Googleケータイ,世に現る

第7回 Androidを彩るソフト達(その3)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

今回も各種Androidソフトウェアを紹介します。

スマートフォンの用途No.1

連載第2回でも触れましたが,GMailクライアントをご紹介します。

前回は,疾風の如くご紹介し詳しく解説できませんでした。Gmailは,Googleを愛して止まないユーザだけでなく,気になるアプリなのは間違いないので,もう一度さらに掘り下げてご紹介します。1.1のファームウェアから「Gmail」の名称が「Google Mail」に変更されたので,新しい名称を使ってご紹介します。

「メール」は,スマートフォンのポピュラーな利用用途で,誰もがメールを送受信できる環境を簡単に構築したいと考えると思います。幾度となく書いていますが,その点では,G1は文句の付けようがなく,初期設定でGoogleのアカウントを設定する以外は,メールクライアントの初期設定を行う必要はありません。メールクライアントは,使えるようになるまで,多くの設定を求めるアプリが多い中,敷居が低く簡単に使える部類に入ります。

自分の使い方に当てはめて考えてみる

私の場合,GMailとは,切っても切り離すことができない程の仲なので,前回と同様に,自身の利用方法に照らし合わせて,Google Mailが良き相棒になるか検証してみます。

私は,プライベートのメールは,GMailがメインです。

完全にプライベート用としているわけではなく,ビジネスにも使っていて,出先で用件を思いついた時に備忘録として使ったり,移動中に作成中の書類を確認するために,GMailに書類を送信して,Googleドキュメントを使って確認する使い方をしています。他にも,Googleカレンダーからの予定通知のメールをGMailで受信しています。

メールチェック

では,最も多いメールチェックから。

GMailは,メールの受信操作が必要なプル型なので,G1からは受信の操作が必要ですが,Google Mailには,定期的にメールを同期する機能があるので,能動的に操作する必要はなく新着メールを知ることができます。

新着メールがあれば,音とバイブレーションの他に,新着数を画面上部の通知エリアに表示します。この辺りの使い勝手は,ケータイと似た感覚で,ほぼリアルタイムでメールの到着を確認できるので,Googleカレンダーからの通知メールを逃すことはありません。

Google Mailの受信ボックス。Googleカレンダーから通知を受信したところ。

Google Mailの受信ボックス。Googleカレンダーから通知を受信したところ。

備忘録

次は,備忘録として。

出先で用件を思いついた時に,件名に振り分け用キーワードと用件を書き込んで,GMailと仕事用のアドレスにメールを送信します。件名に用件を書くのは,メールを開かなくても用件が判断できるように考えた工夫です。

Google Mailでも同じことが実践できますが,この方法は,次のアクション(たとえば,〆切設定や完了管理設定など)に繋げるのが難しいのと,複数アドレスにメール送信しているので,同じ情報を数カ所で見ることになり不満を感じていました。そこで,最近Androidに対応したGMailのタスク機能を活用しています。タスク機能は,Google Labsで提供されています。

タスク機能のショートカットをホームスクリーンに作成したところ。Taskの名前で登録されている。

タスク機能のショートカットをホームスクリーンに作成したところ。Taskの名前で登録されている。

タスク機能は,WebアプリですがBrowserのブックマークをショートカットとしてホームスクリーンに登録すれば,アプリに似た感覚で使うことができるので,思いついた時にすぐに使えます。また,受信メールをタスクに登録する機能があるので,使い方を大きく変えることなく,用件の〆切や完了管理が行えるので,スムーズにGTDを実践できるようになります。

Browserで動作するGMailのタスク機能。

Browserで動作するGMailのタスク機能。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入