Lifelog~毎日保存したログから見えてくる個性

第51回 ハイブリッド・シソーラス・システム

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

使いやすいデジタル版のシソーラスがほしい

使いやすいシソーラスがあったら便利だと思っています。

シソーラスとは,類義語辞典のことです。⁠声高」⁠朗朗」⁠玲瓏」⁠絹を裂く」などが,同じようなジャンルとして並べられていて,文章を書く場合に,いろいろな言葉を探して,表現を豊かにするときに使います。

辞書モノの電子化は,電子書籍のなかでもひときわ相性がよく,すでにいろいろなシソーラスがあるのではないかと思うのですが,なにぶん使い慣れた紙の辞書に愛着があり,どうしたらうまくデジタル化できるか,と夢想し始めました。

ちなみに,インターネット上のシソーラス・サービスには,ざっと見たところで,次の3つがあるようです。

ひょっとして,これらのサービスを使うほうが現代的なのかもしれませんが,それはまた別の話として,とりあえず紙の辞書のほうから考えます。

Weblio|類語辞典<シソーラス・同意語辞書・同義語辞典>。インターネット上のシソーラスサービスのひとつ

http://thesaurus.weblio.jp/

同じくシソーラスサービスのひとつ,類語.jp

http://ruigo.jp/

じっさいにすこしだけ試してみたところでは,Weblioはやや数が少ない印象があり,類語.jpは会員登録が必要なのでめんどうそうで,一見様お断りな感じでした。

辞書大好き

シソーラスの書籍はふたつもっています。大修館書店の『日本語大シソーラス』と,角川書店の『類語国語辞典』です。

大修館書店の『日本語大シソーラス』と,角川書店の『類語国語辞典』⁠となりは式波・アスカ・ラングレーです。はい

類語国語辞典

今回ターゲットにしようと考えている角川書店の『類語国語辞典』⁠初版のときから愛用してきました

類語国語辞典

『類語国語辞典』はハンディな小型の辞書で,カバーに言葉の色マップがデザインされていて,初版発売時に購入したこともあり,とても思い入れがあります。

もうひとつの『日本語大シソーラス』は,いわゆる大辞典で,持ち上げるのも難儀,たぶん頭にぶつけたら確実に死人が出るボリュームです。

『類語国語辞典』には意味も掲載されていて,⁠日本語大シソーラス』は用例だけです。どちらを使うかというと,手軽さでは『類語国語辞典』⁠用例の豊富さだと『日本語大シソーラス』という感じでしょうか。

あ,こんなネタを書いているところからもう明らかですが,ご想像いただいているとおりで,ご多分に漏れずわたしも辞書フェチです。とくに三省堂の新明解国語辞典は,話題になる前から注目していたひとりです。

著者プロフィール

美崎薫(みさきかおる)

夢想家,未来生活デザイナー,『記憶する住宅』プロデューサー,記憶アーティスト。住宅,書斎,机をはじめ,ハードウェア,ソフトウェアの開発をプロデュース。著書『デジタルカメラ2.0』(技術評論社)など多数。

コメント

コメントの記入