「PyCon Taiwan 2012」参加レポート

PyCon Taiwan 2012, Day 1

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

6月9日,10日の2日間,PyCon Taiwan 2012が開催されました。開催前日のレポートに続き,開催初日のレポートをお届けします。

会場に向かう

ついにPyCon Taiwan 2012がはじまります。朝食を食べてから台北市内のホテル中源大飯店をチェックアウトし,タクシーで会場へ向かいます。会場のAcademia Sinicaは台北市郊外にあり,駅から多少距離があるためタクシーでの移動が便利です。

会場はAcademia Sinica(中央研究院)の敷地内にあるHumanities & Social Sciences Building(人文社會科學館)という建物のInternational Conference Hall(國際會議廳)です。台北で行われているオープンソース関連のイベントでは非常によく利用されている会場だそうですが,とても立派で綺麗な会場でした。

人文社会科学館の外観

人文社会科学館の外観

さて入場登録をして会場に入ろうと思った時に事件が発生しました。

なんと日本からの参加者の一人,村岡さんがPyCon Taiwanの参加申込をしていないと言うのです! 確かに彼が「じゃあ私も行く」と言ったのは他のメンバーがチケット購入とかを済ませた後だったため,話題に上がらなかったということはありますが,なんというミス……会場入りの直前に挨拶を交わしていたPyCon Taiwanのchairperson(座長)Yung-Yu Chen氏に事情を説明し,なんとか当日支払いで会場に入れてもらい事なきを得ました。

もしも海外から参加して「チケットがないから入れない」ということになったら,泣くに泣けないですね。さすがにオープンソース系のイベントでそのようなことにはならないとは思いますが,みなさん海外の技術系イベントに参加するときにはご注意ください。

PyCon Taiwan会場の国際会議場

PyCon Taiwan会場の国際会議場

PyCon Taiwanのタイムテーブルと各資料へのリンクは,次のページから参照できます。

Keynote: Large-scale array-oriented computing with Python

もりもとです。最初の基調講演はTravis Oliphant氏による,科学技術分野のPython実績や用途,関連プロジェクト,今後の展望について紹介したものでした。彼はSciPyNumPyの開発者であり,Guide to NumPy(パブリックドメインで公開)の著者です。もともとは科学者でしたが,科学系ソフトウェアの開発者に転向したようです。

Travis Oliphant氏

Travis Oliphant氏

以下に彼の経歴や発表スライドが公開されています。

What is wrong with Python?

Pythonの悪いところ

Pythonの悪いところ

この前のスライドで Python の良いところを説明していました。Pythonの良いところは、調べればたくさん見つけられるので、ここでは悪いところのみを紹介します。 自分が取り組んでいるプロジェクトやソフトウェアの良いところ、 悪いところを認識しておくのは、適材適所を選択したり、活用する上で重要なことだと思います。

スライドから引用しながら補足します。いくつか納得する項目もあるものの、いま正に改善しようと取り組んでいる項目もあります。

パッケージングがまだ万全というわけではない(distribute, pip, distutils2が期待通りではない)
Python 3.3から packaging (distutils2)ライブラリが導入予定でしたが、現時点の開発状況を鑑みて3.4に延期しようという話題が開発者メーリングリストで行われています。まだもう少し時間がかかりそうです。
匿名ブロック(Anonymous Block)がない
“Anonymous Block⁠で調べるとPEP 343 The “with” Statementが出てくるのですが、 ここで言う匿名ブロックとは、PythonコードやASTに対するlambdaブロックのようなものを意図しています
CPythonランタイムは、古くなってしまったので改良が必要(GIL, グローバル変数、動的コンパイル対応)
軽量DSLを作るために必要な言語拡張の仕組みが“import hooks”しかない
Python 3.1から追加されたimportlibで解決しようとしています。importlibはPythonのimport文の実装を提供し、Pythonのランタイムによらず、様々なAPIとフックを提供することで拡張を簡単にします。
複数のランタイムの煩わしさ
PyPyの人気が出てきて、Cross-Pythonというキーワードもちらほら聞くようになりました。 従来からのJython, IronPythonに加え、Python 3への移行も着実に進む中、いまが過渡期なので仕方ないですね。
配列指向(array-oriented)とNumPyを完全に理解しているPython開発者が少ない

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。

現在の主な活動はPyCon JP 2015座長,一般社団法人PyCon JP理事,Python ボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催,Plone User's Group Japanなど。

共著書に『Plone完全活用ガイド(2008 技術評論社刊)』『Plone 4 Book(2011 Talpa-Tech刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版(2015 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア養成読本(2015 技術評論社刊)』がある。

趣味は吹奏楽とレゴとペンシルパズル。

Twitter:@takanory

Facebook:鈴木 たかのり

サイト:takanory.net


西本卓也(にしもとたくや)

NVDA日本語チーム 代表。

大学教員を経て個人事業者として独立。音声合成や音声認識,視覚や聴覚に障害がある人を支援する情報技術に興味を持つ。世界で注目されているオープンソースのスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)NVDA日本語版の開発メンバー。共著書に『バージョン管理システム(CVS)の導入と活用』(ソフトバンク)がある。

Twitter: @24motz
ブログ: http://d.nishimotz.com/


森本哲也(もりもとてつや)

一介のプログラマ。

自分で設計して,自分で開発して,自分で直せるような独立したプログラマを目指している。OSSコミュニティのゆるい人のつながりが性にあっていてPythonプログラミングが好き。共訳書に『エキスパート Pythonプログラミング』(アスキーメディアワークス)がある。

Twitter:@t2y

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/t2y-1979/

コメント

コメントの記入