gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » [24時間365日]サーバ/インフラを支える技術 ……スケーラビリティ,ハイパフォーマンス,省力運用

書籍紹介

[24時間365日]サーバ/インフラを支える技術 ……スケーラビリティ,ハイパフォーマンス,省力運用

[表紙][24時間365日]サーバ/インフラを支える技術 ……スケーラビリティ,ハイパフォーマンス,省力運用

2008年8月7日発売

伊藤直也,勝見祐己,田中慎司,ひろせまさあき,安井真伸,横川和哉 著

A5判/384ページ

定価2,919円(本体2,780円)

ISBN 978-4-7741-3566-3

→学校・法人一括購入ご検討の皆様へ

この本の概要

一度スタートしたサービスは止めたくない,というのはWebに携わる開発者や担当者に共通する意識ではないでしょうか。しかし,サービスの成長にともない,サーバの増強,ハードウェア/ネットワークの障害対応,複数サーバの同期と管理などが不可欠となり,24時間365日止まらないサービス,稼動し続けるサーバ/ネットワークインフラを設計・構築・運用するには,数々のテクニックが必要です。

本書では,Webシステムのスケールアウトを念頭に,負荷分散システムの構築&高可用の実現,パフォーマンスチューニング,そして手間を極力抑えた運用術という三つのテーマをまとめて解説します。

こんな方におすすめ

  • 24時間365日稼動し続けるサーバ/インフラの設計/構築/運用の基本を知りたい方
  • 複数のサーバを用いたWebシステム構築をお考えの方
  • システムの性能についてお悩みの方
  • サーバ/インフラの日々の運用管理テクニックを知りたい方

著者の一言

本書には,(株)はてなとKLab(株)のサーバ/インフラエンジニア陣総勢6名が書いた,絵空事ではない,実稼働中のシステムにまつわる実践的な情報が詰まっています。

実践的とはいっても,ハウツー本ではありません。手取り足取りのインストール手順の説明はありませんし,本に書いてあるとおりにコマンドを実行すれば何かができるというわけでもありません。……では何が書かれているのか?

システムというのは系です。系というのは個々の要素が関係しあって構成されるものです。本書で重視した点はここにあり,個々の要素技術の詳説をしつつ,これらをどのように関連付け,組み合わせ,つなげたかを明らかにするところに力を注ぎました。

つまり,本書に記されていることは,実際の現場において,我々がどのように考え,悩み,工夫してきたか,その軌跡と成果です。

読者の方々が次にサーバ/インフラの設計・構築・運用をするときに本書が役立つといいな,そんな思いをこめて本書を執筆しました。(「本書について」より)

本書関連の勉強会について:

「サーバ/インフラ Tech Meeting開催概要」
http://gihyo.jp/event/2008/24svr-tech-meeting

※勉強会は終了しました。ご参加ありがとうございました。

著者プロフィール

伊藤直也(いとうなおや)

(株)はてなにてソーシャルブックマークをはじめとするWebサイトの開発と技術チームの統括を行う。現在,同社,執行役員CTO。著書に『[24時間 365日]サーバ/インフラを支える技術』(技術評論社)『Blog Hacks』(オライリー・ジャパン)(いずれも共著)。『WEB+DB PRESS』にて「Recent Perl World」連載中。


勝見祐己(KATSUMI Yuki)

福岡在住の32歳。高専時代にLinuxと出会い,次第にインフラにも手を出すようになる。それが高じてKLab(株)にて生業となす。shellスクリプティングのフィロソフィーを愛し,日々の運用に必要なツール類は主にbashとsed,awkで製造する。


田中慎司(TANAKA Shinji)

(株)はてな執行役員,情報学博士。現在,はてなのサービスを支える350台を超えるサーバから成るインフラ責任者。寝ていても動いてくれるインフラ目指して日々奮闘中。『Software Design』にて「はてな流! システム管理のツボ」連載中。

http://d.hatena.ne.jp/stanaka/


ひろせまさあき(HIROSE Masaaki)

KLab(株)に勤務。学生時代にMosaicを見て衝撃をうけたのがきっかけでインターネットにはまりだす。元々はプログラマだったが,下手の横好きが幸いしてネットワークやサーバにも手を出しはじめて今に至る。三度の飯よりカレーが好き。


安井真伸(YASUI Masanobu)

KLab(株)の研究開発部門(Kラボラトリー)に所属。既存のインフラの運用をしながら,新しいしくみを模索している。ずぼらで面倒臭がりだが,楽をするための苦労なら惜しまない。1972年生まれ,北海道出身。暑さにも寒さにも弱い。


横川和哉(YOKOGAWA Kazuya)

KLab(株),Kラボラトリーに所属。

コメント