モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第33回 「こうあるべきだ!」から解放されたときによく描く絵

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

こんにちは。グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。

前回は,「こうあるべきだ!」という「べきだ枠」がだれにでもよく描ける話を紹介しました。「こうあるべきだ」を他人に押しつけたり,自らそれに囚われてしまったりと,だれもが無意識のうちにしているようです。

そんな絵を見るにつけ「人間だもの,しょうがないよね」と感じるようになったわたしは「⁠べきだ枠に囚われることは悪いことではない」のだなあとも思うようになりました。

それにしても本当に人それぞれに,いろいろな「こうあるべきだ」と思い込んでいる十人十色の「べきだ枠」が描けるのですが,自分ではなかなか気づけないのも「べきだ枠」です。みなさん自身,自分にはどんな「べきだ枠」があると思いますか?

画像

※上記画像はクリックすると拡大して見ることができます。

目には見えない「べきだ枠」「気づいた」ら,楽になった!

「わたし自身はどんなべきだ枠に囚われているのかな?」

とよく考えるようになりました。本当にいろいろありますが,例えば,わたしは「準備は100%完璧にするべきだとか「少しでも可能性があればその選択肢を捨てるべきではないといった「べきだ枠」をよくつくりあげているなあと気づきました。

以前は夜中までかかって明日の仕事の準備をしている自分に対して「どうしてこんなに仕事が遅いのだろう」⁠ダメだなあ」という気持ちがいつもモヤモヤとついてまわっていました。

でも「べきだ枠」「存在」「知って」から,⁠ああ,またべきだ枠に囚われていたのね,わたし!」と思えるようになりました。⁠準備は100%完璧にするべきだという自らがつくりだした「べきだ枠」に自分からハマっていたんだなと,自分を俯瞰できるようになったら,なんだか気持ちが楽になれたのです。

今でも,ついつい時計が夜中の2時,3時を回ってから「やってしまった」と気づくことがほとんどですが,「べきだ枠」に囚われることは悪いことではない」ので,⁠ま,これがわたしだから,しょうがないのダ!」と思えるようになりました。するとこれまでのモヤモヤ感とは違う,晴れ晴れとした感じがあるのです。

また,自分には「少しでも可能性があればその選択肢を捨てるべきではないという「べきだ枠」を,他人に押しつけてしまう癖があるとも気づきました。わかりやすい例でいえば,彼女にフラれた男子に,少しでも可能性があるなら「リベンジ! リベンジ!」と発破をかけてしまうわたし。今思えば傷心の彼にはまったくアドバイスになっていなかったと思いますが,⁠べきだ枠」「存在」「自覚」すると自然と言わなくなるから不思議です。

癖でついまた「べきだ枠」を押しつけることも,自ら入り込んでしまうこともありますが,⁠べきだ枠」「存在」「思い出す」だけで,途中で止めることができるようになったのは大きな進歩だと思っています。「べきだ枠」「存在」「知らない」まま会話していた自分よりは,ずっとましかなと思います。「べきだ枠」「存在」「気づけた」だけでもう御の字! なわけです。

その「存在」「気付き」さえすれば,抜け出せるのが「べきだ枠」

「べきだ枠」「存在」「知った」わたしと「知らない」ままでいるわたしとでは大きな違いがあるのです。実際,「べきだ枠」が描けた後に,続けて描いた絵があります。

画像 画像

※上記画像はクリックすると拡大して見ることができます。

囚われていた「べきだ枠」から抜け出した瞬間の絵です。 これらの絵を見直してみると, 囚われていた「枠」に自ら「ハッと気づいた」という,ただそれだけの絵なのです。ですが,ほんのすこし前までは,まさかそんな窮屈な「べきだ枠」にハマっているなんて思ってもいなかった本人としては,その「枠」「存在」「知った」こと自体が大発見!という絵です。⁠枠」「存在」「知った」⁠気づいた」というだけで,⁠枠」を手にしている絵が描け,するりと「枠」から抜け出せる絵が描けました。

そして,続けて描けたのが次の絵です。⁠枠」から抜け出し,未来に向かって走り出す絵や,鳥のように自由に未来に向かって飛び立つその絵は,とても活き活きとした表情が描けました。「こうあるべきだ」から解放された絵です。⁠○○であるべきだ」⁠○○であらねばならない」といったこれまでの会話とはまったく違った,「わたしは自由だ」⁠新しいことに挑戦する」⁠○○をやりたい」⁠○○でありたい」といった会話が聴こえてきました。

画像 画像 画像

※上記画像はクリックすると拡大して見ることができます。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

  • べきだ枠、怖い

    知らず知らずのうちにはまっているのがべきだ枠なのだとすれば、それはとても怖い。

    人と話している時に、「こっちの話が全く通じていないな」と感じることはあります。お互いに自分が正しいと思い込んでいると、議論がかみあうはずもありません。

    と、思っている自分自身が枠にはまっているかもしれないのだから、コミュニケーションというやつは本当にやっかいなものですね。なにしろ相手に対して「この人は自分の枠からでてこない」とか思っている時に、当の自分自身に対しては無防備なことが多いですから。相手が枠にはまっていると思い込んでしまうという枠。

    Commented : #1  くろめがね (2010/06/20, 15:05)

コメントの記入