インターネット中継するための,配信のキホン

第3回 Ustream.tvでWebカメラやビデオカメラを使って中継してみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

野外活動や机の上での作業,イベントなどの模様をインターネット中継するには,通常,Webカメラやデジタルビデオカメラを利用します。そして,カメラによっては配信するために別のハードウェアも必要になる場合があります。今回は,これらの機材を使った配信に関してまとめてみます。

USB接続型のWebカメラを利用した配信

まずは金銭面で敷居の低い,USB接続型のWebカメラを使った配信を試してみましょう。

Note:
Webカメラには様々なタイプがありますが,本稿ではUSBで接続する外付けタイプの小型カメラを指すことにします。

Webカメラを準備します。最近では様々なタイプのWebカメラが販売されています。購入する場合には,Webカメラの設置位置をよく考えて選ぶようにしましょう。設置位置によっては,Webカメラを固定するための三脚用途のアームやスタンドが必要になります。そして,Ustream.tvの中継画面のサイズが横480px,縦360pxのサイズであるため,それより大きいサイズで映像をパソコンに取り込めることを確認します。

そのほか,最新型のWebカメラ以外は,ズームができないものが多いようです。また,ほとんどのWebカメラは三脚の利用が想定されていないため,ぶれさせずにWebカメラの向きを変えにくいでしょう。このあたりも購入前に,それでよいのかを確認する必要があります。

Note:
三脚の利用についてですが,通常,(価格の安い)Webカメラは三脚取り付け用のネジがついていませんので,アームやスタンド等を利用することになったり,三脚接続のためのメスメスネジなどを貼り付けたりすることになるでしょう。
Note:
Webカメラ購入時におけるポイントは,WEBカメラ @ ウィキにまとまっていますので,Webカメラを使おうと考えている人は一読してみるとよいでしょう。
Note:
ほとんどのWebカメラはパソコンのバスパワーで動作させることができます。この点に着目し,ノートパソコンのバッテリーを利用することで,野外配信などで電源が取れない場合にWebカメラを利用して配信することもできます(最近では,iPhone等のスマートフォンを利用した配信も注目されつつありますが)。

ここで,実際にWebカメラを使った配信を試してみたいところなのですが,Webカメラが手元にありません…。そこで,擬似的にWebカメラとして利用できる,デジタルムービーカメラXactiのPCカメラモードを使ってみます。このモードは,XactiをパソコンにUSB接続することで,ズームはできないけれど横640px,縦480pxのサイズで取り込めるという機能です。

Note:
最新のXactiだと解決している問題かもしれませんが,手元にあるXactiHD1010は通常の録画とPCカメラモードを同時には利用できません。また,Xacti側のUSB接続はドッキングステーションと一緒になっている必要があるため,Webカメラとしては使用しにくいです。そのほか,PCカメラモードでは気にする必要性がありませんが,Xactiの録画はファイルサイズが4GBに達すると一度録画ファイルを作成するために数秒録画が途切れます。Xactiを利用する場合は,このあたりに注意が必要でしょう(配信には不向きですね)。

ほとんどのWebカメラは,パソコンに接続するだけで認識してくれます(機種によっては,最初にドライバのインストールが必要かもしれません)。Windowsの設定がデフォルトのままであれば,パソコン側がWebカメラを認識すると,以下のような画面が表示されます。この画面は利用しませんので,閉じてしまいましょう。

図1 USB接続することで,Windowsが自動認識してくれる

画像

通常の配信

パソコン側でWebカメラを認識できれば,第1回と同じ感覚で配信を行うことができます。Ustream.tvの配信用の設定画面にあるVideo Sourceの項目で,Webカメラのデバイス名(ここでは「USB ビデオ デバイス」)を選択します。それにより,Local Moniter等にWebカメラの映像が映るようになります。その後,START BROADCASTボタンを押すことで配信されます。

図2 Ustream.tvの配信用の設定画面にある,Video Sourceの項目でWebカメラのデバイスを選択する。図では「USB ビデオ デバイス」を選択している(日本語部分が文字化している)

