ライフハック交差点

第4回 人生を思い通りに生きてみる:ライフスタイル・ハックのすすめ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

いきなり大時代的な問いかけで申し訳ないのですが,思い通りに生きている人というのは,どういう人のことだと思いますか?

ぱっと思い浮かぶのは他人の指図を受けなくてもいいほどに社会的に偉くなった人,あるいは,ほしい物はなんでも手に入るほどの経済的な自立を果たした人でしょうか。

その両方にあこがれを感じないでもありませんが,より大きなとらえ方をするなら,私はそれを「自由な人間」のことではないかと思っています。全ての人が好きなだけ偉くなれたり,経済的に無限に豊かになれたりするわけではありません。しかし,与えられた制限の中でも,何事も自分流でこなすことができる人はある意味「思い通りに生きている人」なのではないでしょうか。一介のライフハック・ファンとして,これは私の目標でもあります。

「ライフハック」は,つまりはライフ(人生)をハックするということですから,身近なことや毎日の仕事をハックするのもいいのですが,どうせなら自分の人生のスタイルそのものだって思い通りに改造してみるというところまでやってみるのもよさそうです。名付けて,ライフスタイル・ハッキングです。

ライフスタイルを変えるといっても,それは新しい習慣を導入するということに他なりません。今回は数ある自己啓発書や,仕事術のなかから3つの典型を選び,それらを自在に組み合わせる方法についてご紹介します。

7つの習慣:「大きな構図」の仕事術

「自分は何のために仕事をしているのか。」「自分にとって人生の目標とは何か。」こうした難しい疑問に正面から取り組むことで,自分が立たされているBig Pictureつまりは「大きな構図」をとらえる仕事術が数多くあります。スティーブン・コヴィーらによって提唱された「7つの習慣」(キングベアー出版)などはこの代表例といっていいでしょう。

絵で言うなら,まず全体の構図を頭にいれ,自分はいったいその構図のどこに立っているのかを把握し,そして思い描いた人生目標に向かうために必要な最も重要なタスクを考えていきます。「7つの習慣」は簡単にまとめると以下のようになると思います。

  • 自分がもっている価値観を探り,自分がやるべき最重要タスクが常にそこから生まれるようにする習慣
  • 仕事だけでなく,「家族」「友人」といった役割(ロール)に対してそれぞれ目標を立てることで,バランスのとれた成長を目指している
  • 自分自身の主体性の確立から始まり,周囲の人との相乗作用を活かしてチームの生産性をあげるところまで,一つの成長プロセスとして盛り込まれている

有名な企業で言うなら,たとえばGoogleは企業としてのミッションを「世界中の情報を体系化し,アクセス可能で有益なものにすること」としています。多岐にわたるGoogleの全てのサービスが,この30字にも満たないミッションで総括できるのは驚きですが,私たちも自分自身にたいしてこのようなミッションを与えることで,何が自分のミッションで,何が関係ない寄り道なのかをはっきりさせることができます。

価値観から始まる仕事術は,今日始めて明日成果が生まれるという短期的なものではありませんし,決して楽なプロセスではないのですが,まるでお金の長期投資のように年月とともにかならず大きなプラスとなるのが魅力です。

Getting Things Done:徹底した現場主義の仕事術

いまやライフハックの代名詞ともなったGetting Things DoneはDavid Allenが提唱して,アメリカのブログでカルト的な人気を獲得した仕事術です。この連載の第一回でもご紹介しましたし,GTDでお仕事カイゼン!の連載でも具体的な進め方がまとめられています。

実践の仕方や,GTDツール・アプリをどう使いこなすか,というレベルで紹介されることの多いGTDですが,ライフスタイルとしてのGTDは次のような特徴を持っていると思います。

  • やってくる仕事,メール,約束ごと,じぶんのやりたいと思っていることなどをいったん自分の頭から信頼できる別の場所に保存してから処理するという,現実への対処法をシステム化する習慣
  • 仕事やプロジェクトを管理するのではなく,自分が行う具体的な行動(アクション)を管理する
  • 一人だけでも実践可能ですので,いってみれば仕事の能率のチューニングの側面が強い

GTDは徹底した現場主義の仕事術です。いま・ここで・どんなアクションをとれば良いのかをはじき出すシステムを作ることで,ストレスなく仕事を進められるようにしてゆくことを目標としています。

価値観やミッションといった大きな構図ばかり追っているのでは日々の仕事は片付かないと感じている人にとって,現実の問題を片付けてゆくことから始められるGTDの習慣は大きな即戦力となります。

著者プロフィール

堀 E. 正岳(ほり E. まさたけ)

ライフハック,GTD,自己啓発などをテーマにしたブログLifehacking.jpの管理者。海外のブログを広く渉猟しているうちに見聞きしたことや考えたことまとめて,ちょっといい話にして紹介するのが何よりの楽しみ。ライフハックとは「自分を変える新しい習慣作り」をポリシーに,日々地味に更新中。

URLhttp://lifehacking.jp

コメント

コメントの記入