プロジェクト管理に関わるすべての方のための祭典「Backlog World」レポート

後編:Good Project Award 2017,結果発表~田舎の木材工場で起きた奇跡,株式会社diffeasyが最優秀賞に輝く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

前編でご紹介したプロジェクト管理に関わるすべての方のための祭典「Backlog World」⁠このイベント内にて,2017年の最も素晴らしいプロジェクトを表彰する「Good Project Award」を行い,最優秀賞には,株式会社diffeasy(本社:福岡県福岡市,代表取締役社長CEO:白石 憲正,以下diffeasy)のプロジェクト「田舎の木材工場で起きた奇跡」が選ばれました。

画像

⁠高い目標に皆で力を合わせて取り組んだ,不可能と思われた難題をアイディアで解決した,大量の課題に粘り強く立ち向かった,など。2017年に完了させたプロジェクトの中から,Backlog World 参加の皆様に共有できるエピソード,知見,感動をコンテストで発表してみませんか?」という応募要項のもとエントリーされたたくさんのプロジェクトの中から,書類審査を通過した6つのプロジェクトによりコンテストがおこなわれ,同日に最優秀賞の表彰式も実施しました。

また,審査員は会場の参加者および,津脇慈子氏(経済産業省中小企業庁)⁠中村駿介氏(株式会社リクルートホールディングス人事統括室 人事戦略部 部長)⁠筆者の3名でした。

ここでは,最優秀賞に選ばれたdiffeasyをはじめ,表彰された各プロジェクトについてご紹介します。

田舎の木材工場で起きた奇跡(株式会社diffeasy 西武史)

画像

宮崎県高原町にある木材加工業の(diffeasyの)クライアント企業の社長から「iPadシステムを創りたい。社員に任せているけど,できない」というわりとザックリとした依頼を受けたことから物語はスタートしました。社員に会って話をすると「iPadってなんね?スマホってなんね?」と言われるほど。

そのクライアントの社員数は20名で平均年齢は48歳,使っている携帯電話はほとんどガラケー,そして老眼。ただ,社長の思いは非常に強く「今後絶対にITシステムが必要になる!どうにかしてくれ!」⁠diffeasyは,⁠世界中の⁠むずかしい⁠を簡単に」を理念にシステム開発などの事業を行っている企業。そこで「この社長の感じている⁠むずかしい⁠を簡単にすることができなければ,世界中の⁠むずかしい⁠を簡単にすることはできない」ということで,プロジェクトに着手しました。

最初にはじめたことは,開発メンバーも現場に行き,どういうことをやっているか,どういうことで困っているかなどのヒアリングを徹底的に行い,その結果,家1件につき500枚ほどある紙の設計図の管理がとくに大変だということがわかってきたそうです。お目当ての1枚を探し出すのに多くの時間を使ってしまい非常に効率が悪いことに気づき,その解決策として,プロジェクトメンバーは設計図面のペーパーレス化に着手しました。

画像

タブレットに設計図面を読み込んで,タッチペンで手書きの書き込みもできるようにし,さらに,設計図面が着手中なのか完了なのかという状態も管理できるようにしました。

また,メニューは老眼の方が多いのでメニューを色分けして文字を大きくして,わかりやすくしたそうです。これは,現場で見学をしたエンジニアの「おじさんたちは⁠赤いボタン押して⁠とか⁠青いボタン押して⁠とか言うような運用をする」という意見を取り入れたそう。

画像

実際にできたシステムを導入してどうなったか?紙の設計図は全部なくなり,全部タブレットになりました。いまや「このタブレットがないと仕事できない」と言われるほどです。さらに,後日現場に伺うと工場に大きなディスプレイが設置してあり,何なのか尋ねると,数ヵ月前まで「スマホってなんね?」と言っていた人たちが,今度は逆に「西さん,知らないんですか?iPadとかAppleTVを使えば,ディスプレイにミラーリングできるんですよ」と回答されたほど,現場の皆さんへの浸透度が高まっていることを感じた,と西さんは感慨深そうに振り返りました。

画像

さらに良い効果がありました。若手がシステムの使い方をベテランに教える状況が生まれ,その影響で若手が技術に対してベテランに質問しやすくなり,交流が生まれたのです。また,システムに対しての提案や意見が活発に出るようになり,会社に対しても提案などをするように変わっていき,他の工場からも見学に来るようになり,このソフトウェアをパッケージソフトウェア化することも決まったそうです。

プロジェクト導入が一息ついたところで「クライアントの木材加工業の社長からは⁠(diffeasyさんは)我々がこの先,いくらでも変化できると思えるキッカケを作ってくれました⁠という言葉をいただけたこと,それが何よりのご褒美となりました」と締め括りました。

著者プロフィール

橋本正徳(はしもとまさのり)

1976年福岡県生まれ。福岡県立早良高等学校を卒業後上京し,飲食業に携わる。劇団主催や,クラブミュージックのライブ演奏なども経験。1998年,福岡に戻り,父親の家業である建築業に携わる。2001年,プログラマーに転身。2004年,福岡にて株式会社ヌーラボを設立し,代表取締役に就任。現在,福岡,東京,京都,シンガポール,ニューヨーク,アムステルダムに拠点を持ち,世界展開に向けてコツコツ積み上げ中。

バックナンバー

プロジェクト管理に関わるすべての方のための祭典「Backlog World」レポート

コメント

コメントの記入