エンジニアのためのイベント映像活用方法

第4回 大規模イベントでのUstream配信の設計(その1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

前回は会議室で行われる勉強会についての配信レイアウトや,勉強会を盛り上げるためのソーシャルストリームについて取り上げました。

今回はもう少し大きめのイベントを想定して,どのようにUstreamを設計していくかについて解説します。

「大きめ」のイベント

ここで言う「大きめ」のイベントとは,PHPカンファレンス日本Ruby会議などの「参加者が数百名規模」で,⁠広い会場で発表が行われる」タイプのイベントを指します(他にも大きめのイベントありますが,私が直接関わっているものに絞って言及しました)⁠

この規模のイベントだと,収容人数が数百人もある大きなホールで開催されています。

図1 会場の例

図1 会場の例

発表者はステージ上の演台に立ち,その資料はステージの巨大スクリーンに映し出します。客席はステージから後方に向かって徐々に上へ向かって伸びていくようになっており,演劇や映画を観るような会場です。

このような会場では,客席の一部にUstream担当のブースを作ってそこから配信図のパターン1したり,舞台袖にブースを設置して機材を並べてパターン2配信したりしています。

図2 会場のレイアウト例

図2 会場のレイアウト例

これらのレイアウトでは,Webカメラだとそこに映るスクリーンや人がかなり小さくなってしまうため,ズーム機能に優れたビデオカメラを利用することにしています。

また,ビデオカメラは単体で「録画」ができます(当たり前ですが)⁠

配信時にトラブルがあって,Ustream側の録画がうまく保存できなかったとしても,ビデオカメラ内の録画データさえ残っていれば,後日録画アーカイブを公開する際にリカバリすることができます。

連載の第1回でも言及したとおり,イベントの模様をライブすることも魅力ではありますが,当日参加できなかった人や後からイベントや該当の技術を知った人のために録画データを公開することも大切なことだと思っています。

そのような観点からも「録画データの冗長化」⁠Ustreamでの録画+ビデオカメラの録画)はとても大事なポイントになります。なにより担当者としては「片方が失敗してもなんとかなる」と思えるため,とても気持ちが楽になります。

エンジニアのみなさんなら,冗長化しておく重要さ,良くわかりますよね?(笑)

ビデオカメラの選び方

ビデオカメラと言っても,TV局が放送用に使っているような大きなカメラを用意する必要はありません。家電量販店のビデオカメラコーナーに並んでいるタイプのもので充分です。

スペックとしては,次のキーワードをクリアしているものであればUstream用途として満足のいく性能を発揮します。

  • ハイビジョン画質
  • 光学10倍以上のズーム
  • HDMI出力端子装備
  • マイク入力端子装備

まず「ハイビジョン画質」についてですが,最近のビデオカメラであれば自動的にクリアしていると考えて良いでしょう。あまりにも一般的すぎて,今では広告などであまりウリにしていないかもしれません。

次の「光学10倍以上のズーム」は,発表者やスクリーンから離れた位置にビデオカメラを設置するために必要な機能です。⁠◯倍」の数字が大きいほど,離れた位置からの撮影が可能になるわけですが,私が所有している「光学12倍」の機器でもかなり離れたところから撮影ができています。

最近の機種では最低でも光学10倍程度はあるようですので,特に心配しなくとも大丈夫そうです。

「HDMI出力端子装備」は,ほぼすべての機種にも装備されています。ただ,ここは少し気にしておく点があります。

HDMIで出力される映像データに,ビデオカメラのインジケータ表示が「出ないこと」を確認しておきましょう。私自身はそういった機種を使ったことが無いのですが,一部の機種ではビデオカメラ本体の液晶画面に標示されるインジケータ類が,そのままHDMI出力にも出る機種があるとの話を聞いたことがあります。

図3 HDMI出力

図3 HDMI出力

実体験をしていないため,あくまでも想像図になりますが,購入してから気がつくと悲しい思いをしてしまいますので,家電量販店などで確認しておいたほうが良いでしょう。

最後の「マイク入力端子装備」については,マイク入力端子を装備していないソニーのハンディカムHDR-CX520Vを私が自分で使っていて「あれば良かったのに!」と思うことが何度かあったので挙げておきました。

マイク端子があれば,離れたところの音声を取りたい場合に,ECM-AW3のようなワイヤレスマイクを利用することができます。

これらの点(特にHDMI出力)について注意しながら,後はご自身の利用方法と予算にしがたって,機種を選んでみてください。

ところで,この記事を執筆するために各社のビデオカメラの機能一覧ページなどを眺めていたのですが,最近はビデオカメラ単体でUstreamへの配信ができるモデルもあるんですね。これを購入してしまえば,ここから先の記事は読み飛ばして良さそうな気もします…。

コラム : デジタル一眼レフカメラの動画機能

最近のデジタル一眼レフカメラには動画撮影機能が付いているものもあり,その映像表現の豊かさから人気が出ているようです。

本体にHDMI出力があれば,デジタル一眼レフでもUstream配信に利用できるかと思います。ただし,数時間の録画ができるビデオカメラとは違い,デジタル一眼レフでは連続撮影(録画)時間が30分未満となっているものがほとんどのはずです。

一般的に30分~60分をひとコマとするイベントが多く,発表中に配信・録画が切れてしまう恐れが強いため,Ustream用途としてはあまりオススメしません。

デジタル一眼レフでの動画撮影時間がなぜ30分未満なのかは,長時間撮影をすると,カメラ内部の発熱により悪影響が生じるためと説明されていることが多いようです。また,30分を超えると関税の種別が「ビデオカメラ」扱いになり,スチルカメラよりも比率が重くなるため,意図的に短くしているのではないか?という話もあるようです。

著者プロフィール

鈴木則夫(すずきのりお)

株式会社クロコス所属ではあるものの,本連載と業務とは特に関係がない。

個人的な興味として,勉強会やカンファレンスのUstream配信を行なってきており,ときおり「KaigiFreaks(配信班)」の名の元に活動している。

「suzuki」というアカウントを取得するのが好き。

Web日記:http://suzuki.tdiary.net/
Twitter:@suzuki
GitHub:https://github.com/suzuki

コメント

コメントの記入