gihyo.jp » 書籍案内 » 定期刊行物一覧 » WEB+DB PRESS » WEB+DB PRESS plusシリーズ » CakePHP2実践入門 » 本書に寄せて

書籍関連記事

CakePHP2実践入門

本書に寄せて

『CakePHP2実践入門』
p.ⅲより転載
Graham Weldon

私は12年間,PHP開発者として働いてきて,開発者として,スピーカーとして,そしてカンファレンスやコミュニティ活動に関わる一個人として成長したと思います。過去4年間はCakePHPやその他いろいろなオープンソースプロジェクトに深く関わってきました。CakePHPは目覚ましく進歩し,特に最近リリースされた2.0と2.1では大きな飛躍を遂げました。PHP5への移行により,フレームワークの使い方をシンプルにしたり,PHP5が提供する新しい言語機能を活用しながら,大きな改善を達成できました。

私たちが実現した進歩や新機能も,CakePHPを応援してくれたり,アプリケーション開発のプラットフォームとして選択してくれている開発者がいなければ何の意味もありません。

CakePHPフレームワークを代表する立場として世界中のカンファレンスに参加したことを通して,日本の開発者を取り巻く環境やコミュニティは特にユニークだと気付きました。これはCakePHP以外のオープンソースプロジェクトでも同じです。日本のコミュニティは,創造性やインプットを妨げてしまう言葉の壁を乗り越え,ドキュメンテーションの努力やコードの投稿,プラグインの開発,教育,カンファレンスやイベントに熱心に打ち込んでいます。

私と同じくらいプロジェクトに熱心なCakePHPデベロッパに会って話ができるので,日本を訪れる機会があるたびにとてもわくわくしています。日本のコミュニティから多くを学んだ今,コミュニティのサポートと献身はCakePHPの成功には欠かせないものだと心から信じています。

この書籍は,彼らの献身と日本にある最高のコミュニティによるアウトプットの証です。私たちがこの本に協力しているということは,このような形での出版が世界的なコミュニティでも大きな意味を持つことを示しています。コミュニティのために,この書籍に尽力した執筆陣に感謝します。


I have been working as a PHP developer for 12 years. In this time I have grown as a developer, as a speaker and as an individual involved in community activities and conferences. For the last 4 years, I have been engaged in helping the CakePHP Project, and various other open source projects. CakePHP has evolved significantly, and has made big leaps forward particularly with the recent 2.0 and 2.1 versions being released. The move to PHP 5 has allowed us to achieve bigger and better things, while simplifying the use of the framework and taking advantage of new language features that PHP 5 provides.

With all the advances we make, and new features we present, the framework would be nothing without the support of the community and the developers that choose CakePHP as their platform for developing applications. Being involved with the CakePHP community through representing the framework at conferences all over the world, I have come to recognise the unique environment and community that is the Japanese developer community. This is not only the case for CakePHP, but for other open source projects. The Japanese community is passionate and dedicated to give back to the project through documentation efforts, code submissions, plugins, education, conferences and meetings. All of this is done across language barriers that would otherwise stifle creativity and input.

I'm excited every time I get the opportunity to visit Japan, as it provides me with an opportunity to meet and talk with CakePHP developers that are just as passionate about the project as I am. I learn so much from our community in Japan, that I truly believe CakePHP would not be a success without their support and dedication.

This book is a testament to the dedication, and high quality community output that exists in Japan, and our support of this book is an indication of how important publications such as this are for the global community. Thankyou to all the authors for putting in the effort to produce this book for the community.

トラックバック

コメント

コメントの記入