速報! 2009 JavaOne Conference

まずはCommunityOneが開幕!―クラウドコンピューティング最新トレンド

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

現地時間2009年6月1日,2009 JavaOne Conferenceに先立ち,CommnityOneが開幕しました。このイベントは,今,最も注目されているオープンな技術,それを支えるコミュニティにフォーカスしたカンファレンスで,この先のインターネットテクノロジーの未来が盛り込まれたセッションが多数用意されています。

オープンな技術,それを支えるCitizen Engineer

CommunityOne初日のプレゼンターを務めたのは,Dave Douglas氏。現在,SunのSenior Vice Presidentを務め,Cloud Computingに関するCheif Sustainability Officerの肩書きを持ち,Sunのクラウドコンピューティングを牽引しています。

写真 Sun Microsystems, Inc. Cheif Sustainability OfficerのDave Douglas氏

写真 Sun Microsystems, Inc. Cheif Sustainability OfficerのDave Douglas氏

開幕に先立ち,「最も大切なのはオープンなこと。現在,SunはOpenSolarisをはじめ,オープンなプロトコル,オープンな技術を利用してイノベーションを起こしています」と述べました。

The Innovation Revolution

ここで,20世紀から21世紀に起きた「イノベーション革命」の比較について紹介しました。

写真 20世紀のイノベーション革命と21世紀のイノベーション革命の比較

写真 20世紀のイノベーション革命と21世紀のイノベーション革命の比較

このスライドに出ている21世紀のイノベーション革命の要素である,

  • Engineer(エンジニア)
  • Communities(コミュニティ)
  • Participative(参加)
  • Open(オープン性)
  • Ecosystems(エコシステム)
  • Continuous(継続性)

というキーワードは,ここ数年のSun,そしてJavaOneで紹介されているトピックそのもので,これからのSunが目指す方向を指し示すものでした。

これからの鍵を握るのはCitizen Engineer

これらのトピックとともに,鍵を握るキーワードとしてあげられたのが「Citizen Engineer」です。同氏曰く,Citizen Engineerとは科学に対して純粋な知識,好奇心を持っていることさらに社会的な側面から知識をどのように使うかを考えられることこれら2つの側面の交差から生まれてくる技術者」とし,今後を担う1つのエンジニア像として定義しました。そして,ここまでのまとめとして「エンジニアたちが集まるコミュニティがアイデアを動かす」と述べ,Solaris University Challengeのメンバーを紹介しました。

写真 Solaris University Challengeで受賞した面々

写真 Solaris University Challengeで受賞した面々

コメント

コメントの記入