モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第18回 [他責]から[自責]の議論へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

こんにちは。グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。ここ最近,私のグラフィックの中にも,「不況」「先が見えない」「業績悪化」「人員削減」といった言葉から描く絵が本当に増えました。

そこで今回は前回の予告では引き続き[リーダーシップ]を発揮する人の絵の世界の楽しみ方=ポジティブな” 議論の引っ張り方を紹介するつもりでしたが予定変更!),じつは世の中の会議の大多数を占めているかもしれないネガティブな空気と発言が飛び交う議論の現場で,それを絵にしたときに起きる変化を紹介します。

ここでちょっとこんな会議室を想像してみてください。「社会のせい」「会社のせい」「上司のせい」。[リーダーシップ]とは真逆の立場から,他人のせい,他の出来事のせいにした[他責な発言]が,議論の合間合間に聞こえてくる会議室です。

  • 「そうはいっても,こんな景気じゃどうしようもないよ」
  • 「会社がどうしたいのか決めてくれないと,ここで何も決められない」
  • 「そもそも,上司の意見がバラバラ,ぐらぐら,ハッキリしない」etc.

これが居酒屋での会話ではなく,会議室での会話であったとき,あなたならどんな絵を描きますか?

みんな大好き!「できない理由」「ダメ出し」発言

グラフィックファシリテーションを始めた当時の私は,こうした愚痴まじりの発言を絵にすることをどこかためらってました。そもそもその大半が,議論のちょっとしたすき間にポロッと聞こえてくる一言です。実際その場で大きく扱われることもなく,流されてしまう言葉。議論をゴールに押し進める発言にも聞こえてこない。「後ろ向きな絵を描いてみたところで,未来を見据えたこの場には必要ないのでは」と思ったり。

でも一方で,そのポロッと聞こえてくる一言が,とっても気になってしょうがない。今思えば,それは,会議の進行や合意形成を大きく邪魔している何かを教えてくれる大事な言葉でした。ただ当時は,「こんな暗い絵に囲まれても,だれもうれしくないんじゃないの?」と会議の場に気を遣ってた私もいました。 だって,とにかく絵にすると…暗いんです。 だれかの発言を批判したり,会社のせいや世の中のせいにした居酒屋議論。飲んで,くだまいて,解決する気もなく堂々めぐりの会話をしている赤ちょうちんの絵になっちゃうわけです。

でも,その私の思い込みが,じつは違ったんです。その居酒屋の絵は,とってもとってもとっても(!)皆さんにウケました。

「じつは私も…」自分だけじゃなかった,が嬉しい!

  • 「まさに今の俺たちって,こんな感じ!」

どちらかというと,その絵を見せられたみなさんは,とってもうれしそうなんです。

今では私も,拾える限り,すべての愚痴や不平・不満も,何の遠慮もなく描き留めます。そのときの絵は,黒ペンだけで描いた暗く汚い絵になったりもします。人の顔も怒ったり不満げな表情ばかりで,紙面には不平不満のセリフだけがひたすら掃き溜めのように積もることもあります。それでも,その絵を生み出した張本人である皆さんたちは食い入るように見て,また楽しそうに会話を始めるんです。

そして,ある瞬間から,今度は別人のように,みずから自分たちで未来を語り出すんです。さっきまで他人のせい,何かのせいにしいていた人と同一人物とは思えないぐらい。「じぶんたちが」「われわれが」[自責の発言]に変わってくるんです。

[他責な発言]を散々繰り返していた人たちが,どうして「じぶんたちが」「われわれが」[自責の発言]に変わってくるのでしょう。[他責な発言]をすること自体は,悪くありません。私だって言ってます。でも,[他責な発言]ばかりが続く議論は避けたいですよね。彼らの中に何が起きているんでしょう。ここで,ある研修で描いた絵をご紹介します。

下の絵は,ある企業の管理職研修で描きました。社内で大量のメールと,会議のための資料作りに追われている様子を描いています。

画像

  • 「とにかく忙しい」「時間に余裕がない」
  • 「メールがものすごく多い」「CCがやたらと多い」
  • 「社内に会話がない」「静か」「雰囲気が暗い」
  • 「メールと会話している」「挨拶すらしてない」

続いて下の絵は,みんながパソコンに向かって仕事をしていますが,一人一人に目に見えないバリア(点線)が張られている様子を表したものです。後ろを振り返る人からは,その人が何をやってるかわからなくて声もかけられない。

画像

  • 「隣りの人が何をしているかわからない」

そんな「不信感」が,この見えないバリア(壁)のせいで,紫色のモヤモヤとなって増幅し,でも行き場を失って,気分の悪い煙となって社内に充満しているイメージで描いています。そんな状態をさらに詳しく描いたのが次の下の絵です。

画像

いつしかお互いの間に立ちはだかる心の壁。きっかけはほんの些細なコミュニケーションの欠落。でも,この壁が,心の中で思ったことを言わないままでいる状態を引き起こし,その思いだけが溜まる一方。空気は紫色に淀み,社内を曇らせて,ますますお互いのことを見えなくしている不健全な状態です。見ていてとっても息苦しそう。

そして,こんなふうに,ムスッとした人や慌てて目を回している人など,辛い表情の人ばかりが登場する絵の前に,皆さんは立ち止まって,指を差し,「そうそう!」とどこか面白がって感想をその絵に重ねていくんです。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

  • ???

    今回の話は私にとっては「???」でした。

    みんな大好き!「できない理由」「ダメ出し」発言。
    これはよくわかります。
    それが自責の発言にそんなにうまく変わるのか?
    経験がないので正直よくわかりません。
    カギは「課題の共有」「現状認識」というのはわかるんですが・・・
    人の振りみてわが振り直せってことなんでしょうかね?
    他人の粗はよく見える、とか?
    本音をさらけ出すところから議論が始まる、とはいわれますが・・・・

    Commented : #2  くろめがね (2009/01/03, 13:58)

  • 面白い!

    たしかに大なり小なり【他責の言葉】はネガティブな気持ちにさせられますね。言っている本人も聞いている周囲も。

    飲み屋で言うなら【愚痴や陰口】、会議で言うなら【不満】。単なるづトレス発散ではなくて、紙面に書いて定着させて共有し、いつでも振り返れば自分が発した【他責の言葉】に自覚と責任を持ち始めるのかもしれませんね。

    うんうん。溜まって灰色からドス黒くなる前に、共有して、新たな明るい一歩に踏み出す組織でありたいです。

    自戒の念も込めて(笑)

    Commented : #1  rascal (2008/12/20, 14:00)

コメントの記入