組込みプレス Vol.4

[表紙]組込みプレス Vol.4

2006年9月29日発売
B5判/208ページ
定価1764円(本体1680円)
ISBN 4-7741-2856-2

今号の特集概要

特集1
時間制約の考え方からRTOSの上手な使い方まで
組込みリアルタイムシステム徹底入門

リアルタイム性を実現するためには,要求仕様の中に隠れている時間的制約を抽出して,それらを適切に扱う必要があります。また組込みシステムにおいては,高価なCPUや大量のメモリを簡単には利用できない難しさもあります。本特集では,組込みリアルタイムシステムをエレガントに設計できる技術者になるための入門の仕方からマルチタスクの考え方,RTOSの上手な使い方までやさしく解説します。

特集2
文系エンジニアのためのハードウェア講座
FPGA基礎

回路記号を見て「物理はちょっと苦手で…」などという反応を示しがちな“文系エンジニア”のためのハードウェア講座へようこそ。今回は,“プログラムで回路が書き換わる”不思議なプロセッサ「FPGA」を取り上げます。ハードがわからなくても大丈夫! はじめて聞いた方も,あえて避けて通ってこられた方も,これを機にじっくり理解してみませんか。

特集3
組込みソフト開発を成功させる
アーキテクチャの作り方,描き方

システムの規模拡大に伴って,組込み開発の世界でも,アーキテクチャの重要性が強調されるようになってきました。本特集では,組込みソフトウェア開発に携わるすべての人が理解しておくべき,こうしたアーキテクチャの考え方について,わかりやすく解説していきます。

特別企画1
戦略的再利用のススメ
プロダクトラインの歩き方

再利用は古くて新しいテーマです。それはソフトウェアの自動生成が行えるようになっても,品質が安定して確保できないような人手が必要となる部分についてさらに再利用するためのものを探す必要があるためです。本特別企画では,戦略的に再利用を実践するための考え方について,やさしく解説します。

特別企画2
最新ETSS 2006年版 概説
ETSSという名の道標

2006年6月に経済産業省および情報処理推進機構ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)から「組込みスキル標準(ETSS)2006年版」が公開されました。本特別企画では,開発現場の技術者および管理者に向けて,組込みソフトウェア開発の現状から,ETSSとはなにか,そしてその詳細を丁寧に紹介します。

目次

特集1
時間制約の考え方からRTOSの上手な使い方まで
組込みリアルタイムシステム徹底入門

  • 1章:リアルタイム性と何か?
    実世界との関わりから考える……藤倉俊幸
  • 2章:マルチタスク環境のしくみ
    エレガントなタスク設計の前提知識……藤倉俊幸
  • 3章:RTOSの小さな使い方
    粋なスレッド関係を実現するアーキテクチャ……藤倉俊幸
  • 4章:RTOSの大きな使い方
    マルチタスクプログラミングへの道……藤倉俊幸
  • 5章:デッドラインと実行時間の考慮
    処理の実行順序を保障する同期構造とその処理時間……藤倉俊幸
  • Appendix:開発ツールの最新動向と選定のポイント
    実際の組込みソフトウェア開発の流れ……藤倉俊幸

特集2
文系エンジニアのためのハードウェア講座
FPGA基礎

  • 1章:FPGAに至るまでの道のり
    プロセッサの歴史を振り返る……みわよしこ
  • 2章:ハードウェア記述言語とは
    VHDLとVerilog,どちらから学ぶ?……みわよしこ
  • 3章:FPGAプログラミング環境のセットアップ
    Xilinx ISEの導入……みわよしこ
  • 4章:FPGAプログラミング~Verilog編
    「論よりRUN」で回路を記述してみよう……みわよしこ
  • 5章:FPGAプログラミング~VHDL編
    より実践的な回路に挑戦してみよう……みわよしこ

特集3
組込みソフト開発を成功させる
アーキテクチャの作り方,描き方

  • 1章:ドキュメント,書いてますか
    アーキテクチャ以前に必要なこと……中佐藤麻記子,島田健二
  • 2章:アーキテクチャとは何か
    開発が本格化する前に決めておくルール集……中佐藤麻記子,島田健二
  • 3章:アーキテクチャをどうやって作るか
    重要なのは,機能要件より非機能要件……中佐藤麻記子,島田健二
  • 4章:アーキテクチャをどうやって表すか
    モジュールビュー,C&Cビュー,割り付けビュー……中佐藤麻記子,島田健二

特別企画1
戦略的再利用のススメ
プロダクトラインの歩き方

  • 1章:どうしてプロダクトラインなのか?
    流用による再利用と派生による再利用……今関剛
  • 2章:3つの基本活動
    SEIによるプロダクトラインの構成(1)……今関剛
  • 3章:プラクティスエリア
    SEIによるプロダクトラインの構成(2)……今関剛
  • 4章:プラクティスパターン
    SEIによるプロダクトラインの構成(3)……今関剛
  • 5章:プロダクトラインの実践
    再利用への成熟度……今関剛

特別企画2
最新ETSS 2006年版 概説
ETSSという名の道標

  • 1章:ETSSが求められる事情
    負のスパイラルからの脱却……渡辺登
  • 2章:スキル基準
    個人の,組織の“得意技"を体系化して開発力強化!……渡辺登
  • 3章:キャリア基準
    必要不可欠な技術とスキルの体得……渡辺登
  • Appendix 1:教育研修基準
    開発者の強みを積極的に伸ばす……渡辺登
  • Appendix 2:ETSS活用状況
    スキル基準,キャリア基準,教育研修基準のまとめ……渡辺登

一般記事

  • 組込み業界を支える女性たち「今日も晴れるかな」
    【新連載】現実的に,しかし貪欲に!……みわよしこ/企画協力:根木勝彦
  • オフショア開発の対策と大規模開発の問題
    SESSAME Workshop 2006~座談会編~……酒井由夫,ほか
  • LEGOではじめるエンジニア研修事情
    • Part1 「見える化」と「体験」をベースにしたエンジニア教育の実践……小林靖英
    • Part2 開発を疑似体験させることの効果……酒井由夫
  • Windows CE 最新バージョン6.0を探る
    カーネルからアプリケーションまで前面更新……大川善邦
  • ソフトウェアエンジニアのための
    電子シミレータ入門……岩下達彦
  • 教育の現場から
    ソフトウェアを競う……小林靖英
  • 世界に拡がるARM32ビットRISCプロセッサ,その理由とは
    【第2回】ARMコア組込みデバイスを入手するには?……阿部睦

コメント

コメントの記入