,日記,ダイアリーなどもあります。リフィルをはさんだ本体は,細いゴムバンドを横にかけて,ノートが開かないようになっています。

大きさは約22cm×約12cm,モレスキンで言えば,ラージサイズ(21cm×13cm)程度,A4を三折りにしたものがちょうど入るサイズです。

色は黒と茶の二色。茶色が人気のようですが,筆者は黒を使っています。

革の手触りがよくて,筆者の感覚では実に「色っぽい」手帳です。

トラベラーズノート,奥に見えるのはザウルス

トラベラーズノート,奥に見えるのはザウルス

リフィルが色々とありますが,これはホームページでも見ていただくとして,筆者は,2008月間ダイアリーと,セクションリフィルの2冊をセットしています。月間ダイアリーは,見開きで月間カレンダータイプ,セクションリフィルは,5mm方眼のノートとなっています。それぞれでスケジュール管理,ユビキタス・キャプチャーをしています。

ちなみに月間ダイアリーは,本体のゴムに通して,簡単に本体から外れないようにしていますが,セクションリフィルは本体に挟むだけにします。これは,仕事中にセクションリフィルのみを本体から外して,机上に置いているためです。このことの意味については後程説明します。

さらにジッパーケースというリフィルをはさんでいます。これはモレスキンでいうポケットの役割をしますが,透明なのでブラックボックス化することがなく便利です。お札やEdyカードを入れると財布になりますし,ペンや定規,旅行の際の切符,買物のレシートなどを入れています。

堅いモレスキン,柔らかいトラベラーズノート

トラベラーズノートは,本体が柔らかい革でできているため,加工することが容易です。堅いモレスキンに対して,柔らかいトラベラーズノートと言えるでしょう。

様々なユーザーのブログを覗きますと,個性豊かにカスタマイズをほどこした使用例があって,それを眺めるのも楽しいものです。このカスタマイズのしやすさは,モレスキンにはない特色です。

ミドリのホームページには,パトリック(Patrick Ng)という方の,素晴らしい使用例があります。GTDも,トラベラーズノートで実践しているこの使用例を見て,筆者は購入を決めたようなものです。

また,薄いリフィルを組み合わせるという仕組みも「柔らかい」と言えます。

基本はリフィル1冊~3冊で構成するのが普通ですが,リフィル4冊をセットする方法なども,先程紹介しましたプロフェッショナルユーザーのパトリックが公開しています。

リフィル1冊あたりのページ数が多くないので,それらを組み合わせることで,それぞれのリフィルに目的を持たせて使用することが可能です。たとえば,無地のリフィルを旅行専用にして,普段は外して保管しておくといった使い方が考えられるでしょう。

トラベラーズノートという名前の通り,旅をコンセプトに作られたノートということもあって,リフィル1冊で1つの旅,といった使用方法を想定しているように思われます。

筆者が,モレスキンだけではなくトラベラーズノートも使うようになったのは,もちろん,その革のtextureも気に入った点なのですが,その広さが大きなポイントでした。

予定がぎっしり詰まっているわけではない私は,月間ダイアリーの一覧性の高さと,紙面の広さでトラベラーズノートを選びました。モレスキンやザウルスのカレンダーは,やはり小さいと感じたのです。

さすがにスーツのポケットなどで携帯するには,トラベラーズノートは大き過ぎます。しかし,通勤ではカバンに入れ,職場ではデスクワーク中心ですので,あまり問題とはなっていません。この辺り,個々の事情でツールの選択肢は変わってくるでしょう。

トラベラーズノートでユビキタス・キャプチャー

連載の第4回で紹介した,ユビキタス・キャプチャーの基本は,1冊のノートで行います。しかし,筆者はモレスキンとトラベラーズノートの2冊使いを実践しています。

2冊使うのは一種禁じ手のようなものですが,この場合大事なのは,使い分ける場面をはっきり分けておくことです。そうすることで,どちらに情報があるかすぐに判断できます。

筆者は職場ではトラベラーズノート,自宅や休日はモレスキンという使い分けをしています。

先ほども述べましたが,職場では,トラベラーズノート本体から,セクションリフィルだけを外して机上に置いています。そして,何か思いついたらすぐにメモ,さらに重要なアイデア等であれば「□i」と記入しておき,後でモレスキンに転記します。

平日職場では,トラベラーズノートでスケジュール管理とユビキタス・キャプチャーをする。自宅および休日は,モレスキンでユビキタス・キャプチャーをする,といった使い分けとなっています。

こうすることで,平日の出勤時は,トラベラーズノートだけを持って行けばいいわけです。この荷物を減らせるというのが,トラベラーズノートでユビキタス・キャプチャーをやる大きな理由です。

「超」整理手帳の手帳術を応用する

筆者はトラベラーズノートの活用法として,リフィル差し込み,本体の縦の長さなど,類似点の多い「超」整理手帳の活用法を参考にしています。

「超」整理手帳は,野口悠紀雄氏が考案し,販売されている手帳です。独特の細長い形や使い方などが個性的ですが,この「超」整理手帳の使い方の多くはトラベラーズノートに応用可能です。

まず「超」整理手帳は,A4サイズの書類を四折りで保管できますが,トラベラーズノートの場合は,A4三折りではさみこむことができます。あらかじめテンプレートをあちこちに準備しておくと,簡単に三折りにすることができるでしょう。

リフィルを1~2冊程度にしぼっておけば,かなり多くのA4書類を挟み込むことができ,仕事でも便利に使えます。

また,「超」整理手帳では「母艦(マザーシップ)方式」と言って,手帳にセットされているリフィルを,必要な時に必要なものだけ,本体から外して使うやり方がありますが,もちろんこれもトラベラーズノートで実践可能です。筆者は,職場では本体からセクションリフィルだけを「出撃」させて机上に置いておき,ユビキタス・キャプチャーをしています。

このセクションリフィルだけだと,スーツの内ポケットにもすんなり入りますので,打ち合わせなどに持ち運ぶことができます。

トラベラーズノートはまだ新しく若い手帳ですから,独自の手帳術といったものはこれから充実化されるでしょう。そこが,ユーザーにとっては工夫のしがいがある,おもしろい点となっていると思います。

次回はいよいよこの連載も最後です。

連載のまとめとして,筆者のアナログツールの現状と,その考え方について説明しようと考えています。

著者プロフィール

アキヅキダイスケ(あきづきだいすけ)

大学事務職員。本当に使える仕事術を渉猟するうちにライフハックの森に迷い込み,GTDという生涯の友と得,文房具に恋をして現在にいたる。今の恋人はトラベラーズノートだが,モレスキンにも未練あり。文学の研究者としては道を大きく踏み外した感あり。「シリアル・ポップな日々」というごった煮ブログを,絶滅危惧種に指定されているPDAザウルスSL-C1000にて更新中。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/akizukid/

コメント

コメントの記入