Drastic? Dramatic? Tumblr!!

第4回 Tumblrの世界にハマる―ReBlogの使い方とソーシャルネットワークの活用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はTumblrの最大の武器「ReBlog」の使い方,そして,ソーシャルネットワークとしての活用について紹介します。

A面:Tumblr最大の魅力・ReBlog/ふじかわまゆこ

いよいよTumblrの最大の特徴であるReBlogについてご紹介します。ReBlogなくしてはTumblrは語れないというくらい最も特徴的で,楽しい機能ですが,とても説明が難しい機能でもあるのです。できるだけ皆さんに理解していただけるようにがんばって書きたいと思います。

そもそも,ReBlogってなに?

図1 ReBlogのしくみ

図1 ReBlogのしくみ

「ReBlog」という単語は「Re」「Blog」に分けることができます。「Re」は,直感的には「繰り返す(Repeat)」や「返事(Response)」のような印象がありますが,まさにそんな感じの機能です。ReBlogすると,他人のTumblelogの内容をそのまま自分のTumblelogで「繰り返す」ことができます。前回TumblrでのいろいろなPostの方法をご紹介しましたが,そのようにして誰かがPostしたものをそのまま,自分のTumblelogにPostするのです。たとえば誰かがお気に入りの写真をPostしたとすると,それをそのまま自分のTumblelogにも表示させる機能のことを「ReBlog」と呼びます。

図2 自分がPostした写真(下)と,他の人からReBlogした写真(上)。違いは下のほうにあるリンクだけ

図2 自分がPostした写真(下)と,他の人からReBlogした写真(上)。違いは下のほうにあるリンクだけ

ReBlogされた内容は通常のPostと同様に自分のTumblelogに記録されるので,まるで自分が実際にPostしたかのように見えます(誰のPostをReBlogしたかは自動的に付加されるようになっていますが,あまり目立ちませんし,実は内容の編集もできます)。

他の人が見つけたいい写真,サイト,誰かが書いた文章でさえ,ReBlogをすれば自分のもののように見せることもできてしまいます。これは,解釈によってはネタを盗むようにも見えますが,Tumblrではこれが重要なコミュニケーション手段なのです。

ReBlogすると,何が楽しいの?

Followした人のReBlogの様子を見ていると,「Re」のもう1つの側面である「Response(返事)」の要素もあることがわかってきます。ReBlogするとコメントを追加することもできますが,ほとんどのReBlogされたPostにはコメントが一切なく,誰かがPostしたものをそのまま自分のTumblelogに記録しているだけです。ただ黙々と(?)何百個もReBlogする人もいます。おそらく,私のDashboardに上がっているPostの7~8割がReBlogによるものだと思いますし,おそらく他の人もその状況に大きな差はないと思います。

「なぜ人はReBlogするのか」という問いに答えるのは本当はとても難しいのですが,あえて言うと「自分自身の心と,他人の関心に反応するため」なのではないかと思っています。Dashboardに集まるPostは,いわば「関心の集合体」です。少なくてもPostした人にとっては何らかの価値を持つものであるはずです。価値のあるものが自然に集まっているDashboardから,自分にとっても価値のあるものを拾い出していく作業がReBlogと呼べるのかもしれません。

私自身の経験で言うと,自分でReBlogをして,他人のReBlogを見ているうちに気が付いたことが2つありました。

ひとつは「自分が関心を持つものに気が付いた」ということ。今まで目にすることもなかったものが目に入るようになり,「私ってこういうものにも興味があったんだ」と気づかされることが多くありました。もう1つは「自分と興味関心が似ている人がわかる」ということ。何も言葉を交わしていないけれど,多分この人は私と感覚が合う人だというのはしばらくやっているとすぐ気付きます。

自分がPostしたものが同じ人にReBlogされたり,自分も同じ人のPostをReBlogしたりしていると,なんとなくTumblelogの傾向が似てくるんですね。気が付くと,そういう「趣味が近い人」と妙に近い距離感を持つようになったりします(一方的かもしれませんが)。

  • 「こんなのに興味があるんだ」「うんうん!私も興味ある」
  • 「この意見が気になるなあ」「なるほどそんな意見もあるのね」
  • 「こんなおもしろいものを見つけたよ」「わあ,それおもしろいね!」

ReBlogだけで,こんなやりとりが見えますし,自分でもできます。

そんな「言葉のないコミュニケーション」が成り立ってしまうのが,ReBlogのすごいところなのです!

