gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » 受託開発の極意 ―― 変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法

書籍紹介

受託開発の極意 ―― 変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法

この本の概要

「受託開発」とは,お客さまから依頼を受けてシステムを作る,いわゆるSIerです。

経済産業省の調査によると,日本のソフトウェアエンジニアの大多数は受託開発を行っています。「ソフトウェア業」の約85%,「情報サービス業」全体で見ても約45%は受託開発です。

本書は,受託開発を行っているすべての人へ向けて,受託開発の極意をまとめました。お客さまとの接し方から,見積り→要件定義→設計・実装・テスト→運用といった工程ごとの手ほどき,そして自分や仲間,組織の変え方までを説明していきます。

こんな方におすすめ

  • 受託開発を行っているすべての人 ― プログラマ,リーダー,マネージャー,下請,元請……
  • プロフェッショナルな仕事をしたいエンジニア
  • 楽しく仕事をしたいエンジニア

本書のサンプル

本書の一部ページを,PDFで確認することができます。

本書の紙面イメージは次のとおりです。画像をクリックすることで拡大して確認することができます。

サンプル画像1

サンプル画像2

サンプル画像3

サンプル画像4

サンプル画像5

サンプル画像6

サンプル画像7

サンプル画像8

著者プロフィール

岡島幸男(おかじまゆきお)

1971年福井県生まれ。同志社大学経済学部卒業後,(株)永和システムマネジメントに入社。2003年よりサービスプロバイディング事業部にてシステムインテグレーション業務を担当。複数のチームをマネジメントする立場から,プロジェクトファシリテーションの実践に取り組んでいる。

趣味はクワガタの採集とブリード。著書に『受託開発の極意』(技術評論社,2008),『プロジェクトを成功させる現場リーダーの技術』(ソフトバンククリエイティブ,2006)。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/HappymanOkajima/

著書

コメント