インタビュー

インターネット社会の基盤を支え続けるJavaの20年~Georges Saab特別インタビュー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2015年5月,Javaが生まれてから20年が経ちました。今では手元にあるモバイルデバイスからビッグデータを支えるエンタープライズシステムまで,さまざまなシーンで利用されていいます。Javaが誕生してからの20年,技術の進化と社会変化にはどのような関係があったのか,米Oracle Javaプラットフォーム開発担当バイスプレジデントGeorges Saab氏に,電話での特別インタビューを実施したのでその模様をお届けします。

Javaのターニングポイントはいつか?~1995年からの20年

米Oracle Javaプラットフォーム開発担当
バイスプレジデントGeorges Saab氏

米Oracle Javaプラットフォーム開発担当バイスプレジデントGeorges Saab氏

今から20年前の1995年,Javaが誕生しました。同年は,Javaと同じくインターネット・コンピュータ社会の基礎を築いたといっても過言ではないWindows 95が発売された年でもあります。それから,関連技術が多数開発され,ユーザがインターネットに触れる機会が加速度的に増えていきました。

この20年を振り返ってみて,Javaのターニングポイントを挙げるとすればいつなのか,Georges氏に伺いました。

Georges(以後 G)氏:1つに絞るのは難しいですね。いくつかあったと思います。

まず,誕生初期。Netscapeブラウザに同梱したタイミングは1つのターニングポイントだったと言えるでしょう。当時は画期的とも言えるネットサーフィンという行動に対して,そのツールに同梱することで多くのユーザに届けることができました。結果として,技術がユーザに馴染むことができたと考えています。

2つ目はエンタープライズ分野への進出,いわゆるJava EE(Enterprise Edition)が誕生したときです。1996~1997年ごろからサーバサイドでJavaが使われるようになり,ServletやJSPと言った技術が生まれました。その後,サーバサイドJavaをさらに活用すべく生まれたのが当時のJ2EE(Java EEの前身)です。

そして3つ目がエンタープライズ分野とは異なる方向性の,モバイル端末向けのJava,Java ME(Mobile Edition)が生まれたときでしょう。Java ME(当時のJ2ME)の普及に関しては,ここ日本市場の影響も大変大きかったことを覚えています。携帯電話での採用が進み,多数のユーザ使うための技術として浸透し,そして,アプリケーション開発が進みました。

このように,それぞれの利用シーンで言語として進化を遂げてきたJavaですが,Georges氏はそれ以外にもJavaの進化体系として注目すべき点を挙げました。それは「Java自身の開発スタイルと取り巻く状況」です。

G氏:言語として基礎的な部分の開発や進化とは別に,プラットフォーム(環境)としてのJavaの進化も忘れてはいけません。なぜ,Javaがプラットフォームとして認知され普及したかというと,その要因の1つは「開発モデルの進化」があります。

Javaはオープンコミュニティの中で,1社独占ではなく,たくさんの開発者,たくさんの企業が関わって開発されてきました。それを取りまとめているのがJCP(Java Community Process)です。中でも2000年のJavaOneで発表されたJCP 2.0以降,Javaの標準化プロセスがJCPに一元化されたことが大きいと思います。そして,OpenJDKおよび開発コミュニティの誕生,Sunから引き継いだOracleの存在も大きいでしょう。

何より,コミュニティの関心がつねに高く,Javaコミュニティが在り続けることが,今のJavaを支えています。

Georges SaabとJavaの関係

Georges氏にJavaの20年をJavaの観点で振り返ってもらいました。続いて,Georges氏にとってのJavaとは何か? Javaの存在について語ってもらいました。

G氏:とにかく楽しい。楽しめる存在です。また,今の段階で思うのは人気のある言語で良かったと思っています(笑)⁠

私がJavaに関わり始めたのはJava 1.1のころ,まだ開発者が30名ぐらいの時期でした。そこから現在のバージョン8まで,つねに最も近いところで開発と進化を見られたというのは嬉しいですね。

また,自分自身にとって20年間,Javaで仕事を得られていることに感謝しています。Javaを通じてすばらしい開発者やクリエイターたちと世界中で交流でき,また,技術だけではなく,たとえば金融や航空宇宙といった(Javaを使う)異分野の世界に触れられることも嬉しく思っています。

私にとって,技術としてのJavaはつねに魅力的な存在です。

2015年4月,世界のどこよりも早くJava20周年のお祝いが行われたJava Day Tokyo 2015。インタビューに協力いただいているGeorges氏のセッションはもちろん,Javaの父,James Gosling氏のビデオメッセージなども流れた

2015年4月,世界のどこよりも早くJava20周年のお祝いが行われたJava Day Tokyo 2015。インタビューに協力いただいているGeorges氏のセッションはもちろん,Javaの父,James Gosling氏のビデオメッセージなども流れた

ほぼ20年間,Javaに最も近い開発者の1人として生活してきたGeorges氏ですが,他のプログラミング言語へ移ろうと思ったことはなかったのでしょうか?

G氏:Javaに触れる前は別のプログラミング言語を使っていました。たとえばProlog(論理型言語の一種)やLispです。LispはVMの開発も行っていました。とくにPrologに関しては,自分に近い背景,考え方の人が多く,初期のJVM(Java仮想マシン)開発者の多くはPrologに触れていたように思います。

Javaの開発に関わってからは他のプログラミング言語はもちろん見ますが,自分の興味は「プログラミング言語の進化を見ること」だったので,その点ではJava一辺倒でしたね。

ただ,Java一辺倒ではありながらも,他の言語に触れる機会もたくさんあります。それはJVM上で動く,さまざまな言語が生まれ,普及しているからです。もう7年ほどになりますが,JVM上で動くプログラミング言語をテーマにした小規模な技術カンファレンスも開催しています。そこでは,各種プログラミング言語の開発者たちが一同に集まって,JVM上で動く言語について議論し意見交換を行います。

ですから,他のプログラミング言語へ移ることなく,⁠Javaを中心として)探究的な活動ができているというのも,Javaを選んでいる理由の1つかもしれません。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2015年

  • インターネット社会の基盤を支え続けるJavaの20年~Georges Saab特別インタビュー

コメント

コメントの記入