会社で「ポエム」を綴ろう! ~ポエム駆動で理想を語ると社内の風が変わる!~

第4回 ポエムを飛び出して発展

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ピクシブでは「ポエム」によって開発が駆動しています。前回は,⁠ポエム」によって気軽な情報共有とそれを題材とした議論が活発に行われるようになった経緯についてお話ししました。現在では,esa.ioは実際の業務ツールとしてもう一段深く利用されるようになってきています。第4回は,現在のプロジェクト進行について,esa.ioがどのようにピクシブ社内で利用されているかについて紹介します。

プロジェクトと共に「ポエム」が書かれる時代

ピクシブではesa.ioというツールを利用しています。導入時におけるエンジニアの尽力や,会社組織の拡大を背景に,esa.ioというツールは社内に受け入れられました。また,idobataという社内チャットツールに投稿した「ポエム」が流れてくることで,開発メンバーだけでなく,社内のメンバー全員に最も読まれ,投稿されるドキュメント共有ツールとして働くようになりました。社内WikiやIssue管理システムと違い,プロジェクトに関わる全てのメンバーが投稿できるツールとなったことで,プロジェクトの進行と共に様々な「ポエム」がesa.ioに投稿されるようになっています。

では社内でのプロジェクトについて,どのような「ポエム」が投稿されているのでしょうか。

プロジェクトの進行フローは大まかに分けると以下の通りです。

  • アイディア出し
  • 企画立案
  • プロジェクトの進行

各々のタイミングでどのように「ポエム」が活躍しているかについて,その「ポエム」と共に紹介します。

アイディア出しについて

前回書かせていただいたとおり,pixivでは,普段の会話や飲み会などで出た新機能のアイディアや改善点を,自分の業務範囲に関わらず「とりあえずesa」として保存する習慣ができています。アイディア出しの基本は数を出すことですので,メンバー全員がアイディアを出せる「esa.io」は非常に強力なツールと言えます。

図1 esa.ioに投稿されるアイディアの例

図1 esa.ioに投稿されるアイディアの例

また,esa.ioには新機能・改善点以外にも,MTGの議事録・ちょっとした個人のメモ書き・各種勉強会のフィードバック・他社の知見,業務に関する知見など,メンバーが興味を持った様々な内容が投稿されています。もちろん自分の業務範囲外の「ポエム」も読めますので,メンバーが書いた「ポエム」に刺激されて新しいアイディアが生まれることも起きています。

図2 各種勉強会のフィードバック例

図2 各種勉強会のフィードバック例

様々な記事が投稿されている背景には,WIPという機能があることも大きいです。esa.ioには「WIP(下書き)⁠「Ship it(投稿)⁠の2つの投稿方法があり,pixivでは「Ship it」することで,社内向けチャットツールに共有されるように設定しています。この機能・設定のおかげでより気軽に,⁠とりあえずesa」に書いておいてWIPで保存し,後日きちんとまとめたうえで公開する,といった流れが生まれているようです。

企画立案について

企画立案に重要な項目の一つに,⁠誰のために」⁠何を解決する」プロダクトなのかをはっきりさせることがあります。この解決に対して「ポエム」は大きな働きを見せています。

そもそもpixivにおいて,⁠ポエム」とは下記として定義されています。

ビジネス文章としての整合性や第三者からの検証性を必ずしも重視せず,書き手自身の理想であったり熱意だったり危機感だったり,そういう何らかの感情の発露を自分の中で反芻してとりまとめた表現した文章や図面の事。

「ポエム」は自分の想いを人に伝えるものとして投稿されているので,⁠立案者が何を考えてその提案をしているのか?」があらかじめ文章化されています。一番核となる「プロジェクトの目的」がはっきりしているため,議論がしやすくなります。また画像や表なども自由に投稿できるため,その提案がどんなものなのか? のイメージが共有しやすいといった良さもあります。

企画を詰めていく作業についても,esa.ioは便利です。esa.ioにはコメント機能が存在するため,⁠ポエム」として投稿された案を詰めていく作業も,esa.io上で行うことができます。感触の良さそうな案・面白そうな案に対してはコメントが多く付く傾向があり,MTGや会議として時間を取らなくてもひとりでに企画が詰まり,ときにはデザイン案まで投稿されているケースもしばしば見られます。

図3 pixivチャット終了の際に生まれた「pixiv Sketch」の企画

図3 pixivチャット終了の際に生まれた「pixiv Sketch」の企画

また最近では,顧客調査や社内メンバーへのヒアリング・ユーザヒアリングの結果についても(機密情報に触れない範囲で)投稿されるようになりました。esa.ioに調査結果が投稿されることで,それを火種としてより激しくコメントでの議論が行われ,より良い企画へと発展する流れが生まれています。

図4 ユーザヒアリングの結果も投稿されている

図4 ユーザヒアリングの結果も投稿されている

さらにesa.ioにはコメント以外にも,watch・スターといった形で「見ている」ことを示す機能があります。この機能は「ポエム」の承認欲求を満たす役割を果たしていますが,同様に,興味のあるメンバーをはっきりさせる役割もあります。会社のどのメンバーがこのプロジェクトに興味があり,また知見があるのかを把握することができるため,プロジェクトを始めるタイミングで,プロジェクトメンバーを選ぶ一つの参考にすることが可能です。

著者プロフィール

高橋孝太郎(たかはしこうたろう)

1987年生まれ。広島県出身。京都大学卒業後,大道芸人として活動する。

その後,より多くの人を喜ばせる職業を目指し,2012年ピクシブ株式会社入社。

現在は新規会員・有料会員・アクティブユーザー増加を目標に,日々グロースハックに勤しんでいる。

ピクシブ株式会社 グロースチームリーダー

Twitter:@chuwkoks

コメント

コメントの記入