モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第32回 よく描く絵「こうあるべきだ!」の『べきだ枠』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

こんにちは。グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。前回に引き続き,⁠また同じ絵が描けてしまった!」という現象をご紹介します。会社やテーマ,集まるメンバーもまったく違う会議の場から,絵筆を通して世の中に共通している何かが見えてきます。

今回は,ある「枠」が何度も描けてしまうという話です。もしかしたら,わたしも皆さんも,知らず知らずのうちに入り込んでしまっているのかもしれません。

「○○であるべきだ」「べきだ枠」

「窮屈な枠」の中に,だれに押し込められたわけでもなく,自ら入ってしまっている…。次のような絵を本当によく描きます。

画像

※上記画像はクリックすると拡大して見ることができます。

この絵が描けたときの議論を思い出してみると,必ず○○であるべきだ○○であらねばならないという発言が聴こえていました。

例えば次の絵は,ある会議室の様子です。

画像

※上記画像はクリックすると拡大して見ることができます。

この絵が描けたときの会話は,⁠会議という場は『きちんと順序立てて話さなければいけない場なので,つい黙ってしまい,何も発言しないまま終ってしまう ⁠しかし今日体験した⁠対話⁠という場では,感じたままに話をしていいので楽しかった!)⁠というものでした。

ほかにも次のようなやりとり:

  • 「会議で発言するときは,整理して話さなければいけない
  • 「起承転結をまとめて,発表するべきだ
  • 「結論から言うべきだ
  • 「ダラダラと話すべきではない
  • 「きちんと話さなければいけない

といった会話が聴こえてきて「窮屈な枠」に囚われた人の絵が描けました。

「枠」にじぶんをはめ込んで,窮屈そうにしている人の絵を本当によく描くため,そのうちわたしの中ではこの「枠」「べきだ枠」と呼ぶようになりました。

今では,絵筆を動かしているときには気づかなくても,後でグラフィックフィードバックをするときに絵巻物の中に見つけては,⁠あ,また『べきだ枠』が描けている!」と言っています。

じぶんから入り込んでいる窮屈な「べきだ枠」

○○であるべきだ○○であらねばならないという「べきだ枠」に囚われている人たちの表情はいつもどこか冴えません。そして,そこからなかなか抜けられないでいる人たちの絵が描けます。

画像 画像 画像

※上記画像はクリックすると拡大して見ることができます。

例えば,あるAさんの発言。

「メールをしたら,返信するのが当然だ(なのに上司が返信をくれない!)⁠

このときも「べきだ枠」が描けてきました。⁠メールを受け取ったら返信するべきだという「べきだ枠」に囚われているAさんです。

第三者の立場から聴いていると,Aさんのその上司は,もしかしたら「一日会議ばかりでパソコンを開く時間がない」のかもしれないし,⁠毎日100通以上のメールが届いている」のかもしれないし,⁠大切な用件は口頭で伝えてほしいと思っている」かもしれない…などと,いろいろ考えられます。第三者という立場からなら,Aさんが「べきだ枠」にハマっているのは容易に想像がつきます。

しかし,このことが,いざ自分のことや自分が所属する組織や会社のこととなると話が違います。そんな「枠」というものが存在していることすら知らない・気づいていない。そもそも,じぶんが何かに囚われているとは思いもしません。それでも,知らず知らずのうちにハマってしまっているのがこの「べきだ枠」です。目には見えないやっかいな「枠」です。わたし自身も普段は第三者の立場で聴いているからこそ描けるわけですが,当事者であったら描き出せないと思います。

画像

※上記画像はクリックすると拡大して見ることができます。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

  • みえないバリアですかね

    こうあるべきだ、という思い込みはきっと誰にでもあるのでしょうね。不文律とか暗黙の了解とか、いわなくてもわかるだろ?とか。そういうのは会社だけでなく家族の間にもたくさんありそう。こわいこわい。

    Commented : #1  くろめがね (2010/06/20, 14:50)

コメントの記入