実践!GTD~一歩先の仕事管理

第12回[最終回]私の感じたGTDとは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

私の感じたGTDとは

今回で最終回です。今回は私の感じたGTDの一端についてまとめたいと思います。

50歳の人が「宇宙飛行士になりたい」とInboxに入れるのは是か非か

友人とGTDについて話す時に,次のような課題となる題目があります。

50歳の人が「宇宙飛行士になりたい」とInboxに入れるのは是か非か。

傍目から見れば,これは確かに現実不可能なようにみえます。だから,これはゴミと判断して,どこにも保管されず,捨てる運命のようにも見えるでしょう。しかし,果たしてその判断は妥当なのでしょうか?

50歳の人を仮にAさんとしましょう。Aさんは,「宇宙飛行士になりたい」と心に浮かんできましたが,実のところ,Aさんにとってそれが本来の目的ではない場合もあります。単に人ができなさそうなデカいことを,実現してみたいという願望が,「宇宙飛行士になる」という言葉出てきただけかもしれません。

この場合ならば,別の方法も考えられそうです。例えば,『最後の授業』のランディ・パウシュは,宇宙飛行士になりたかったと言っていました。しかし,彼の本来の目的は,無重力の状態を感じたかったことです。彼の場合,宇宙飛行実験に参加することで,その本来の目的を達成することができました。

また,こうも考えられます。Aさんは宇宙飛行士にならなくても,単に宇宙が好きで,宇宙開発に貢献したいというのが,本来の目的であるということも考えられます。それだったら,Aさんが宇宙飛行士になる以外に,いろいろな貢献する方法が考えられそうです。宇宙の研究機関に働くのはわかりやすい例ですが,宇宙開発機構へ行くための交通手段の運転手になることも,宇宙開発に間接的に貢献していると言えるでしょう。はたして自分の本当に満足することは何なのか,いったいどんなことをしたら最終的に自分は満足するのか――自分自身に問いかけることも必要なのではないかと思います。

あるいは,こうも考えられます。やはり,「宇宙飛行士になりたい」というのが本来のAさんの目的なのかもしれません。しかし,ここでゴミにしてしまう理由があるでしょうか? 何度もお話してきましたが,GTDのリストの区切りは,あなたの胸三寸で決まるのです。あなたがInboxの『物』について,実行すると一旦決めてしまえばProjectリスト行きにもなるし,しないと頑なに思えばSomedayリスト行きにもなるのです。

Somedayリストは,以前にもお話したとおり,実行することは決めてないが,それを達成するには何かしら行動を伴うリストです。Somedayリストは,実行することを約束していませんが,いつまで実行しないことを約束していると思いますか? それは今のみならず,数ヶ月先だけでなく,未来永劫人生が終わるまでのどの時間すらも,Somedayリストは実行することを約束していません。ですから,私達のSomedayリストの中に,おそらく実行されずにずっと眠ったままの項目がきっとあると思います。しかし,それはそれでいいのではないのでしょうか。

自分自身が望んだことを思い出してくれるもの,それがSomedayリストです。思いつくことと,実現することとは,別の問題です。あなたがそう思ったこと,願ったこと自体こそが,大切なのです。あなたが子供にしたかったこと,やりたかったこともあるでしょう。最近にもやりたかったけどやめてしまったこともあるかもしれません。その気持ちを捨てなくてもいいのだと,Somedayリストは語りかけているように,私は思っています。

このように,50歳のAさんが「宇宙飛行士になりたい」と思いついても,いろいろな可能性が秘めています。本当の気持ちは言葉に隠れています。

とらえどころのない気持ちを全て受け止める

先ほどの例にある通り,私たちから発する言葉自体が,気持ちそのものを表しているとは限りません。本来の何かしらの気持ちの一辺が,言葉になって現れ出ると考えてもよいかもしれません。GTDではそのような状況が発生することを想定して,処理ステップで,再度その言葉の表すものは何なのかを見直そうとしています。

気持ちの取り扱いにくさは,言葉自体もそうですが,タイミングの問題もあります。つまり,全く状況に関係ないことでも思い出す時は思い出す,ということです。例えば,仕事で没頭していてもふっと家の用事を思い出すことがあります。あるいは,数年後には家を建てたいと考えていたりしますが,今はそんなことを考えている余裕がなかったりもします。しかし,随分未来のことといっても,いつかは考えなくてはいけません。今日のことと数十年先のこととを同時に思い出せるのが,私たちの習性でもあります。

GTDはそんな私たちの習性をも受け止め,全ての発露する気持ちを受けとめようとします。それが収集ステップです。今は必要でなくても,いつか必要になる気持ちを,冷凍にして保存する術を提供したのが,GTDのリストでもあるのです。特にGTDの中でも特徴的なのは,読みたい本や行きたい場所などのわかりやすい未来のこと以外にも,漠然としたアイデアや夢なども,一切を含めることです。はじめは,こんなこと収集してもいいかな,と心配になりますが,GTDはいつでもどんとこいです。

懐の広いGTDは,結局の所,自分の気持ちを受け入れる器のように思います。最初は単に仕事の項目だけが収集の中に入ってくるかもしれませんが,何か心配な気持ちや,もやもやした気分など,なんだってGTDに入れてもいいのです。なぜなら,それらは処遇の決まっていないものだからです。

処遇の決まっていないものであれば,それが物理的であれ精神的であれ,GTDは形態を問いません。達成したい何かも,現状に満足しない心の揺れという点では,処遇が決まらずにいらいらする気持ちと,同じなのです。

著者プロフィール

nomico(のみこ)

GTDジャンキー。IT系企業に勤めて仕事にアップアップの日々に,藁をも掴む気持ちで始めたGTDに味をしめ,その後突っ走って過ぎること1年半。研鑽内容についてはブログのworks4Lifeにて展開中。現在は,GTDの理解を日本で深めるためにmixiでGTD勉強会も開催している。好きなウェブサービスやソフトウェアを使い倒す癖あり。目下の興味はEvernoteとDiigo。最近はプロジェクタとストールがほしい。

work4Lifehttp://works4life.jp
GTD勉強会http://mixi.jp/view_community.pl?id=3013597

コメント

  • 「実践!GTD~一歩先の仕事管理」を大変参考にさせて頂きました

    nomico様

    1 仕事の取り組み方を、いつも参考させて頂いている方が、ブログで年末に「はじめてGTDストレスフリーの整理術」の全面改訂版が出版されていると紹介されておられました。

    2 GTD?初めて聞く言葉でした。正月に早速書籍を買い求め、読みましたが、6~7割程度の割合でその意味することが分かりません。

    3 GTDをわかりやすく紹介している記事がないかと調べている中で、nomico様の記事に出会いました。大変、分かりやすく解説されており、参考にさせて頂いてます。熟読しました。

    4 これを下敷きにGTDを、自分の業務に活用していきたいと思っています。著者に
     著者に、是非御礼を申し上げたいと思いましたので一報させて頂きました。
     今後のご活躍を祈念しています。ありがとうございました。

    Commented : #1  井上 寧 (2016/01/11, 09:12)

コメントの記入