インフォメーション

日本オラクル「Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2」の受注を開始――作らないシステムを目指す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

日本オラクルは2011年1月24日,同社のクラウドアプリケーションインフラ「Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2」の受注を開始した。

Oracleが考えるクラウドアプリケーションインフラ

発表にあたり,日本オラクル代表執行役社長 最高経営責任者の遠藤隆雄氏は「これからは標準かつスピーディーな技術として,ユーザが⁠作らないシステム⁠を実現できるソリューションを提供したい」と,Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2の狙いについて説明した。

冒頭の挨拶を述べる日本オラクル代表執行役社長 最高経営責任者の遠藤隆雄氏。

冒頭の挨拶を述べる日本オラクル代表執行役社長 最高経営責任者の遠藤隆雄氏。

これからは「作らないシステムの実現」が重要。

これからは「作らないシステムの実現」が重要。

Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2の強み

Oracle Exalogic Elastic Cloudは,2010年9月に開催されたOracle OpenWorld 2010にて発表された,Oracleが考えるクラウドソリューションで,ハードウェア+ソフトウェアを最適に組み合わせた製品である。とくに,InfiniBandベースのI/Oを搭載しているのが特徴である。

今回の発表に合わせて,米Oracle Corporation製品管理担当バイスプレジデントMohamad Afshar氏が来日し,Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2のアメリカ国内における展開,事例に基づく強みなどについて紹介した。

米Oracle Corporation製品管理担当バイスプレジデントMohamad Afshar氏。

米Oracle Corporation製品管理担当バイスプレジデントMohamad Afshar氏。

Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2では,OSにOracle Linux/Oracle Solaris 11のいずれかを選択できる他,Oracle WebLogic Server上で稼働するJavaアプリケーションのパフォーマンスの向上させるために最適化されたチューニングが行われている。

Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2のアーキテクチャ。

Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2のアーキテクチャ。

Java EE他,Javaアプリケーションのパフォーマンス向上の比較。

Java EE他,Javaアプリケーションのパフォーマンス向上の比較。

受注にあたっては,クォーターラック,ハーフラック,フルラックの3種類をベースにしたモデルが用意されており,各企業や組織に合わせたカスタマイズが行われる。

Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2のラインナップとスペック。

Oracle Exalogic Elastic Cloud X2-2のラインナップとスペック。

Oracle Exalogic Elastic Cloud
http://www.oracle.com/jp/products/middleware/exalogic/

Oracle GoldenGate 11g

また2011年1月25日には,同社のデータ統合製品ラインの新製品「Oracle GoldenGate 11g」の提供を開始した。

Oracle GoldenGate 11g
http://www.oracle.com/us/products/middleware/data-integration/goldengate/

従来と比較して,オラクルのデータベース基盤との,より緊密なデータ連携・統合を実現するエンタープライズ向けリアルタイムデータインテグレーションを実現している。

コメント

コメントの記入