エンジニアのためのイベント映像活用方法

第3回 会議室における勉強会の中継方法とソーシャルストリームの活用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

前回はWebカメラとCamTwistを使った配信について簡単に説明しました。

今回はもう少し具体的なシチュエーションで,どのように配信するかについて話していきます。

会議室を使った勉強会

会議室などを使って,数十人規模の勉強会が開催されるとします。前方にはプロジェクターのスクリーンがあり,ちょっとした講演台があるような会場をイメージしてください。

この場合の「Ustream配信担当」のレイアウトを考えてみます。機材は前回のWebカメラなどを利用します。

この装備の場合,次のような方法を考えます。

  1. スクリーンを映す
  2. 発表者を映す
  3. 発表者とスクリーンを映す

まず,1の方法が「勉強会のUstream」でよく行われている方法かと思います。

図1 スクリーンを映すレイアウト

図1 スクリーンを映すレイアウト

最初はこういったイメージで,Ustreamへスクリーン映像を流すのが多く行われていました。私がこの方法でやっていた当時は,まだWebカメラの解像度が低く,かなり大きめの文字で作成された資料でないとUstream越しに読み取るのは難しかったのですが,最近のWebカメラは解像度も高くなって,そこそこ読めるのではないでしょうか。

次に2の「発表者を映す」というプランです。

図2 発表者を映すレイアウト

図2 発表者を映すレイアウト

最近は,勉強会での発表資料をSlideShareSpeaker Deckへ公開する方が増えています。その中でも講演開始時に資料公開され,手元で資料を見ながら発表を聞ける状態にしていただける方がいます。

この場合はUstreamでスクリーンの資料映像が映っていても,手元にも同じ資料があるため,あまり面白みがありません。ここはあえて発表者をメインに据えた映像を流すというのも手です。

最後の3のプランは,発表者の姿を映しつつスクリーンの資料も映すパターンです。

図3 発表者とスクリーンを映すレイアウト(1)

図3 発表者とスクリーンを映すレイアウト(1)

個人的には,この方法が最近のお気に入りです。スクリーンで資料の進捗状況を確認しつつ,発表者の話す姿の雰囲気をUstreamを見ている方へ伝えられるからです。中には身振り手振りを交えて発表をする方がいらっしゃるので,何が重要なのか,本人がどう思っているのかなどの空気感が伝わるような気がしています。

ただし,このプランの場合,Webカメラの性能にかなり影響を受けます。

スクリーンと発表者の位置関係にもよりますが,かなり広角に映せるものが必要になります。また,配信映像で資料が判読できるかどうかは,カメラの解像度に依存するところが大きいので注意が必要です。可能であれば事前にテスト配信してみることをお勧めします。

発表者のプライバシーの尊重について

発表者の中には,資料や声がUstreamに流れるのは良いが,ご自身の姿が映像に流れる(インターネット上に公開される)のは避けたいと考える方もいます。同様に写真撮影もしてほしくないと思われる方もいます。

このため,発表者には事前にUstreamで配信する旨を告知し,いわゆる「顔出し」がOKかどうか確認を取っておきましょう。

また,勉強会やカンファレンスの参加者にも発表者の希望を伝えましょう。比較的小規模(発表が数コマなど)であれば,その都度アナウンスすれば良いでしょうし,ちょっと大きめなイベントでは,視覚的に分かるようにするのも良い手だと思います。

例えば,毎年開催されているLLイベント(Lightweight Languageイベント)では,⁠赤いストラップを付けた発表者は撮影しないでね」というルールを設定しています。イベントの開始時や,該当する発表者の講演直前にアナウンスをし,プライバシーを尊重するための対策を実施しています。

レイアウトの自由度を上げる

ここまでの例では,配信者の近くにWebカメラを設置していましたが,発表者の様子をもう少しダイナミックに映したいときもあるはずです。

Webカメラにズーム機能があれば解決しますが,そのような機能がない場合はUSB延長ケーブルと両端クリップを使うことで実現可能です。

図4 発表者とスクリーンを映すレイアウト(2)

