海外PyCon発表修行レポート2015

第4回 EuroPython 2015参加レポートと,Sphinxに関する発表(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

清水川です。

本記事では前回に引き続き,EuroPython 2015の様子について紹介します。今回は,EuroPythonの発表者支援プログラム,筆者の発表(Sphinxのautodocに関するもの)⁠パーティー,そしてSprintの様子について紹介します。

参考リンク:

EuroPythonの発表アドバイスとSphinx発表

筆者の発表はPyCon APAC 2015で行った発表と同じコンセプトですが,今回は事前にEuroPythonの発表者支援プログラムを使って,熟練スピーカーからのアドバイスをもらい,修正を加えました。

EuroPythonの発表者支援プログラム

EuroPythonでは,複数の発表者向け支援プログラムが用意されていました。

1. 発表者向けのTipsをEuroPythonサイトで紹介
TIPS FOR SPEAKERSというページが用意され,そこには「同僚や友人に向けて実際に話す練習をすること」⁠⁠なぜ必要なのかストーリーを伝えること」といった,多くのアドバイスが掲載されています。これらは本当に重要なTipsなので,ぜひ一度は読んでみてください。
2. ビデオチャットでの発表練習とアドバイス
初めてプレゼンテーションをする人向けに,Google Hangoutsを使って熟練スピーカーとビデオチャットで発表練習し,アドバイスしてもらえます。もちろん,初めて以外の人でも受けることができます。この練習には11人のスピーカーが参加したようです。筆者も次回はぜひ受けたいと思います。
3. スライドレビュー
スライドレビューとは,事前にスライドを送り,熟練のスピーカーからレビューを受けるものです。筆者もスライドと話す内容をPDFにまとめてレビュー依頼し,いくつかのアドバイスをもらいました。 筆者のレビューを担当してくれたのは,PythonAnywhereのエンジニアのHarry J. W. Percival@hjwpさんでした。メールを送った翌日にはレビューの返信が来て,⁠スライドも話す内容もとても良く書けているけど,もうすこし修正すればもっと良くなるよ」というコメントをもらいました。以下がその修正案です。
  • どうすれば発表の内容をもっと⁠ストーリー⁠にできるだろう?
  • あなたを聴衆の立場において考えてみよう
  • 彼らが気になるのは何だろう? どんな問題が解決するだろう?
  • 彼らの人生をSphinxはどのように楽にしてくれるだろう?
  • Sphinx以前の世界はどうだったろう? 手動でやっていた手順を全て,そしてそのときの感情,フラストレーションや反復作業の辛さを込めて伝えよう!
  • Sphinx登場後,どのように問題が解決して,開発者はどんなにハッピーになったか伝えよう! 自動化最高!
  • スライド後半の機能紹介はストーリーの構成になっているので,Sphinxそのものについても適用しよう。

筆者は,このアドバイスを受けて発表スライドを更新し,多少蛇足だった技術的な背景を紹介する代わりに,Sphinx導入によってドキュメント作成がどう変わるのかを紹介することにしました。

Sphinx発表

カンファレンス初日,7月20日(月)11:45からSphinx autodocについての発表を行いました。

Sphinx autodoc­ automated API documentation (EuroPython 2015 in Bilbao)

この発表では,Sphinxの自動ドキュメント機能を使うと,Pythonプログラムの充実したドキュメントを手軽に作れることを紹介しました。発表の大筋はPyCon APAC 2015で行った発表で紹介していますので,割愛します。

Sphinx autodoc の発表を見に来てくれたみなさん(演台から撮影)

Sphinx autodoc の発表を見に来てくれたみなさん(演台から撮影)

発表では,これまでのPyCon発表修行と同様,はじめに演台からの撮影を行いました。キーノートなどを行う広いメイン会場だったため座席がだいぶ空いて見えますが,100名近くの参加者が発表を聴いてくれました。

Sphinxが作られた経緯を紹介。以前のPython公式ドキュメント作成は大変だった

Sphinxが作られた経緯を紹介。以前のPython公式ドキュメント作成は大変だった

発表後のQ&Aでは,4つの質問をもらいました。だいたい回答できたと思いますが,1つめについては訊かれている内容がわからず,セッション後に聞き直しました。カンファレンス会場では声が聞き取りにくく,もっとリスニングの練習をしないといけないなあと感じました。

筆者が一番驚いたのは,発表後にSphinx作者のGeorgが演台までやってきたことでした。彼が今回のカンファレンスに参加することは聞いていましたが,実際に発表を聞いてくれているとは思っていなかったので,とても驚きました。また,良い発表だった,と言ってくれたことは,最高に嬉しい言葉でした。筆者の発表は,Sphinxの機能を伝えるとともに,落とし穴や課題についても触れています。それらについて,Georgも気にしていて,これからどうやって良くしていこうか,といった話で盛り上がり,時間も忘れて話し込んでいました。

著者プロフィール

清水川貴之(しみずかわたかゆき)

ドキュメンテーションツールSphinxのメンテナ。2003年にZope2と出会い,それがオープンソース等のコミュニティー活動を始めるきっかけとなった。

Sphinx-users.jp運営。一般社団法人PyConJP理事。株式会社ビープラウド所属。

著書/訳書:「Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版」「Sphinxをはじめよう」「Pythonプロフェッショナルプログラミング」「エキスパートPythonプログラミング」。

運営・参加イベント:Python mini Hack-a-thon主催,Sphinx+翻訳Hack-a-thon主催,PyCon JP 2011-2014運営

サイト:http://清水川.jp/
Twitter:@shimizukawa

コメント

コメントの記入