PHPカンファレンス2013 スペシャルレポート

PHPカンファレンス2013 当日レポート[更新終了]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 13 分

9月14日,大田区産業プラザPiOにてPHPカンファレンス2013が開催されています。本稿では,本イベントの各セッションの模様を随時更新形式でレポートしていきます。

なお,本年は5トラック構成のため,すべてのセッションをレポートできません。気になるセッションはUstream中継等をご覧ください。

今年はWordCamp Tokyo 2013と共催で,1階のホールでは会場を分けて使用しています。

画像

今年のスタッフTシャツは次のとおりです。テーマが「PHPの夢を語ろう。」ということで,それをあしらったものになっていますね。

画像

基調講演「PHPの今とこれから2013」(日本PHPユーザ会 廣川類さん)

昨年と同様,今年もPHPユーザー会の廣川類さんによる基調講演「PHPの今とこれから 2013」からPHPカンファレンス2013は幕を開けました。

今回のPHPカンファレンスのテーマは「PHPの夢を語ろう」。この基調講演では,PHP5.5,これからのPHPの話をしました。

基本的なPHPのおさらいしました。

  • リリースから100万→2億人ユーザー
  • スクリプト言語では一番人気
  • W3tech.com 2013年9月より,サーバサイドプログラミングの81%くらいはPHP。2012年9月より3%増加
  • PHPバージョン分布として、5.3が52%。昨年に比べ,5.2から15%以上5.3へバージョンアップした
  • 5.3では大きな機能改善が行なわれた

PHPリリースとPHP5.3 EOLについて次のように取り上げました。

  • リリースサイクル1年,ライフサイクル3年(バグ修正サイクル2年)
  • 2013年6月の5.5のリリースにより5.3のEOL宣言

PHP5.5の改善/変更ポイントとして次の事柄などを挙げました。

  • 速度改善5~10%
  • ジェネレータ構文
  • 大量の反復処理を行なう場合に使用メモリ低減が可能
  • パスワードハッシュ
    • ポイントは,標準化されたこと。トリッキーなコード,わかりにくいものを使わなくて良い。従来はsalt文字を作るのが面倒だった。パスワードのリハッシュなどもサポートされるようになった。UTF-8がより安全に。
  • オペコードキャッシュの基準搭載
    • 5.6にキャッシュがつくことになっていた。コンパイルしたものをメモリ上にキャッシュをして時間短縮をする。Zend社がOptimizerを搭載。Zend OPcacheに改名。オペコードキャッシュのみサポート,APCより高速。Zend/bench.phpのさらなる高速化,他の言語より遅いと言われてきたが速くなっている。

PHP5.6については,次のことを言及しました。

  • 2014年6月に出る
  • PHP5.5と同様に小幅な改訂の見込み
  • 内部演算子オーバーロード実装

PHP開発の今に関しては,次の事柄を取り上げました。

  • Rasmus 語録:問題を解くためのシンプルなツール
  • PHP開発にはロードマップがないと言われるが,柔軟性がある。

PHPの未来については,次の事柄を取り上げました。

  • TIOBE Indexの話
  • ZF2がPHP人気上昇の理由と分析(Wordpressをはじめとするアプリの広がりが理由かも)
  • Webの進化に柔軟な対応
  • 高性能かつ現実的な解を提供する
  • スケーラブル:ブログから最大級のSNSまで

最後に,日本PHPユーザ会にぜひご参加くださいと述べていました。

画像

画像

基調講演の後は各会場で一斉にセッションが始まります。

CMSアップデート

各CMSを覚えて帰ってください!と始まった「CMSアップデート」のセッション。各CMSについてのパネルディスカッションが豪華メンバーによって行なわれました。

baserCMSはECworks 代表 滝下真玄さんによる発表です。国産(福岡)ベースがCakePHPでできておりとても親しみがもてます。

Drupal Groupsは阿部正幸さんが登壇しました。Drupalは政府系のもので,欧米で使われスタンフォードやハーバードのWebサイトはDrupalで作られているそうです。

GeeklogはGeeklog Japanese代表の今駒哲子さんが解説しました。日本人コミッターは2名です。ソフトウェア関連の法律ブログGroklawはGeeklogで作られてます。

NetCommonsはコモンズネット理事の永原篤さんによる発表です。管理画面がとにかく使いやすそうでした。

Novius Open Sourseは水野史土さんによる解説です。日本語化に際しては,Novius OS Chibaという千葉という地名が使われているそうです。

WordPressは10周年,ロックロブスター三好隆之さんによる発表です。WordPressはCMSとしての利用が69%,blog/CMSどちらもの方は20%,blogだけの用途で使っている方は6%という話が印象的でした。

そしてEngine Yard 安藤さんによる司会で行なわれました。「突撃となりの管理画面」「スマートフォン対策」「セキュリティ対策」「各CMSの夢」のお題を取り上げ,とても盛り上がりました。

画像

画像

著者プロフィール

鳥居佑輝(とりいゆうき)

東京都港区六本木在住。PHPで書かれたスマートECのBASE所属。

エンジニア特化アクセラレーター East Ventures Director

Twitter:@yukito077
facebook:yuki.torii


原田裕介(はらだゆうすけ)

東京都在住,携帯のホームページ作成サービスでHTMLのコーディングを初めて,PHPerへ。

(株)ハッシュシステム代表やtetolの立ち上げを経て,現在はニュースメディアのシステム開発やチューニングを行いながら,個人でWEBサービスの開発を行っている。PHP技術者認定試験の上級認定者でもあり,受賞歴はmixi scrap challenge優勝など。

URL:http://kunikiya.jp
Twitter:http://twitter.com/kunikiya_lab
facebook:https://www.facebook.com/kunikiya.jp


丸吉宏和(まるよしひろかず)

東京都目黒区在住。エンジニアのための無料求人メディアHitch所属。

エンジニア特化アクセラレーター East Ventures Associate

Twitter:@maru3happy
facebook:https://www.facebook.com/hirokazu.maruyoshi


中村慎吾(なかむらしんご)

東京都港区在住。仕事でPHPを使うようになって7年。楽しい事には何でもやってみるスタイル。趣味はプログラミング,仕事もプログラミング。PHPのフレームワーク「Symfony」が大好きで,ユーザー会立ち上げにも参加。

URL:http://d.hatena.ne.jp/n416/

Twitter:@n416

バックナンバー

PHPカンファレンス2013 スペシャルレポート

コメント

  • 名前の誤記

    「サハラマラソンとWebエンジニア(ブリッジドット株式会社 佐藤雄大さん)」
    の紹介記事本文一行目
    「Fuel PHPでおなじみの佐藤裕太さんの発表です。」

    誤: 佐藤裕太
    正: 佐藤雄大

    と思われます。
    更新をお願いします。

    Commented : #1  水野史土 (2013/09/22, 10:53)

コメントの記入