Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第16回 アイデアを実践してブラッシュアップ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

アイデアとプロトタイピング

アイデア流行りの今日この頃です。

ビジネスでも研究でも,アイデアの出し方をどうするか,というのが大きなテーマになっているようです。

筆者の場合,これまでの人生をふりかえってみると,アイデアはいつでもあふれるように出てくるほうなので,アイデアの出し方なんてのには,最近とんと興味がなくなってしまいました。

たとえばソフトウェアのアイデアなんてのは,ほとんど尽きることなく出てくるわけです。いちいちなんかのかたちに入れて展開するようなまどろっこしいことをする必要もないくらいで,もういくらでもだらだらと出てくる。

このところ,自分でもプログラムを作るようになったのですが,だいたい毎日使うものの大半は自作という状況になりつつあります。このあいだ,⁠PilePaperFile』プロジェクトでのソフトウェア一覧をご紹介させていただいたのですが,その後もテキストエディタ/ビューアーを作ったり,テレビ番組ビューアーを作ったりと,だいたい月に10本ペースで新しいソフトを作っている状況です。

ほとんど尽きることなく創作しつづけているわけで,いまさらアイデアなんていうのもおこがましいというかなんというか。研究的なプロトタイピングというのは,こういうことかと実践しているところです。ライフログの実践という点でも,データを蓄積し運用しながら,プロトタイピングしているというのは,なかなかおもしろい。

アイデアを愛でるより行動に移す

アイデアと行動をオーバービューしてみると,次のようになります。

アイデアを中心に行動のループを描いてみました。

アイデアを中心に行動のループを描いてみました。

アイデアの思いつき=メモ(メモの評価)フィージビリティ・スタディ=行動=行動の評価とループするとき,山崎正和のいうように,行動と思いつくのとのあいだには隔たりがあることに気づきます。

思いつき=メモ(メモの評価)フィージビリティ・スタディ=行動=行動の評価とループするとき,山崎正和のいうように,行動と思いつくのとのあいだには隔たりがあることに気づきます。アイデアを出したからといって,行動が変わるとは限らないのです。ひょっとすると,アイデアをメモして満足してしまう可能性もあるわけです。アイデアがあふれ るように出てくる場合には,実現までにタイムラグがありすぎる問題もあります。100年後に実現できても意味がないことはいくらもあります。コンピュータ関係の技術は特に寿命が短いでしょう。

これが,アイデアを出してもそれだけではだめだと考える理由で,アイデアを出すよりも,行動することのほうが重要だと考えるのです。

思いついたら即行動のほうがよいこともあります。たとえば筆者の行っているような研究的なプロトタイピングのプログラミングでは,アイデアは即座に実装して評価するほうが,アイデアを設計に落として評価してからプログラミングするよりは,ずっとアイデアの品質を向上することができる可能性があると考えています。

プロトタイピング用のツールが出ている,ということも,行動を優先する大きな理由のひとつです。

なんにしても,やってみなければ始まらないといってしまうと,なんだか妙な精神論みたいに聞こえてしまうかもしれないのですけれど。⁠できること」を積み重ねていくことで,ふといつのまにか,とても遠くまでやってきていた,ということはあるわけですから。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。