図4 発表者とスクリーンを映すレイアウト(2)

USB(2.0まで)の規格では「ケーブルは最長5mまで」という制限があるのですが,各社からその制限を超えた長さの延長ケーブルが発売されています。

私も実際に5mの延長ケーブルを2本使って,10mにして利用したことがあります。ただし,⁠規格外」なので動くかどうかは試してみるしかないのですが…(またこれも賭けの世界です)⁠

両端クリップとは,これが一般名称か分からないのですが,次の写真のように,自由に動くアームの両端にクリップが付いた製品のことです。

図5 両端クリップ

図5 両端クリップ

この片側を講演台に挟み,もう片側にWebカメラを挟んでレイアウトします。

実際の現場では,こういった機器レイアウトは,なかなか大変だったりもするのですが,うまく設置できた場合には面白い映像を配信できるかも知れません。

また,クリップで挟めない場合には「養生テープ」で固定するという荒業もあります。

図6 養生テープ

図6 養生テープ

ものを固定する場合,⁠ガムテープ」の利用を思いつく方も多いのではないでしょうか。固定する期間が長い場合は,ガムテープの粘着力は頼もしいのですが,一方で,それを剥がす際に塗装も一緒に剥がしてしまったり,糊が残ってしまう場合があります。施設の持ち主の方へ迷惑をかけてしまいますので,ガムテープの利用は避けましょう。

養生テープは,引越し作業などで良く利用され,家財をキズを付けにくく,また糊も残りにくい低粘着のテープです。ホームセンターなどで手に入りますし,ネット通販でも検索すると出てきます。また100円ショップでも取り扱いがある場合がありますので,探して入手しておくと良いでしょう。余っても引越の時に使えます。昨年の引越時,実際に使いました(笑)

また,養生テープは,クリップ等の固定だけでなく,床に這わせた配線の固定にも利用します。

人が移動しそうな場所へ延長ケーブルなどの配線をする場合には,足を引っ掛けないように養生テープで保護しておくのがベストです。足を引っ掛けてしまった人が転ぶ可能性も潰せますし,何よりそのケーブルと接続されているパソコンその他の機材が机から落下する悲劇を避けることができます。

ただし,ちょっと大きめのイベント会場などでは「壁や床へのテープ貼り付け禁止」というところもありますので,会場の方の指示に従いながら対処しましょう。

TwinPact 100

私が勉強会の中継を始めた頃は,前述の「スクリーンを映す」パターンからスタートしたのですが,当時のWebカメラでは細かな文字は判読できない状態でした。

そこで使い始めたのが,Grass Valley社(購入当時はCanopus社)TwinPact 100という製品でした。

この製品を発表者のPCとプロジェクターの間に設置すると,発表者がプロジェクターへ表示しているそのままの映像をUstreamへ流すことができるのです。

図7 TwinPact 100

図7 TwinPact 100

特にUstream用として発売された製品ではないのですが,これを使うと(当時としては)画期的に読みやすい資料映像を配信することができたため,Ustream好きな人達の間では大ヒット商品となりました(自分の観測範囲はたいして広くないですが…)⁠

既にTwinPact 100は生産終了していることと,接続端子がFireWireなのでMacBook Airでは利用しにくいことから,今から新たに導入するのはあまりお勧めしませんが,⁠名機」であったため,ここで紹介しました。

著者プロフィール

鈴木則夫(すずきのりお)

株式会社クロコス所属ではあるものの,本連載と業務とは特に関係がない。

個人的な興味として,勉強会やカンファレンスのUstream配信を行なってきており,ときおり「KaigiFreaks(配信班)」の名の元に活動している。

「suzuki」というアカウントを取得するのが好き。

Web日記:http://suzuki.tdiary.net/
Twitter:@suzuki
GitHub:https://github.com/suzuki

コメント

コメントの記入