「PyCon APAC 2017 in Malaysia」参加レポート

Day2:Jessica McKellar氏キーノート,「美しいコーディング」とは,Pythonで「見える」物理/数学教育

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

こんにちは。Pyladies Tokyoです。前回は「PyCon APAC 2017 in Malaysia」のConference Day1の様子をお伝えいたしました。今回はConference Day2の様子をお伝えしたいと思います。

Day2 Keynote ~ Jessica McKellar氏

Day2 のkeynoteはPyConのDiversity Chairを担当されているMcKellar氏によるセッションです。このセッションはPythonについてではなく,⁠プログラマとしてのマインドセット」を語ったものでした。"Change the world with Python"というタイトルの通り,アメリカの刑務所でPythonやプログラミングの教育活動を行っていることを軸に,Python教育や多様性の重要性を伝える内容となっていました。

「プログラママインド」とはdebugの思想であり,debugの思想は私たち自身の考えや世界全体の考え方をも変えることができる思想であると訴えています。debugの思想とは,ルールに従い,同時にルールを変えることを考える思想です。

プログラミングにはルールがあり,私たちプログラマはルールに則って自由に実行や変更,再配布などさまざまな作業を行うことができます。それと同時にルール自体を変えることができるのもまた,プログラマなのです。このdebugの思想こそがDiversityを根付かせるマインドなのであると彼女は語りました。Pythonに限らず,プログラマとしての考え方を身につければ,世界との関わり方を変えることができるという力強いメッセージです。

事例を交えながらDiversityについて語ります

事例を交えながらDiversityについて語ります

会場の参加者からは,⁠インターネットとの接続のない刑務所でどのようにプログラミングを教えるのか」⁠受刑者からの質問に回答できる人はいるのか」など,どのようにプログラミングを教えるかということから,⁠Jessicaはどうしてプログラマの多様性に関わろうと思うようになったのか」といったスピーカーのMcKellar氏自身のキャリアについてなどの質問が上がりました。

「ルールを変える」という考え方をdebugと紐付けて考えたことがなかったため,何気なく当たり前に持っていた感覚に新鮮な気持ちを吹き込んでいただいたように思います。

また,性別によるDiversityに目が行きがちになりますが,人種やその他さまざまな要素におけるDiversityについても今一度深く考える良い機会となりました。

質疑応答も活発に行われましす

質疑応答も活発に行われましす

Write Elegant Concurrent Code in Python ~Mosky Liu氏

PyCon APAC 2016やPyCon JP 2012でも登壇していた台湾のMosky Liu氏は,今回は並列処理プログラムをテーマにした発表を行いました。並列処理プログラムのコーディングやメンテナンスの難しさについての問題提起のあと,CSP(Communicating Sequential Processes)を用いた美しいコーディングのエッセンスについて取り上げていました。

CSPの利点は,プロセスが直接メソッド呼び出しを行わず,通信チャネルを介して対話動作することで,プロセス間を明確に切り分けることができる点が挙げられます。また,わかりやすく正確なプログラムを比較的簡単に作成でき,維持管理の面でも堅牢であることをコーディング例を交えて解説していました。

セッションの後半では,CSPとLockやParallel Map,Actor Modelといったその他のモデルを比較し,CSPの柔軟性や保守性の高さ,コーディングのシンプルさをわかりやすくまとめていたことが印象的でした。

笑顔で楽しそうにお話しされてるのが印象的でした

笑顔で楽しそうにお話しされてるのが印象的でした

CSPの良さを伝えるMosky氏ですが,もちろんCSPも完璧なモデルとは言えず,すべての落とし穴を回避するものではないので,ログ取得や可視化によってデバッグをしっかり行う事も重要だと話していました。タイトルの"優雅な(Elegant)"と表現された簡潔で正確で安全なコードは,並列処理以外でも大事な要素なのだと改めて実感させられる内容でした。

著者プロフィール

石田真彩(いしだまあや)

クラウドアーキテクト。PyLadies Tokyo オーガナイザーの一人。Microsoft MVP(Azure)。「Pyladies Tokyoが立ち上がるのでPython勉強してみたら」と言われて始めたのがPythonとの出会い。仕事柄データ処理システムなどの構築でPythonを使うことが多いが,最近Tornado熱が高まっているのでWEB開発したいお年頃。

Twitter:@maaya8585


山下加奈恵(やましたかなえ)

データサイエンティスト/コンサルタント。分析の幅を広げたくてPythonを勉強しはじめる。Pyladies Tokyoに出会ったのもその時。最近はディープラーニングあたりに挑戦中。

Twitter:@Addition_quince


赤池奈津子(あかいけなつこ)

ちゅらデータ株式会社のデータアナリスト。Pythonが好きという理由でSIerからデータアナリストに転職。未経験のままノリでPython APACでしゃべってしまったので,人前で話すとか英語もがんばりたいヽ(´▽`)/

Twitter:@natsukoa333

バックナンバー

「PyCon APAC 2017 in Malaysia」参加レポート

コメント

コメントの記入