会社で「ポエム」を綴ろう! ~ポエム駆動で理想を語ると社内の風が変わる!~

第3回 「ポエム」がどうやってピクシブ社内へ広まったか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ピクシブでは「ポエム」によって開発が駆動しています。第3回は「ポエム」がどうやってピクシブの社内へと広まっていったかを,節目となる出来事やその時の「ポエム」とともにご紹介します。⁠ポエム」で開発を活性化する際に参考にしていただければ幸いです。

ポエムが会社にやってきた

日常の中で出たエモーショナルな想いを共有して欲しい。そんな想いのこもった「ポエム」とともに,⁠ポエム」とesa.ioというドキュメント共有サービスがピクシブにやってきました。

図1 esa.ioというドキュメント共有サービスがピクシブにやってきた

図1 esa.ioというドキュメント共有サービスがピクシブにやってきた

導入の経緯については,前々回前回でご紹介しておりますので,ぜひご覧いただければと思います。

初期の利用状況

さて,新しいツールとしてピクシブにやってきたesa.ioですが,導入初期からエンジニアを中心に,10~20人単位での利用が行なわれるようになりました。初めの1週間ほどでエンジニアの技術資料・雑記・思いつき・外部勉強会のメモ書きなど約30記事程の投稿が投稿されていたようです。

図2 初めの1週間ほどで約30記事程の投稿が投稿されていた

図2 初めの1週間ほどで約30記事程の投稿が投稿されていた

「ポエム」と新しいツールであるesa.ioがピクシブに浸透した背景には,大きく分けて2つの理由があったと考えています。

1つは,初期段階において以下の社内に広めていく工夫を行ったことです。社内に向けて継続的に利用を促していくことで,利用するメンバーの数は増えていきました。

  • 社内の全メンバーに向けて,導入の意図をプレゼンテーションし率先して「ポエム」書きとレス返しを行う
  • 「ポエム」更新がグループチャットによってリアルタイムに通知される仕組みづくりを行う

2つめは会社組織の拡大に際して発生していた問題です。当時,会社組織が拡大する中で,業務効率化として以下のことが行われていました。

  • チームや業務範囲の細分化
  • 全体へ情報共有の場の削減

結果として,自分の考え・想いが会社の皆に共有しづらい,という閉塞感が出てきていたように思います。共有のハードルが低い「ポエム」という手段が提供されたことで,それまで抱えていた考え・想いが投稿されるようになりました。

ポエムとは何か? の議論が発生

さて,⁠ポエム」を書くメンバーが増えてきた頃,⁠ポエム」とは何なのか? という議論が発生します。

図3 ⁠ポエム」という単語について

図3 「ポエム」という単語について

結局のところ「文書」っていうお固い単語を柔らかくして、誰でも気軽に独り言だったり想いだったり、それこそ本当にお固い感じのまとめだったりを作れるようにしたい、っていう意味が「ポエム」に込められているんだと僕は解釈しているんだけど、そのあたりの文脈が伝わってないとただの「おふざけ」に取られてもおかしくないなあ、とも思っています。
お固く「ポエム」という単語が指す意味を定義する必要はないけど、どういう文脈から生まれた言葉なのか、それがわかるポエムがどこかにあると良いのかなーと思いました。

この疑問に対しては,筆者が返答のポエムを投稿しました。

なぜ「ポエム」というのか

ビジネス文章と言うと、整合性がとれており後から追跡して検証できる事が重要ですが、その分エモーショナルな要素が欠落しがちです。
・日記というと、その日の事以外は書きにくいです。
・日報というと、ビジネス文章の香りが強くなります。
・チャットやTweetでは、端的な発言のやりとりになってしまい、発言の情報量が乏しいです。またまとまった考えを発信するための道具ではないため、その場のひらめきを即時に書くという感じになります。

何らかの感情の発露を自分の中で反芻してとりまとめた表現した文章、こういう事柄の共有は意外と普段の仕事の中で発信しにくく後に残りにくい。にも関わらずそういうエモーショナルな事柄は我々にとって非常に重要なのです。

では共有すべき「何らかの感情の発露を自分の中で反芻してとりまとめた表現した文章」とは一体なんなのでしょうか。

  • 共有を必要としない内容であれば,書く必要はない。
  • 技術的な資料であればWikiに書けば良い。複数乱立しているのは無駄だ。
  • 盛り上がるだけの話題なら,チャットツールで行えば良い。

ピクシブではesa.ioの導入以前から,Wiki,issue管理ツール,チャットツールなどでドキュメントの共有が行われていました。従来よりより気軽なドキュメント共有ツールという側面は持っているものの,個人のメモ書きではなく社内へのドキュメント共有ツールとして使う以上,情報の乱立を防ぐためにも,これらの既存ツールとの明確な差別化が必要でした。

「ポエム」とは何のために,誰に向けて書くものなのか。使い方が模索されていくなかで,一つの「ポエム」が投稿されました。

著者プロフィール

高橋孝太郎(たかはしこうたろう)

1987年生まれ。広島県出身。京都大学卒業後,大道芸人として活動する。

その後,より多くの人を喜ばせる職業を目指し,2012年ピクシブ株式会社入社。

現在は新規会員・有料会員・アクティブユーザー増加を目標に,日々グロースハックに勤しんでいる。

ピクシブ株式会社 グロースチームリーダー

Twitter:@chuwkoks

コメント

コメントの記入