ライフハック交差点

第12回 仕事にも使える!Twitter とウェブアプリケーションの連携術

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

いま,この瞬間にも私のデスクトップの隅では小さなクライアントアプリのなかで,リアルタイムに何百という人たちが互いに自分の近況を通信し合ったり,最新のニュースを共有したり,たんに思いついた事をつぶやいています。140字制限の「つぶやき」をリアルタイムで共有するサービス,それがTwitterです。

Twitterは昨年嵐のようにネット界を席巻し,この春には日本語化もされすっかり定着した感がありますが,一方でこうしたサービスがいったい何の役に立つのがわからないという人もおおぜいいることと思います。

というのも,一見しただけではTwitterはおなかがすいた疲れたといった雑音が多いだけの意味の無い場所のように思えるからです。馴染んでみると,こうした他愛もない話題でつながることができることこそがTwitterの魅力なのですが,ただ受動的に使っているだけでは,たしかに貴重な時間と集中力を吸い込むブラックホールになってしまうと言われるのにも一理あります。情報ダイエットという考え方に従うなら,Twitterは削ぎ落とすべきツールに他なりません。

しかしこの一年でTwitterの「短いテキストをリアルタイムで送受信する」という特徴を利用して,Twitterをさまざまなウェブアプリケーションのフロントエンドとして利用できる環境が整ってきました。気が散るだけのサービスではなく,Twitterはウェブの潤滑油のような機能を果たし始めているのです。

今回はこうした,仕事や日常で使う事のできるTwitterのサービスについていくつか紹介してみたいと思います。なお,今回はTwitterを使う上で知っていなければいけない「フォロー」「ダイレクトメッセージ」といった言葉が頻出しますが,よくご存じでないという方は,こちらをご参照ください。

Twitterでメモを取る

Twitterに送る短いメッセージは「他人に読んでもらう事」が本来の目的ですが,他人に加えて自分が読むためにもメモを送信して,一カ所にまとめておきたいという場合もあると思います。そんなにときに使えるのがTwitterNotesです。

TwitterNotesを使うには,ユーザーtnotesを追加して,あとは「+」を前に置いた書き方でメッセージを送るだけです。たとえば:

+ 買う本:「Life HACKS Press Vol.2」#books

と入力すれば,booksというタグのもとでメモを保存してくれます。日本語も問題なく,記憶したメモはTwitterNotesのホームページからタグで選り分けをしながら閲覧する事ができます。

TwitterNotesには他人に見られなくないメモを送る「プライベートメモ」の機能もありましたが,現在は残念ながら利用できないようです。今後この機能が復活することに期待したいと思います。

Twitterをタイマー代わりに使う

Twitterの魅力の一つはブラウザだけではなく,専用のデスクトップのクライアント,携帯電話,IMクライアントなどさまざまなツールで閲覧できるところですが,ツールによってはダイレクトメッセージが来た場合に音を鳴らしたり,ポップアップウィンドウを開くなどの特別な挙動を設定することができます。

この機能を利用して,Twitterをタイマーのように使うことを実現してくれるのが,Timerというボット(人間ではなく,プログラム)です。

timerに対して,普通に人に対して行なうようにしてTwitterのダイレクトメッセージを:

d timer 10もう一度Aさんに電話する

と行なうと,10分後に「もう一度Aさんに電話する」というメッセージが送り返されてきます。このメッセージをポップアップウィンドウなり,注意を引くような形で表示されるようにしておけば,簡易なタイマー機能が実現します。

分の数は指定しない5分となり,5分以下は設定できないようになっています。また,Twitterの情報が更新されるタイミング,携帯電話やIM次第で,正確な時間でメッセージを送ってくれるとは限りませんので,あくまで目安として使ってください。

パスタをゆでるのには向きませんが,時計をいらいらと気にすることなしにちょっとした時間差を生み出したいときに便利に使えます。

TwitterCalでGoogle Calendarに予定を追加

TwitterCalはGoogle Calendarに直接予定を書き込むためのサービスです。TwitterCalを使うには前準備として,ユーザーgcalをフォローし,Google Calendarにアクセス権を承認しておくことが必要です。あとはgcalにダイレクトメッセージを送るだけで,カレンダーに予定を追加することができます。例えば:

d gcal 会議 3pm
d gcal 休暇 6/13

と,一行のコマンドだけで,予定が追加されます。

追加されるのはデフォルトのカレンダーで,Google Calendarが理解できる時間の記法なら何でも使えます。まずは予定だけを入力しておき,時間や場所の詳細はあとで入力するというときに重宝します。

著者プロフィール

堀 E. 正岳(ほり E. まさたけ)

ライフハック,GTD,自己啓発などをテーマにしたブログLifehacking.jpの管理者。海外のブログを広く渉猟しているうちに見聞きしたことや考えたことまとめて,ちょっといい話にして紹介するのが何よりの楽しみ。ライフハックとは「自分を変える新しい習慣作り」をポリシーに,日々地味に更新中。

URLhttp://lifehacking.jp

コメント

コメントの記入