PoIC : 情報カードの積み重ね

第4回 時系列スタック法とタスクフォースの編成

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回は,情報カードの書き方について説明しました。今回は,情報カードをどのように蓄積し,運用するかについて解説していきます。

PoICでは,頭に浮かんだ順にカードを書き,そのままドックに放り込んでいきます。これを,「時系列スタック法」と呼びます。情報蓄積法としては,最も自然な(そして原始的な)方法です。

PoICでは,頭に浮かんだ順にカードを書き,そのままドックに放り込んでいく(時系列スタック法)

PoICでは,頭に浮かんだ順にカードを書き,そのままドックに放り込んでいく(時系列スタック法)

「時系列」とは?

単に「時系列」と言った時,そこには二種類の意味が含まれています。まずは,この二種類の時系列の違いを確認しておきましょう。

絶対時系列

一つ目の時系列は,「みんなに共通の時系列」です。例えば,私はある日の朝,街路樹が紅葉をし始めたのに気付き,同じ日の夕方,オフィスに友人が訪ねてきたとします。

当然,二つの出来事は,

  1. ある日の朝,街路樹が紅葉をし始めたのに気付いたR1
  2. その日の夕方,オフィスに友人が訪ねてきたR2

の順番で発生しています。

この時系列は,私にも,通行人にも,友人にも共通です。すなわち,公共的・社会的・歴史的な時系列で,時間軸は一本だけです。これを簡単に「絶対時系列」と呼びます。

相対時系列

これに対し,PoICの時系列は,「個人の心の中の時系列」です。例えば,先の例の出来事を,私が眠る前に日記に書くとします。その時,頭の中では,最初にR2が思い浮かび,次にR1が思い浮かんだとします。

つまり,二つの出来事は,私の心の中では,

  1. その日の夕方,オフィスに友人が訪ねてきたR2
  2. ある日の朝,街路樹が紅葉をし始めたのに気付いたR1

の順番で出現しました。

この時系列は,私に固有のものです。心の中の時間軸は相対的なもので,個人の数だけあります。これを,「相対時系列」と呼びます。

時系列スタック法

PoICシステムの中心にいるのは,あくまでも私たち自身です。PoICの「時系列スタック法」とは,言い換えれば,「相対時系列に沿ってカードを書き,そのままの順番でドックに蓄積していくこと」を意味します。

書きながら考えていると,出来事の発生順序と心の中での出現順序が逆転することは頻繁に起こります。これは,直近の出来事の方が思い出しやすいためです。PoICでは,出来事を絶対時系列に沿って頭の中で並べ替えたりせず,心に浮かんだありのままの順番(R2,R1)で書きます。

重要なのは,出力の初期段階でボトルネックを作らないということです。バラバラのカードを使っているので,出来事を絶対時系列に並べ替える必要があっても,あとでいくらでも並べ替えることができます。相対時系列を採用することで,書くカードの数は自然と増えます。

3ないの原則

以上の定義に加えて,さらに「3ないの原則」を導入します。

カードは,

  • 分類しない
  • 検索しない
  • 時系列を更新しない

前回紹介した4カードは,ドックの中でカードを仕分けるためにあるのではありません。カードを分類しないのは,枠組みを外し,思考を自由にするためです。積極的に分類しないことで,カードの内容に多様性が生まれます。

PoIC の中のカードは頻繁に検索するためのものでもありません。アナログのカードが検索性に優れないのは自明です。検索性に特化したデータベースが必要であれば,パソコンを使ったほうが無難でしょう。カードの内容を部分的に憶えている時は,その記憶を頼りに新しいカードに書いてします。

また,カードシステムは情報単位が小さいため,「超」整理法型の時系列更新ルール野口,1993はうまく働きません。ドックの中で並べ替えをしてしまうと,時系列の中でカードが迷子になってしまいます。

著者プロフィール

Hawkexpress

Pile of Index Cards(PoIC)主宰。写真共有サイトFlickrにて情報整理術を公開。試行錯誤,実験の日々。

PoIC マニュアルhttp://pileofindexcards.org/wiki/

コメント

コメントの記入