ニュースリリース

次期Officeカスタマープレビュー登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2012年7月17日(米国時間7月16日)⁠Microsoftは次期Microsoft Officeのカスタマープレビューを公開した。

次期Officeカスタマープレビュー
http://www.office.com/preview

主な特徴は次のとおり。

  • Windows 8への最適化
  • クラウド対応
  • ソーシャル機能
  • 柔軟なIT管理

Windows 8への最適化では,タッチ操作やデジタルペンを利用したインク機能の実装,OneNoteやLyncなど,Windows 8に最適化されたアプリケーションとして提供される。この他,フル機能のデスクトップ版が,先日リリースされたMicrosoft SurfaceなどのARMベースのWindows 8に含まれる。

Excelのクイック分析レンズ

Excelのクイック分析レンズ

PowerPointの発表者ツール

PowerPointの発表者ツール

OneNoteのリングメニュー

OneNoteのリングメニュー

クラウド対応に関しては,SkyDriveの利用,ローミングによるマルチデバイスからのアクセス対応,サブスクリプションサービスによる提供などが用意される。

さらに,SharePointによる人と情報の連携,Skypeとの連携といったソーシャル面の機能強化が行われる。また,先日同社が買収を発表したYammerによる企業向けソーシャルネットワークは現時点でSharePointやDynamicsとの統合機能が提供されている。

この他,従来のバージョンから継続して取り組まれているように,情報保護やコンプライアンス対応など,ビジネスユースを意識した設計となっている。

日本で提供されるのは,

  • Office Professional 2013プレビュー
  • Office 365 Small Business Premiumプレビュー
  • Office 365 ProPlusプレビュー
  • Office 365 Enterpriseプレビュー

の4種類で,現時点ではOffice 365 Home Preimumに関しては日本での提供は予定されていない。また,カスタマープレビューで用意される言語体系は,日本語の他,英語,スペイン語となっている。

正式なサービスや製品の完全なラインナップ,価格体系については今秋発表予定とのこと。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入