無関心な現場で始める業務改善【シーズン2】

第1回 誰も出る杭になりたがらない

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

プロローグ

本連載は,2011年6月13日から2012年5月25日まで,全23回にわたり連載した無関心な現場で行う業務改善の続編です。

前シリーズでは,自分のことだけに一生懸命で改善活動には無関心な社員,現場に丸投げな経営層…,このような現場で業務改善を進め,自発的な改善を生むためのヒントをコンサルティング会社の視点でお伝えしました。続編となる"シーズン2"では,企業内の変革推進者の視点でお伝えします。

筆者は,業務プロセスの構築,標準化に軸足を置いた,企業変革のお手伝いをするコンサルティング会社を経営しています。本連載は,参考書籍となる上流モデリングによる業務改善手法には書かれていない,本邦初公開の泥臭い内容です。筆者自身の原体験と当社の過去の事例をベースにして,"脚色をした物語"と"方法論・手法"を織り交ぜながらお伝えします。

皆さんも,ぜひ,主人公になったつもりでご覧いただき,日々の業務と照らし合わせながら,一緒に考えていただければ幸いです。

あらすじ

株式会社GHテクノロジーズは,今年で創業30周年を迎える中堅電子機器メーカです。パソコン用のグラフィックボードからスタートした同社は,パソコン周辺機器やネットワーク製品へ,最近ではスマートフォンの周辺機器にも進出をしています。

しかし,これといったエッジの効いた製品がなく,近年はアジア諸国の低価格製品に押され,経営的に厳しい状況が続いています。製造コストを下げるために,アジア諸国のEMS(Electronics Manufacturing Service)ベンダに製造委託を行います。ところが,製品不良・納期遅れが目立ち,徐々に顧客離れも進みます。会社としてはやむなく大規模な人員削減を行うことになります。このリストラにより,優秀なエンジニアは会社を去り,事業はますますシュリンクしていきます。最盛期の社員数は800名を超えましたが,今では500名ほどです。

主人公の佐藤崇(さとう たかし:33歳)は,同社開発部門で入社10年目を迎えるエンジニアです。元々,この会社で作っていた製品が大好きで入社しています。新人のころは,今の社長が開発部の部長を務めていました。世界初にこだわったオリジナル色が豊かな製品にこだわり,職場には活気がありましたが,それが今では見る影もありません。

社内のいたるところから,経営層への批判や不満の声が聞こえてきます。佐藤さん自身も仲間の退職を目の当たりにして,⁠このままでこの会社がダメになる!」と提言してきたものの,⁠別にいいんじゃない」というやる気のない課長の返事を受け,ガッカリすると同時に怒りすら感じています。

佐藤さんは,何とか昔のような活き活きとした会社で仕事をしたいと思っていますが,どうしたらよいのか答えが見つからず,日々,悶々と過ごしています。

まず,佐藤さんの会社,株式会社GHテクノロジーズの組織図と人物相関図を図1に示します。

図1 株式会社GHテクノロジーズの組織図・人物相関図

図1 株式会社GHテクノロジーズの組織図・人物相関図

誰も本気ではない

海外生産の製品不良率が高まったことから,品質管理部の召集の元,営業部,マーケティング部,製造部,そして開発部の各部長が,品質対策会議に集まっています。開発部からは,村瀬部長のほかには,杉本課長と一緒に開発担当者の佐藤さんも,オブザーバーとして参加しています。

  • 営業部部長:「不具合が発生するたびに,対策会議を開いているけど,この半年で4回ですよ。先月,やっとの思いで獲得した大口受注にも間に合わないじゃないか! まともな製品はいったいいつになったら作れるんだ?」

  • 製造部部長:「安いからといって,安易に海外EMSに飛びつくからこうなったんだ。言わんこっちゃない」

  • 品質管理部長:「一概に,EMSベンダの製造技術が低く不良を出しているとは思えない。事実,競合企業や大手A社も同じEMSベンダを使っている。当社ほどひどい製品不良の発生は聞いたことがない」

  • 営業部部長:「仮にそうであっても,実際に,当社では不良が出ているんだから,もうちょっときちんと品質管理をしてくれないと僕がお客様から怒られるんだよ!」

対策会議とは名ばかりで,皆,好き勝手を言い放題です。

自分は関係ない

  • 品質管理部長:「開発部として,何か良い案はありますか?」

  • 村瀬開発部長:「まずは製品不良の発生原因を見出すことが先決でしょう。製造工程で発生しているのか,輸送工程で発生しているのか?それによって,責任元が変わってくるでしょうし,解決策も異なるでしょう」

  • 営業部部長:「解決に時間がかかるのはごめんだね」

  • 杉本開発課長:「開発は常に納期との戦いです。原因追及に割く時間はありません。国内製造製品は不良はほとんどないので,海外EMSの問題じゃないですか?」

  • 品質管理部長:「それは違う。先ほど言ったとおり,当社以外ではほとんど不良は発生していない」

  • 製造部部長:「いっそ,国内工場で製造を一本化したらどうかなぁ?昔みたいに」

  • マーケティング部長:「それではコスト的に見合わないし,EMSは半年先の生産計画まで立てているから,急には止められないだろう」

  • 営業部部長:「とにかくお客様に頭を下げるこっちの身にもなってくれよ,まったく……」

(延々と時間ばかり過ぎていきます)

佐藤さんはオブザーブの立場なので,⁠いったいなんなんだ,この会議は。もっともらしいことを部長たちは言っているけど,何も解決になっていない」と心の中で思っていました。⁠こんな馬鹿げた会議を部長たちは毎回,やっているのか?会社がダメになるわけだ!」と腹立たしさをぐっと堪えていましたが,思わず,机を叩いて立ち上がります。

著者プロフィール

世古雅人(せこまさひと)

メーカにて開発エンジニアと半導体基礎研究(国の研究機関出向)の計13年を設計と研究開発の現場で過ごす。企業風土改革,組織・業務コンサルティング会社や上場企業の経営企画責任者などを経て,技術の現場あがりの経験や知識を活かした業務改善やコンサルティングなどに従事。

2009年に株式会社カレンコンサルティングを設立,同社代表取締役。現場と経営を巻き込んだ「プロセス共有型」のコンサルティングスタイルを推し進めている。

株式会社カレンコンサルティング

URL:http://www.carren.co.jp/

コメント

コメントの記入