Googleケータイ,世に現る

第6回 Androidを彩るソフト達(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は第4回に引き続き,各種Androidソフトウェアを紹介します。

G1がアップデート!

Cupcakeがデリバリーされるのは,何時になるのか?とソワソワして待っていると,G1の新ファームウェアがリリースされました。新ファームウェアのバージョンは1.1で,心待ちにしているCupcakeではありませんが,いくつか新しい機能が実装されているので,ご紹介します。

  1. Android Marketの一覧表示で,バージョンしてるアプリがわかるようになった
  2. GMailの名称が,Google Mailになり,同期するメールを何日分と指定できるようになった
  3. Browserで,画像やファイルへのリンクをタップ&ホールドすると,保存メニューが表示されるようになった
  4. 検索ウィジェットがGoogle Voice Searchに対応した
  5. MapsがGoogle Latitudeに対応した
  6. “SettingsAbout PhoneSystem updatesが追加された
  7. “SettingsLocal & TextSelect localeが追加された
  8. アプリが異常終了した時に,自動的でリスタートするようになった

最初の3件は,便利になったことが実感できますが,Google Voice Searchは英語のみ,Google Latitudeは使っているユーザがたくさんいないので,メリットを感じません。6は,いまのところ活躍する機会がなく,7は選択肢がEnglishだけです。最後の自動リスタートは,アプリ開発者にとっては,少しだけ嬉しい機能と言ったところです。

新バージョンのファームウェアを適用した後。Firmware versionが1.1と表示される。

新バージョンのファームウェアを適用した後。Firmware versionが1.1と表示される。

Google Voice Search。検索ウィジェットに,マイクボタンが追加されている。

Google Voice Search。検索ウィジェットに,マイクボタンが追加されている。

Google Voice Searchで検索したところ。検索結果は,ブラウザに表示される。

Google Voice Searchで検索したところ。検索結果は,ブラウザに表示される。

コミュニケーターとしてのG1はいかに?

スマートフォンで利用されるアプリの両巨頭は,Webブラウザとインスタントメッセンジャーやメールソフトなど,コミュニケーション系のアプリではないでしょうか? Webブラウザは,OperaとBrowserを数回に分けてご紹介したので,インスタントメッセンジャーやメールソフトなどを数回に分けてご紹介して,コミュニケーターとして能力に分けて迫ります。

G1には,インスタントメッセンジャーの「IM」,SMSクライアントの「Message」,電子メールクライアントの「Email」,GMailクライアントの「Google Mail」が標準アプリとして添付されており,コミュニケーターとしては,十分な素性を持っています。Messageは,センターを経由してメッセージの送受信を行うので,動作する様子をご紹介できませんが,Android端末が日本で発売されたときには,ご紹介します。

本題に入る前に,一つお断りを。

G1では,限定的な方法でしか日本語入力が行えないため,文字がメインのコミュニケーションでは,少々骨の折れると感じる方もいるかもしれませんが,私は,慣れれば許容できる範囲ではないかと考えています。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入