画像

Note:
配信用の設定画面で,USBビデオデバイスが認識されない場合には,USB接続した後(パソコンがWebカメラを認識した後)で,いったんブラウザを再起動してみてください。
Note:
現状のWebカメラは横640px,縦480pxで入力される(4:3の画面で取り込まれる)機種がほとんどかと思います。そのため,Local Moniter等にも画面いっぱいに表示されるはずです。ただし上記の方法を実際に試してみると,キャプチャされた映像の中央部を横320px,縦240pxでトリミングされたものが設定画面に表示され,中継画面では480px 360pxで拡大表示されるような感じになります(間違っていましたら,コメント等でご指摘ください)。したがって,どうしても映像が荒くなってしまいます。

Flash Media Live Encoderを通した配信

続けて,第2回で説明したFlash Media Live Encoderを通した配信を試してみましょう。ただし,ここではデスクトップ配信を行いませんのでSCFH DSFは起動せずに,Flash Media Live Encoderのみを起動して設定する形になります。

もしもUstream.tvの配信設定画面でWebカメラの映像が映っているようであれば,設定画面を閉じましょう。これは通常,1つのビデオデバイスは1つのアプリケーションでしか認識しないため,設定画面を開いたままだとFlash Media Live Encoderに映像を入力できなくなるからです。

Flash Media Live Encoderを起動したら,チャンネルのプロファイルを読み込み,その後,前回と同様に設定します。注意点としては,VideoのDeivceを選択するところで「USB ビデオ デバイス」等のWebカメラのデバイスを選択することです。その後の配信手順も前回と同じです。

図3 Webカメラを使った場合の,Flash Media Live Encoderの設定画面

画像

Flash Media Live Encoderを通すことで,映像の画質が高くなりますし,撮影したサイズで映像を配信できるようになります。

図4 Flash Media Live Encoderを通している時のUstream.tvの配信の設定画面。図2とはカメラの位置が同じなのに,広いサイズが映っている

画像

著者プロフィール

高橋和道

gihyo.jpの中で,はたらいています。みなさんも連載してみませんか。

URL:https://twitter.com/k_taka

コメント

  • ありがとうございます

    高橋和道さま。親切にご指導いただきありがとうございます。
    オーディオ変換ケーブルでPCのマイクにつないでみたり、フラッシュメディアエンコーダーをダウンロードしてみましたが、うまくいきません。難しいですねえ。
    もう少し頑張ってみます。いろいろありがとうございました。

    Commented : #3  平良秀明 (2010/06/05, 15:49)

  • Re: 20分で落ちる原因

    平良さま,
    20分で落ちる原因ということですが,GV-USBを利用していないため,分かりかねます。

    ただ,参考情報として,Ustream ProducerとGV-USBの組み合わせは,現状,あまり良くないようです(音が切れてしまうようですね)。

    cf:
    http://puble.info/ustream/streaming/indy-japan-300-mile-pressconference-ustream
    http://www.fwnet.jp/~kabu/archives/1275

    上記のとおりだとすれば,音の入力を別デバイス(USBオーディオインターフェース,またはマイク端子)で取り込むのがベターです。

    ※GV-USBを含め,映像キャプチャ製品を通して音声を入力できますが,音声と映像はそれぞれ別デバイスを選択したほうが安全です。

    また,Ustreamの配信問い合わせには,以下を利用するのがよろしいかと思います。

    http://www.ustream.tv/contact-us?rand=7
    http://twitter.com/UstreamTech_JP

    それでは。

    Commented : #2  高橋和道 (2010/06/03, 20:37)

  • 20分で落ちる原因は何でしょうか?

    高橋和道さま。
    初めまして。沖縄の新聞社沖縄タイムスで動画配信を担当しております、平良秀明と申します。
    「gihyo.jp」はハイレベルながら分かりやすく、ただただ感嘆しております。
    一つ質問があります。よろしければ教えてください。
    以前、シンポジウムをユーストリーム配信したのですが、20分ごとに落ちてしまいました。
    使ったビデオキャプチャーは、I-oDATEのGV-USBです。
    PCはデスクトップで、音声はラインから。ユーストリームプロデューサー(無償版)を使いました。
    原因は何でしょうか? キャプチャー機器を代えれば改善できますでしょうか?
    お忙しい中、申し訳ありませんがよろしくお願いします。

    Commented : #1  平良秀明 (2010/06/03, 16:43)

コメントの記入