“プロボノ”という新しいキャリアパス

第3回 鼎談:私とプロボノ(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Webサイト構築に関わるディレクション経験やデザインスキルを仕事だけでなく,NPO支援や復興支援などのボランティア活動に活かす⁠プロボノ”。今回は,この新たなソーシャルなキーワードを実践するWeb業界から3名が結集し,豊富な経験に裏付けられたそれぞれの目から,プロボノをどうとらえ,どのように実践し,どのように仕事に活かしているのかを語って頂きました。

第2回では,Web制作会社を経営される中野さん,Web構築のディレクターとして数々のプロジェクトマネジメントに従事されている吉崎さん,そしてWebマガジンgreenz.jpの編集長兼松さんそれぞれの経験から語られるさまざまなプロボノの形,そして,⁠新たな人の出会い⁠⁠仕事とはまた異なる学びの場⁠など,プロボノの醍醐味の共通項が浮かび上がってきました。前回に引き続き,これからのプロボノについてへと話が及んだ鼎談後半の様子をお届けします。

プロボノとこれからのキャリア

吉崎:今はまだなかなかプロボノというものの認知がないけど,僕は,キャリアパーツとしてあるのではないかと思っています。たとえば,マークアップエンジニア(ME)は大体35歳くらいまででその先のキャリアというとプロジェクトマネジャー(PM)の道はあっても50代,60代までやっている人はあまりいない。キャリアパスとしては切れているわけですね。オーサリングだけ職人的に突き詰めたいという人もいるだろうけど限界はあって,その時1つの選択肢としてプロボノとかスキルを活かした社会貢献的な枠組みが何かないのかな,と思っています。生活が成り立つような仕組みを伴わないといけないけど,先のキャリアの道筋を作っていくということをしないとWeb業界に若い人が入ってこない。

兼松:Webに関わる人の中には,Webがマーケットとして伸びそうだからやり始めて,今改めて本当にWebをやりたかったのかと自問自答している人がいるような気がしています。僕なんかまさにそういう感じで。

たまたま自分のスキルがWebデザイナーだったけれど,デザイナーだからデザインしかしない,できないという⁠職種⁠に限定されるのではなく,自分の興味があるもの,解決したいと思う⁠イシュー⁠を軸に考えて,Webデザインだけではなく,他の関係者との繋がりかたなど含めたコミュニケーションプランニングも……とさらに広い仕事の捉え方が必要になってくるのかなと思います。

画像

プロボノとこれからの働き方

中野:働き方という話で,あるデザイナーさんが示唆的だなと思ったことがあって,たとえば,自分のリソースが月10あるとすると,そのうち仕事で受けるのは7まで,残りは3はプロボノをやるとか,受ける仕事の中にも一定のポリシーがあって社会の利にかなうと思える仕事じゃないと引き受けないとか,会社員だとなかなか難しいと思うけど,決めたポリシーの中にプロボノを組み込んだ働き方をしている。そういう人は今後もっと増えていくと思うし,プロボノを考えている人のとっかかりとしても,まずはサービスグラントで経験してもらうというのもいいのかもしれないね。

吉崎:働く場所という意味では,移住も含めノマドワークみたいなものに憧れている人は多いと思いますよね。

兼松:働き方というポイントではWebSigの参加者などで何か変わってきていることはあるのですか?

中野:Web業界で働いているとスキルの進化が速いから,ただでさえ覚えなければいけないことがたくさんあるし職人としてのスキルを磨くことに忙しいですよね。最近では,ディレクター層や戦略を考えたりする人達は他の業界の動きも見えたりして,Web業界に限らずコンサル業界に入ったり,メーカーや企業のWeb担当へと転職する人も多いですよね。一度スキルを身に着けたらWeb業界じゃなくてもいい,という感じで飛びだす人も多い。

兼松:働き方とは話は違いますが,だんだんとWebサイトを作ることが挑戦することではなく,当たり前になってきましたよね。今だったら「アプリ」って誘い方をすると結構乗ってくる人が多い。⁠試してみたい」という気持ちをくすぐるというか,面白いテーマがあるとそれが話題になったときに自分の宣伝になる,自分の仕事といえるとかメリットがあるとやりたい人が多いですよね。

中野:だとすると,Web業界でプロボノを広げるキーワードは「キャンペーン」⁠アプリ」とか「スマートフォンサイト」とか,⁠ソーシャルメディア連動」とかかな。仕事ではやったことがないけどキャンペーンサイトを短期間で作る,ということであれば興味を持つ人は多いかもしれないね。

兼松:もちろん,今のようにちゃんとNPOの顔となるWebサイトを作るというのは当たり前に大事なことに変わりはないのですが,たとえば,⁠アプリグラント」⁠ソーシャルメディアグラント」みたいなことも可能性はあるのでは。

中野:そうだね,NPOが盛り上がる企画を考えるということで「レバレッジのきくキャンペーンやるよ」とかね。先日NPO法改正と新税制の成立があって,今から認定NPOを目指して寄付も集めなきゃ,ってNPOが増えてくるからね。

兼松:ソーシャルセクターの⁠いいキャンペーン⁠を見たいですよね。クリーンなキャンペーンというのか。たとえば,LIGHT UP NIPPON(http://lightupnippon.jp/)は,震災で軒並み花火大会が中止になる中,東北の人に元気になってもらうために東北での花火大会を開催するという企画だったのですが,自分が書いた絵がサイト上で花火になるんですね。寄付の集め方にギミックが入っていると「あ,楽しそう」と思いますもんね。寄付を増やすためのデザインとか,絶対もっとやった方がいい。それだけのクリエイティブをみんなで考える,というのはいいと思う。

中野:キャンペーン的なもの,寄付者を増やすための領域においてはWeb業界のプロボノ活動のポテンシャルはとても高いかもね。ただ,スピード感がないとダメなので,NPOもサイトを持っていることが前提で,内容にもよるけど,リソースはこれだけって決まっているからその中で驚きのあるキャンペーン,アプリをやりましょう,みたいなことは夢がありますね。

兼松:クリエイティブがいいだけで寄付をする,ってあると思うんですよね。Webはコミュニケーションツールだし。

著者プロフィール

岡本祥公子(おかもとさよこ)

NPO法人サービスグラント

慶應義塾大学 総合政策学部卒業後,映像,ゲーム,ウェブ,広告などクリエイターに特化した人材会社クリーク・アンド・リバー社にて,企業とクリエイターのマッチング業に従事。サービスグラントのNPO法人化にあたって,週末ボランティアとして参加を始め,2009年9月より専従スタッフ。プロボノワーカー(ボランティア)のリクルーティングや企業との協働プロジェクトの運営を担当。

コメント

コメントの記入