第3のスマートフォンの追撃やいかに―HTC Trophyレビュ―

第4回 HTC Trophyに迫る「アプリ編」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ひとまず最終回です

前回は,OS編と称してWindows Phone 7のシステム周りのご紹介しました。

ご紹介したように,コピー・ペーストとマルチタスクは実装されていませんが,2011年の早い段階でメジャーアップデート(Windows Phone OS 7.5)が予定されていると噂され,これで実装されるだろうとされています。

コピー・ペーストは予想の範囲(ただし,iOS,Androidともに使いやすいインタフェースとは言えないので,どう実現するのかは楽しみです)ですが,マルチタスクに関しては,OSにAPIが追加されるとの話もあり,アプリがそれに対応する必要があるようなので,iOS 4のような部分的なマルチタスク(アプリの状態を待避して,アプリを切り替える機能)に近いマルチタスクを実現しているのかもしれません。

Microsoftは,追撃態勢に切り替わると非常に強い会社なので,メジャーアップデートが非常に楽しみです。

さて,今回は,HTC Trophyに搭載されているアプリをご紹介します。

お馴染みのInternet Explorer

内蔵ブラウザは,お馴染みのInternet Explorerで,タブブラウザとなっています。

そのタブは,画面の上や下に表示されるタイプではなく,iOSのSafariのように別画面に切り替えて,表示タブの切り替えや追加・削除を行います。

レンダリングの設定は,モバイルバージョンとデスクトップバージョンがあり,デスクトップバージョンでサイトにアクセスすると,ページが画面いっぱいに縮小されて表示されます。気になる部分をダブルタップすると,そこが拡大されて表示されます。拡大・縮小の挙動は違和感がなく,ニュースの記事部分をダブルタップすると,画面の横幅いっぱいに記事部のテキストを拡大して表示します。

ズームやスクロールは,キビキビ動作し指の動きに即座に追従するので,操作していると気持ちよいくらいです。ピンチイン,ピンチアウトの操作に対応しており,スムーズに拡大・縮小が行われ,操作を止めた後の画面のフォーカスが合うまでの時間もあっと言うまで,すぐさま次の操作に移ることができます。

良い所ばかりではなく,煮詰めが足りない部分も見当たります。

まず,ブラウザで良く見かける戻るや進むのボタンがありません。戻るは,ハードボタンがその役割になりますが,アプリをスイッチして別のアプリを使った後戻ってくると,履歴の情報がリセットされていることがあり,前のページに戻りたいと思い,ハードボタンの戻るを押すと,前のアプリに切り替わることがあります。また,本体を横に向けるとブラウザも横向きで表示されるのですが,アドレスバーやメニューが表示されないので,何か操作をしたいと思った時は,画面を一度縦向きにして操作する必要があります。

新しい切り口のpeople

Windows Phone 7は,Facebook, Gmail, Google Contacts, Google Calendar, Windows Live, Yahoo! Mail等多くのネットワークサービスに標準で対応しています。

後発だけあり,ソーシャルサービスやメジャーサービスとの統合度合いは高く,それぞれのアカウントを設定すれば,簡単に同期が取れるようになっています。

また,それらのサービスを統合して扱うアプリがあり,たとえばpeopleタイルには,FacebookとGoogleのアカウントを設定すると,FacebookのニュースフィードやGoogle Contactsで管理しているアドレスが統合されて表示されます。サービスごとの専用アプリを使って管理し,それぞれの操作を覚えて使うのでなく,別角度の切り口(peopleであれば,人)でサービスを統合して,同じ操作で扱えるのは新しい感覚です。

個性的なMusic & Video

Music & Videoタイルには,音楽,ビデオ,ポッドキャスト,ラジオが統合されています。

ユーザインターフェースは,MicrosoftのZune HDプレイヤーと似ており,音楽であれば,画面上部をスクロールすると,アーティスト,アルバム,曲,プレイリスト,ジャンルでライブラリを表示します。

再生画面は,大きめのフォントが設定されたアーティスト名と曲名が画面上部にあり,その下にジャケット写真が表示されます。iPhoneコンプレックスが感じ取れるユーザインターフェースではなく,マガジンスタイル風の独自のユーザインターフェースとなっています。さすがにiPhone風のユーザインターフェースは,新鮮味が薄れて来たのでWindows Phone 7のインターフェースは,新鮮で特別なアプリを使っているような感覚になります。


ラジオは,FMラジオの視聴ができます。その視聴には,アンテナを兼ねる付属イヤフォンを使う必要があります。と,普通ならば,これで終わってしまうのですが,海外製の端末では珍しいことに,日本の周波数帯に対応しています。スマートフォン向けにはrajikoクライアントが多くリリースされているので,電波を使ったラジオの需要はそう多くないかもしれませんが,視聴可能な地域が限られているので,対象地域外では活躍するかもしれません。

個性的なスマートフォン

すべての機能をご紹介出来ていませんが,当然ながらOfficeのファイルを表示や編集が行えます。仕事で使う場合は,これらのファイルが取り扱えることが必須なので,サードベンダのアプリをインストールすることなく,すぐに使える状態になっているのは他のスマートフォンにない魅力です。

Windows Phone 7は,iPhone,Androidが席巻しているコンシューマー市場に登場して,一年足らずなので,それらと比較すると,まだまだの部分も多く,現状ではその他大勢の存在ではありますが,Microsoft得意分野を活かしエンタプライズ系の機能が充実して来れば,牙城を崩し一大勢力となる可能性も十分考えられます。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入