レポート

エンジニアとコミュニティが支えてきたJavaの20年とこれから~「Java Day Tokyo 2015」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2015年4月8日,今回で3回目となる「Java Day Tokyo 2015」が東京国際フォーラム(東京・有楽町)にて開催されました。ここではその模様をお届けします。

Javaが活躍するフィールドはますます広く,多様に

オープニングには,昨年日本オラクル株式会社取締役代表執行役社長兼CEOに就任した杉原博茂氏が登場し,同社にとってのJavaの重要性,そして,今のJavaの様子について説明しました。

杉原氏は,インターネットやITの進化による「Digital Disruption(デジタル・IT技術による変革)⁠の時代だからこそ,キーとなる技術が重要であり,クラウドにシフトしたOracleにとってJavaが欠かせないことを数字とともに説明しました。

杉原氏は「クラウドへシフトしたOracleにとって,Javaは中心にある最も重要な技術」とし説明した

杉原氏は「クラウドへシフトしたOracleにとって,Javaは中心にある最も重要な技術」とし説明した

そして,それを支えるエンジニアこそがますます求められていく時代になり,Java Day Tokyoはそのためのイベントであると述べ,冒頭の挨拶を終えました。

20歳を迎えたJavaを日本でお祝い~Javaの父,James Gosling氏からのメッセージも

同社にとってのJavaの重要性を述べたあと,キーノートに入る前にサプライズが行われました。そう,Java20歳のお祝いです。ケーキ(型オブジェ)および関係者が登場し,参加者とともに『Happy Birthday』を唄い,Javaの20年を祝いました。

Dukeも登場。全員でJava20歳をお祝い

Dukeも登場。全員でJava20歳をお祝い

さらにここでもう1つのサプライズがありました。Javaの父,James Gosling氏からの日本のエンジニア・コミュニティに向けたメッセージです。⁠これまでの20年の間,日本のエンジニアやコミュニティが果たしてきた役割はとても大きかったです。この先もまた期待しています」と,日本のエンジニアたちへの感謝と期待の気持ちを伝えてくれました。

James Gosling氏からの日本のエンジニアに向けたアツいビデオメッセージ

James Gosling氏からの日本のエンジニアに向けたアツいビデオメッセージ

Java SE/Java ME/Java EEの今とこれから

そして,今のJava,これからのJavaを語るキーノートへと移ります。キーノートホストを務めたのは米Oracle,Java Product Management, Directorでもあり,JavaOne Conference Chairpersonを務めるSharat Chander氏です。

キーノートホストを務めたSarat氏。Javaのコア技術について,Java SE/ME/EE,それぞれのカテゴリごとにゲストを呼びながら,Javaの今,そして,今後のロードマップについて語られた

キーノートホストを務めたSarat氏。Javaのコア技術について,Java SE/ME/EE,それぞれのカテゴリごとにゲストを呼びながら,Javaの今,そして,今後のロードマップについて語られた

Java SEに関するデモでは,日本で話題のロボットPepperが登場したり,また,Java MEのデモではルネサス エレクトロニクス 米山氏が,同社の新世代プロセッサRZ/A1を搭載した最新ボードとmbedを利用したリアルタイムツイートが紹介されました。

Pepperの制御にJavaを使ったデモ

Pepperの制御にJavaを使ったデモ

米山氏のプレゼンテーションでは,mbedを利用し,リアルタイムJavaのデモが行われた

米山氏のプレゼンテーションでは,mbedを利用し,リアルタイムJavaのデモが行われた

続いて,今注目を集めるIoT(Internet of Things)にフォーカスした内容として,米Oracle, Internet of Things ArchitectのJasper Potts氏が登壇し,車の運転席をモチーフとしたシミュレータの上で,さまざまなデータを収集,可視化・分析できる車載システムのデモンストレーションを行いました。

コックピット型のシミュレータでさまざまなデータの収集や可視化,分析を行った

コックピット型のシミュレータでさまざまなデータの収集や可視化,分析を行った

このあと,GlassFishの最新バージョンなどを含めたJava EEに関してのプレゼンテーションも行われました。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2015年

  • エンジニアとコミュニティが支えてきたJavaの20年とこれから~「Java Day Tokyo 2015」開催

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入