ライフハック交差点

第17回 GTDの生みの親 David Allenさんインタビュー特別編(5)世界へ広まるGTDと,あなたの人生にGTDを活用する方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

いわゆる「仕事術」が流行する中で,David Allenさんの提唱したGetting Things Doneは会社に身を置く人はもちろん,フリーランスで活躍する人,学生,主婦など,幅広い人々に支持されるという特徴をもっています。

またGTDの広がりはいまや全世界的ともいえるもので,さらには自分たちの子供をGTDの考え方で育てる親も登場し,その勢いはとどまるところを知りません。

GTDの生みの親David Allenさんとのインタビュー最終回は,こうした世界で広まるGTDについて,他の仕事術とGTDとの関係について,そして人生においてGTDを活用するための考え方についてお聞きします。奥様のKathrynさんも活発に会話に参加して,楽しいひとときはあっという間に過ぎていきました。

世界に広がるGTD

(以下,MH)
「GTDの本は30カ国で翻訳され,今も広がっているとお聞きしましたが,日本を含めたさまざまな文化や習慣をもった人々にGTDを広めるにあたって障害になったものはありましたか?」

David Allen(以下,DA)
「すべて表層的なことだけで,原理そのものは普遍的に有効だったよ。東洋と西洋,男と女,右脳タイプ・左脳タイプにも違いはなかった。私はGTDを世界中で紹介しているけれども,どこにいっても人々は自分が今実行できる以上のコミットメントを背負っていて,それをどうにかするためのシステムに飢えているようだった」

MH:
「日本に限った問題ではないかもしれませんが,GTDを使って効率化をした分だけ,人はさらにマイクロマネージされた仕事を詰め込んでしまうようにもみえますが」

DA:
「でもそれは良いことでもあるんだよ,GTDに習熟するに従って,いままでは不可能だった多くの責任を引き受ける自信がついてくるともいえるのだから。でも最終的にはGTDが「すべてのことを片付ける』というよりも,人々が人生を楽しむために役だってくれることを願っているよ」

MH:
「しばしばGTDはGetting "Everything" Doneと勘違いされることがありますね(笑)」

DA:
「ほんとうはね,まったく何をしていなくても別にいいのさ。自分がしたいと思っていることとアライメントがとれているかというのが,鍵になるのだから」

Kathryn Allen(以下,KA)
「でも受け止め方が文化によって違っているということはあると思うわ。たとえば旧ソ連の国々で育った人と,アメリカで育った人とでは,『自分がどれほど世界に影響力を示せるか?』『自分にどれだけの可能性があるのか?』という受け止め方に違いがあって,それがGTDを行う上で影響を与えることはもちろんあるはずよ。でもそれはGTDのやり方自体に変更を迫るものではないわ」

DA:
「それをいうなら,君と君のとなりに住んでいる人との間には,違う国に住んでいる人ほどの違いがあって当然なんだよ。たとえばずっと共産国家だったポーランドでは,今でも『自分で目標を決める』ということになじめない人がいる一方で,一部の人は新しく見いだした自由に酔いしれていて,このチャンスをものにしたいと息切れする勢いで奮闘しているんだ」

「このような,文化や歴史に根ざした考え方はGTDをするときにフィルターのように君が『したいこと』『こうすべきだ』と考えること自体を支配するけれども,それはそのままで大丈夫なんだ。少なくともGTDのシステムにとっては,どちらの考え方が良くてどちらが悪いということはないのだよ」

左から,Kathryn Allenさん,David Allenさん,堀 E. 正岳さん

左から,Kathryn Allenさん,David Allenさん,堀 E. 正岳さん

GTDは「~すべき」とはいわない

KA:
「それと関係するのだけれども,私たちは誰かと一緒に仕事をしているときに,その人に『人生において○○を目標にするべきだ』ということはいわないようにしてるわ。その代わり,頭の中と周囲にあるものについて『何がしたいのか?』という質問をするだけなの」

「その人が会社で働いているモチベーションは『2年以内に会社の重役にやりたい』とか『大金持ちになりたい』だったり,『毎日早く帰って子供と一緒にいたい』という風に千差万別かもしれない。でも,それに対して私たちは彼ら自身が行きたい方向に向かってゆくことをサポートすることはあっても,彼らに『~すべき』とか,『~した方がよい』とは言わないの。それはその人の判断なのだから」

MH:
「GTDのシステムそれ自体の中に,他の仕事術にあるような『価値観』などの『~すべき』という部分は意図的に含まれていないように設計されているのですね」

DA:
「その通りだ。そこには『人はすべて自分らしく,自由で,平安に生きることを望んでいる』ということが前提となっているんだよ。私に証明はできないけれども,今までに会った大勢の人の中で,そうした自由と自己コントロールが嫌だったという人には会ったことがないね。もしこの前提を認めるなら,GTDはそうした人間の基本的な欲求を実現するために設計されたんだ」

「たとえば頭をクリアーにすれば,平和で自己コントロールのとれた状態が生まれるけれども,それは君が周囲に生じている様々なタスクに適切に向き合っているからでもあるんだ。そして君が自分自身に向き合っているということは,自分らしく生きていることでもあるわけだ」

「しかしGTDはそうやって自分と向き合うことまではするけれども,『~すべきだ』というタスクの善し悪しについてのコンサルティングはしないように作られているんだ」

MH:
「なるほど…」

著者プロフィール

堀 E. 正岳(ほり E. まさたけ)

ライフハック,GTD,自己啓発などをテーマにしたブログLifehacking.jpの管理者。海外のブログを広く渉猟しているうちに見聞きしたことや考えたことまとめて,ちょっといい話にして紹介するのが何よりの楽しみ。ライフハックとは「自分を変える新しい習慣作り」をポリシーに,日々地味に更新中。

URLhttp://lifehacking.jp

コメント

コメントの記入