ReBlogはどうやるの?

操作方法は本当に簡単。2クリックです。

  1. 自分のDashboardでFollowしている人たちのPostを眺める
  2. その中に自分が興味のあるPostがあったら,ReBlogマーク図3をクリック
  3. 編集画面に切り替わるので,問題なければ(または編集したら)「ReBlog Post」をクリック

これでReBlog完了です!簡単なので,直感的にガンガンReBlogをしていくのも楽しいですよ。もちろん「誰かがReBlogしたものをReBlogする」ことも可能です。

図3 「リサイクル」のマークにも見えるReBlogのアイコン

図3 「リサイクル」のマークにも見えるReBlogのアイコン

ReBlogを見て楽しもう

図4 たくさんの人にReBlogされたPostの場合,リストを表示できる

図4 たくさんの人にReBlogされたPostの場合,リストを表示できる

自分でReBlogするだけではなく,他人のReBlogしたものを見るのもまた楽しみの1つです。Dashboardでは,誰かがReBlogしたPostの場合,「Postしたユーザ名 reblogged ReBlogされたユーザ名」といった説明が表示されます。同じものをReBlogした人の数が複数になると,Postしたユーザ名の横に「and ReBlogした人の人数」と表示されます。このリンクをクリックすると,ReBlogした人のリストや付いたコメントを見ることができます。

ReBlogの数を見ればTumblrユーザーの関心が高いものが一目瞭然ですし,自分が関心を持ったものに誰がReBlogするかということもわかるので,趣味の合う人をすぐに探し出すこともできます。Followerの数を増やすと,なんとなくネット界隈で流行しているものなども見えてきたりしますので情報収集に役立ったりもします。人間観察と情報収集のどちらの意味でも,ReBlogは興味深い機能だと思います。

ReBlogの雰囲気を少しはお伝えできたでしょうか。Tumblrをやるなら,ReBlogをやらない手はありません!そのためにはFollowerを増やすことは不可欠(1人ではReBlogはできませんので)。SNSのような承認作業などもありませんので,気になった人はどんどんFollowしてみるとよいと思います。ぜひReBlogを通じてTumblrを堪能してくださいね!

著者プロフィール

ふじかわまゆこ

2000年よりフリーランスでWebデザイン,(X)HTML/CSSマークアップ,Webディレクションなど,Web制作全般の業務に携わる。2007年4月よりWeb制作ユニット「#fc0(エフシーゼロ)」を結成し、主に中/小規模のサイトの企画から制作までを請け負う。1990年よりネット上でのコミュニケーションを通じた人との出会いに関心を持ち,探究しつづけている。WebSig24/7モデレーター。

Twitterhttp://twitter.com/fuuri/

Tumblrhttp://mayunezu.tumblr.com/


中野宗(なかのはじめ)

株式会社アークウェブ取締役副社長/CMO(最高マーケティング責任者)。Webプロデューサー。

オープンソースのECサイト構築ソフトウェアの日本語化プロジェクト「Zen-Cart.JP」の立ち上げ,Web制作者コミュニティ「WebSig24/7」モデレーター,Web屋の“楽しい”社会貢献を志す「WebSigエコ&ピース」代表。最近では自社のTwitterのマッシュアップサービス「ecoったー」「necoったー」や,社会貢献型サービス「Miqqle」の企画など。

個人ブログ:du pope : NAKANO Hajime’s Blog

コメント

  • はじめまして

    中野さん、

    「勝手に感応しあい自律的にチェーンをつくっているような錯覚」、まさにこの感覚だと思います。書籍電子化の世界で日本が立ち遅れているため、日本で実感することは難しいのですが、欧米ではかなり実感できる現実だと思われます。

    boookscanner

    Commented : #1  bookscanner (2008/04/13, 21:59)

コメントの記入