決済会議

第33回 いよいよ ICカード対応が始まります!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

こんにちは,スマレジの山本です。秋ですね。

以前に,本連載第25回 EMV対応間近!?進化するスマホ決済サービスでご紹介したスマホ決済のICカード対応がいよいよ本格化してきましたので改めてご紹介します。

スマホ決済のICカード対応

カードリーダーをスマホのイヤホンジャックに接続して,クレジットカードをスワイプして読み取ることがスマホ決済の大きな特徴でした。

これまでのスマホ決済でのICカード利用

これまでのスマホ決済でのICカード利用

けれど,スワイプして読み取るよりももっとセキュリティ的に 安全・安心な,読み取り方式が今後の主流になりつつあります。

これからのスマホ決済でのICカード利用(読み取り方式)

これからのスマホ決済でのICカード利用(読み取り方式)

理由は簡単。カードの不正利用被害を防ぐためです。

クレジットカード業界のルールが変わり,今後 旧来のスワイプ型でカード決済を使用し,カードの不正利用被害が発生したとき,被害の損失責任がお店などにも問われることになってしまいます。

お店がカード被害の損失を補填する責任を負うのは非常にリスクが高いので,各社の対応に従ってお店の人は新しいリーダーに移行することをお勧めします。

各社とも対応が進んでいます

各社ともこの秋にはICカードリーダーに対応する予定となっています。

楽天スマートペイ

すでにスタートしています。

Coiney

「Coineyターミナル」という専用リーダーで2015年秋からスタートすると発表されています。

Square

SquareはPINパッド(4桁の暗証番号を入力するためのテンキー)がついていないタイプとなっています。読み取りはIC読み取り,本人確認は従来どおり署名(サイン)⁠

Airペイメント

リクルートが提供するスマホ決済サービス。11月からスタートする模様です。

もちろんスマレジペイメントも本年11月よりスタートします。

スマレジ・ペイメント

より良いサービスになるよう頑張ります~

経済産業省のデータ(家計の消費動向とクレジットカード利用(経済産業省))によると,国内のクレジットカード利用額は年々増加しているそうで,これからますますクレジットカードが普及してゆくことでしょう。

不正利用被害が減ることを願っております!

著者プロフィール

山本博士(やまもとひろし)

PLUGRAM,Inc. 代表取締役

大阪府岸和田市出身。もとはJava&Adobe Flashプログラマ,いまはiPad,iPhoneを用いたクラウド型POSレジ「スマレジ」などの運営を行っている。

http://www.plugram.co.jp/

コメント

コメントの記入