ただのメモでは勿体ない!Evernoteに人生を記憶しよう

第4回 Evernoteの情報を整理しよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回は,Evernoteに情報をインプットする様々な方法について紹介しました。きっと皆さんのEvernoteにもノートがたまってきた頃でしょう。そこで今回は,"作成したノートを整理する方法"と"情報を引き出す方法"について紹介します。

Evernoteで情報を立体的に整理しよう!

第1回でも簡単に説明しましたが,Evernoteには"ノートブック"と"タグ"という2つの整理方法があります。ノートブックは情報をグループに分類して把握しやすくするための仕組みであり,タグ付けは情報一つ一つに対してキーワードを付与して後から見つけやすくするための仕組みです。概念的にはノートを縦軸,タグを横軸と捉えて,立体的な情報整理を行うためにあると考えるとよいでしょう※1)⁠

この2つの整理方法はどちらが優れているというものではなく,ご自身の情報に対するアプローチに即した形で,2つの方法のいいところを組み合わせながら,効率的に情報を管理するための仕組みを構築していくことが大事になります※2)⁠

図1 ノートは縦軸,タグを横軸と考え立体的に情報を整理しよう。

図1 ノートは縦軸,タグを横軸と考え立体的に情報を整理しよう。

※1
縦軸もタグで整理する人もいるかもしれませんが,実現方法は人それぞれあってしかるべきだと思います。
※2
仕組みの構築については次回詳しく紹介する予定です。

ノートブック

ノートブックは,ノートに対して一つだけ設定することができる分類項目です。情報を意味ごとにグループに分けることで,情報の所在や意味をかたまりとして把握しやすくなります。例えば,時系列順に並べて情報を追いかけたい時などに,便利な分類方法と言えるでしょう。

ノートブックを使って分類する場合には,以下のように属性の重なりがないグループで分けるとよいでしょう。

  • 自分の役割:会社員,夫,父親など
  • 情報の種類:参考資料,アイデアメモ,Blog下書きなど
  • ステータス:未着手,作成中,完成など

図2 ノートブックは情報をグループに分ける分類方法

図2 ノートブックは情報をグループに分ける分類方法

タグ

タグは,作成したメモに対していくつでも設定することができる分類項目です。情報に対してキーワードを付与(意味付け)することで,後からその情報を見つけやすくすることができます。タグを用いれば,ノートブック内の情報をさらに絞り込んだり,複数のノートブックを横断した検索を行うことも可能になります。

以下に,情報へタグ付けを行う際のヒントをいくつか挙げておきます。

  • 5W1Hタグ:いつ,どこで,だれが,なにを,なぜ,どのようになどをタグ付けする
  • 感情タグ:うれしい,かなしい,かわいい,すごい,ひどいなどの感情をタグ付けする
  • プロジェクト:C社向け開発プロジェクト,A社広告コンペなどのプロジェクト単位でタグ付けする

図3 Beckにタグ付けしてみるの図。対象から連想されるキーワードをくっつけると良いですよ。

図3 Beckにタグ付けしてみるの図。対象から連想されるキーワードをくっつけると良いですよ。

著者プロフィール

北真也(きた しんや/beck)

普段はモバイル業界でシステム開発に従事。ライフハックブログ「Hacks for Creative Life!」を主宰し,EvernoteをはじめとしたクラウドサービスやiPhoneを使って仕事や生活をもっと快適にできないかを日々探求中。その他,手帳術,メモ術,文房具が大好物。

Twitterhttp://twitter.com/beck1240
Bloghttp://hacks.beck1240.com/

コメント

コメントの記入